Kayumanis NusaDua -再会-
カユマニス・ウブドをチェックアウトする時間には、すでに
カユマニス・ヌサドゥアのお馴染み・バトラーEくんが、車を着けて待っていてくれた。
久しぶり。元気そうで良かった。嬉しい嬉しい再会。
a0102153_20432360.jpg
カユマニス・ウブドからカユマニス・ヌサドゥアへの移動は、ウブドのドライバーさんにお願いするつもりだったのだけど。昨日ヴィラのプールで遊んでいるときに、電話が鳴った。バトラーEくんだった。

「明日、迎えに行くよ。何時がいい?」

カユマニスの移動には、専門職のドライバーさんがいるのに。バトラー直々のお出迎え、ありがとう* 
そして、専属バトラー制のヴィラではないのに。滞在の3日間に合わせてシフトを組んでくれたようで、
ずっと付いていてくれて、バリ島旅行最後の時間を、濃く彩ってくれた彼。

常に先回りの気配りが利いて、聡くて、スマートで、距離感が上手い。
そんなバトラーくんがいるから、また行きたくなってしまう、カユマニス・ヌサドゥア。

★★★

ウブド~ヌサドゥアは1時間ほどのドライブ。以前大雨の日に2時間かかったことがあったので、早めに移動したけれど、今回は、あっさりスイスイ到着。人も車もいっぱいで、ごっちゃりしてて、南部に来た!という感じがする風景。途中でランチに寄ろうかとも思ったけど、朝食べ過ぎてお腹が空かなかったので、チェックインの時間にはまだ早かったけど、ホテルに直行。

Kayumanis Private Villa&Spa at NusaDua

(こちらのホテルについては、2007年2008年のバリ島旅行記をご覧くださいませ)
a0102153_21375694.jpg
ヴィラの準備ができるまで、レストランTetaringでドリンクをいただきます。
a0102153_214974.jpg
好きです、落ち着きます、この空間。
a0102153_2150384.jpg
カユマニス・ヌサドゥアをリピる理由の1つは、ここの食事が好きだから。
このレストランでの明日の朝ゴハンが、今から楽しみでなりませぬ。

すでにここまでの8日間の旅の我侭な食事で、フェイスラインも二の腕もプヨってますが。
ま、いいさ、気にするな! 食の楽しみは、ここからが本番だ!
a0102153_21564992.jpg
今回滞在するヴィラは・・・Iシェイプとだけリクエストしておいたのだけど。
「おかえりなさい。どうぞ~」と通されたのは、前回と同じ、IシェイプのEBEN
a0102153_2243864.jpg
同じヴィラ。またここにお邪魔することができた嬉しさがこみ上げます。
今回は壁のツル性グリーンが育っていて、ますますいい感じ。
a0102153_2261091.jpg
ヴィラのサイズも、緑も、見える空の広さも、すべてが、私たちには、ちょうどいい。
うまく言えないけど、なんか好きだ。まぁ、好きってそうゆうもんでしょう。
a0102153_2291276.jpg
一息ついたところで、日本人スタッフのYさんに再会!
東京でお会いして以来、一年ぶり。嬉しくて、お顔を見たらホッとした。


ここまでが大自然を満喫するホテルだったから、最後にここに来たら、もしかしたらつまんなく感じてしまうんじゃないかと、実は旅の途中から、密かに思っていたのだけど。

このホテルには、目の前に広がる海も、緑の絶景もない。でも、それに引き換えて余りある魅力が、ここにはある。真新しいホテルではないから、ちょっと古くなっていたものもあるけれど、お願いすればすぐに調整に来てくれるし。スタッフのみなさんのホスピタリティの素晴らしさに、心から寛ぐ。

最後の宿を、ここにして、やっぱり良かった。
a0102153_22195823.jpg
MASAやんは、すぐにプールに入っていた。シロイルカのようにモヨモヨ泳いでいた。
両耳にフランジパニの花を挿して、何でそんなにブリッ子しているのだろうか。
a0102153_22334833.jpg
私は、リビングから、ピーナッツとカユマニスクッキーを持ち出して…
a0102153_22354938.jpg
みなさんとの嬉しい再会に、乾杯☆
a0102153_22361418.jpg

[PR]
by mai-mai1221 | 2010-08-31 22:52 | '10.06 バリ島
<< Delightful nigh... Kayumanis Ubud ... >>