成田⇔クアラルンプール
息子を連れての、初めての旅行。

最初は、親子3人で、航空券を予約していましたが
直前になって、うちの母も一緒に行くことになり
三世代・四人での旅行になりました。

母は定年して時間があるので、孫と一緒の旅行もいいだろうと
気軽に誘ってみたのですが

結果的に、現地で息子が病気になったときに、母がいてくれたのは
とても心強かった。


航空券は、大人3人分は、JALのマイル特典で。
子供の分だけは、席なし・チャイルドミールありの料金(20,000円)で購入。

子供連れの旅は、直前で何かあって、中止になる可能性もあるので
なるべくキャンセル料が発生しない方法で予約。
ホテルも、直予約で、当日の夕方までキャンセル料無しの予約をした。


家から成田空港までは車で。
いつもの、空港預け渡しで便利なグランドパーキングさんに、車を預ける。

第二ターミナルのJALカウンターでチェックインしようと思ったら
グラホ嬢に、子連れ用のカウンターを案内される。
こんなカウンターがあること、今まで知りませんでした。

荷物は、スーツケースだけ預けて
ベビーカーは、空港内ではそのまま使い、搭乗口で預けて
クアラルンプール空港到着後、飛行機を降りてすぐに受け取るようにしました。
a0102153_0413285.jpg
DFSで化粧品等を買ってから、キッズルームへ。
ここで、搭乗ギリギリまで、息子を遊ばせました。

窓の外に、飛行機が並んでいるのが見えるけれど
生後11ヶ月の息子は、まだまだ飛行機には興味ありません。。
a0102153_0432781.jpg
よーく歩いて遊んで、搭乗したらコテッと寝てくれることを願って。

クアラルンプール行きは11:30発なので
ちょうど息子の昼寝時間・・・♪
a0102153_0465765.jpg
家で朝食を済ませてきた母が、息子を見ていてくれるというので
私とMASAちゃんは、近くのレストランへ食事しに行きました。
(さっそく、ベビーシッターのようなことをお願いしてしまった。。)

窓辺に座って、空港の様子を見るのも久しぶり。
いい天気!
a0102153_0502079.jpg
家では、息子の離乳食で精一杯で
自分の朝食を忘れていた私は、かなりお腹が減っていて
コーヒーと、メロンパンを食べた。

軽く朝食を食べてきたMASAさんは
私の付き合いで、コーヒーくらい飲もうかな…と言っていたくせに

いざ注文カウンターに行ったら
ガッツリと、味噌カツセットを注文していた。

今度から、マサカズさんじゃなくて、ミソカツさんって呼ぶよ。
(微妙に似ている)。
a0102153_05488.jpg
搭乗の直前に、息子のオムツを替えて
搭乗口でベビーカーを預けて
準備万端、出発です。

席は、真ん中の並びの3席を予約して
息子が寝られるバシネットを付けてもらいました。

バシネットが付けられる席は、足元が広いので
ヨチヨチ歩いて遊ばせるのにも便利。

私の目論見通り、離陸と同時に、コテッと寝てくれたので
飛行機が水平になって、バシネットを設置してもらって
そ~っと寝かせることに、成功☆
a0102153_0553163.jpg
周りのお客さんは、寝かせる様子の一部始終を見ていたらしく
息子を寝かせて、カバー(シートベルト)を付け終わったら
小さく拍手してくれたり、GoodJobサインを出してくれた人がいた(^^;)ふぅ~
a0102153_134139.jpg
息子がよーく寝ている間に、熱いコーヒーを飲んで
機内誌で毎回楽しみにしている、浅田次郎の「つばさよつばさ」を読む。

息子が起きている間は、危ないから熱い飲み物はダメだし
赤ちゃんは紙をぐしゃぐしゃにするのが好きなので、本も読めませんから、、。

私、つかの間の休息です。
a0102153_16467.jpg
機内食のときも、まだ寝ていてくれたので
ささっと食べました。

子供が生まれてから、冗談のように超早食いのクセがつきました。
食べられるときに、食べておかないと!


