アラブSt.で中東料理を・・・@Cafe Lé Caire
マーライオン・パークで遊んだあとは、ブギス・アラブストリート界隈へ戻りました。
タクシーで、10~15分くらいの移動。

少しの移動で、まるで違う雰囲気の街に辿り着くのが、多民族国家・シンガポールの魅力。
この辺りはショップハウスが建ち並び
イスタナ・カンポン・グラムと呼ばれる、イスラムの香りが濃いエリアです。
a0102153_10285476.jpg
車を止めてもらったのは、金色のドームが輝くサルタン・モスクあたり。
シンガポール最大最古のイスラム教寺院周辺は、コーランを読む声が聞こえました。

ファジル(5:15)、ズフル(12:30)、アスル(16:00)、マグリブ(18:45)、イシャー(20:00)と
1日5回の礼拝があり、通常は一般の観光客も礼拝堂を見学できるようですが

この時は、金曜の正午。最も荘厳な礼拝のため、イスラム教徒以外は入場禁止でした。
a0102153_10325695.jpg
ちょうどお昼時。散策しながら、ランチを食べられそうなお店を探しましょう。
モスク正面のブッソーラ・ストリートには、シーシャ(水タバコ)を吸えるお店もありました。
a0102153_10394971.jpg
街角の壁には、こんな素敵なカフェの装飾があったり・・・
a0102153_10425334.jpg
可愛いモザイク・ランプを売るお店もありました。
a0102153_10431596.jpg
アラブ・ストリートで、雰囲気の良いカフェを発見。
a0102153_10443510.jpg
Cafe Lé Caire。中東料理のお店です。
a0102153_10452834.jpg
1階のオープンな席でも良かったけど、暑そうだったので
エアコンのきいた2階へ案内してもらいました。
なにやら暗くて細い階段を昇って・・・
a0102153_10472630.jpg
2階は、古いショップハウスの中らしい造り。
暗いけれど、窓からさす光が、エキゾチックでいい雰囲気。
a0102153_10485923.jpg
暑くて喉が渇いたので、まずは冷たいジュースを。
ライムジュースと、バニラミルクシェイク。
a0102153_10523796.jpg
前菜は、アラビック・サラダ。
フェタ・チーズが入っているのがアラブ料理らしい感じ。
胡瓜とトマトとオリーブに、レモンをきゅっと絞って食べる、さっぱりサラダ。
a0102153_10562761.jpg
私は、ひよこ豆のコロッケをピタパンに挟んだ、ファラフェル・サンドを。
このコロッケ、スパイスが効いてて美味しかった。
a0102153_10584418.jpg
MASAちゃんは、金曜日だけのスペシャルメニュー・Kabsa Laham。ラム肉のソテーと、ビリヤニライスのプレート。羊肉好きの彼にはたまらない美味しさで、肉にかぶりついておりました。
a0102153_1161680.jpg
ムスリム料理は、豆と羊肉のメニューが多く、日本ではあまり食べられないメニューがたくさん。
イスラムの世界に浸りながら、本格的な中東料理をいただきました。

到着してからまだ半日だというのに、また別世界に行ったような気分。
狭いけど濃くて、シンガポールは楽しい!
[PR]
<< ハジ・レーン~ブギス駅界隈を散策 マーライオンと遊ぶ >>