子供を抱っこで飛行機に乗るときのコツとして
夫婦の一人分だけ、機内特別食を予約していくのも
ひとつの手だと思います。

今回は、息子が寝ていたので、二人とも落ち着いて食事ができましたが・・・
もし起きていて抱っこしていたら、二人同時に食事をするのは無理。

もちろん、普通の食事を、一人分をあとで持ってきてもらうのもOKなのだけど
そうすると、CAさんが忙しいときだとスムーズにいかないし
他の乗客のみなさんが食事を終えて、トイレに立ったりする頃に
まだ自分だけテーブルに食事トレーが残っていると、面倒。

特別食を予約しておくと、普通のメニューよりも早く配られるので
MASAさんが息子と遊んでいる間に、先に私が食べてしまって
MASAさんの食事が運ばれてきたときに、私の食事を片付けてもらって
入れ替わりで私が息子を抱いて、MASAさんが食事に・・・というのができる。

機内食は、事前にチェックしたところ、選択肢両方とも肉だったので
私の分はまた、シーフード特別食を予約していきました。
a0102153_171049.jpg
二人が食事を終えたころに、息子が起きたので
キッズミールを持ってきてもらいました。

アレルギーを起こしやすい海老はまだ食べさせていないので
海老以外のものを、完食。

この他に、ひじきせんべいも有り。
a0102153_125588.jpg
7時間半の空の旅、息子が泣かないか心配していましたが
バシネットでよく昼寝してくれて
起きている間も、下におりて歩いて遊んだり
ちょっとグズッたら、私が抱いて後部トイレのほうに散歩しに行ったり・・・

あとは、バシネットに座って、私たちを見るのが楽しかったらしく
座って、自分でブランケットを引っ張って、「いないいないばぁ」したり

全然泣かずに過ごしてくれて、ほ~っとしました。


保育士の資格を持っているというCAさんがいらっしゃって
よく遊んであやしてくれて。
美人で優しいCAさんに、息子デレデレ~(^^)☆

紙コップと飴玉でオモチャを作ってくれたり
おやつのクッキーを探してきてくれたり・・・
本当に、ありがたかったです。


あとは、機内は乾燥しているので
とにかく水をよく飲ませて、オムツを替えに行きました。

そうそう、JALのキッズセットで
事前にサイズを指定して、オムツをいただけるのですが・・・
これは、テープ型のオムツのみ。

もうすっかり、パンツ型しか頭になかった私たち。
オムツ替えは、寝返りして動き回って、もうテープ型じゃ大変!

ただでさえ、機内のオムツ替え台は小さいのに
そこに寝かせてテープ型のオムツを履かせるなど、無理!

MASAさんと一緒に、親子3人で、ぎゅうぎゅうにトイレに入り
一人が抱いて、一人がオムツを替える・・・という方法にしました。

帰国便では、テープ型オムツをいただかず
パンツ型オムツをたくさん持ち込みましたよ。
a0102153_1263541.jpg
帰国は、深夜便だったので
かなりグッスリ寝入っていた息子さん。

バシネットの中で、無理やり、寝返りを打っていて
足が飛び出していた。。。

せっかくパンツ型オムツをたくさん持っていったのに
朝までよく寝てくれすぎて、オムツが漏れていて
機内のトイレで全身着替え・・・これも大変だったな(^^;)
a0102153_1404994.jpg
そんなこんなで
心配していた飛行機は、往復ともに、順調でした。
周りのお客さんにも可愛がっていただいて、ありがたかった。。

クアラルンプール、到着です。

気温30℃の常夏の地。
飛行機を降りたらモワっと暑かったので
息子、さっそくノースリーブ姿に。
a0102153_1432012.jpg

[PR]
<< クアラルンプールでエアポートタ... 初めての子連れ海外。どこ行こう? >>