タグ:バリ島*etc... ( 34 ) タグの人気記事
被災して使用できなかった下水道が応急復旧したので、土曜日の夜、自宅に戻ることができました。

本管の復旧まではまだ時間を要するようですが、県外からもたくさんご協力いただき
通達よりも早くライフラインが復旧しつつあることに、感謝でいっぱいです。

地震による液状化で、街はまだグチャグチャですが
復旧・復興に向けて進んでいて、少しずつ、日常に戻りつつあります。

不安はあるけど、そればかり考えていたら、つらい。
楽しいことも考えたい。

旅日記を、復活しようと思います。
a0102153_16425229.gif
今回のバリ島旅行は、1月に就航した ANA-GA ジャカルタ乗り継ぎ便を利用しました。

8:40出発便に乗るため、6:20に家を出発です。
高速もすいていて、7:00頃空港到着、いつものグランドパーキングさんに車を預け・・・
久しぶりの成田第一ターミナル利用です。
a0102153_175730.jpg
ANA ジャカルタ行きは、一番に出発。
a0102153_1755687.jpg
出国審査は7:30~なので、朝食をとって待ちました。
この時間は、まだ飲食店はあまり空いていません。久しぶりに朝マック。
a0102153_19281465.jpg
両方の母に電話して、行って来ますの挨拶を。「何かあったらヨロシクね」と言ったら、「何もないと思うけど。気をつけて行ってらっしゃい!」と見送ってくれた母・・・。私は、自分が乗る飛行機のことや、インドネシアの火山などの心配しかしていなかった。まさか、このおよそ6時間後に、未曾有の大震災が日本を襲うなど、思いもせずに…。
a0102153_17132146.jpg
NH937  8:40定刻出発。
ANAの新造機は、テーブルの両側にカップホルダーが付いているので、ドリンクを置くのに便利。
a0102153_17164379.jpg
パーソナルモニターはタッチパネルで便利。コントローラーもモニター横に格納、使いやすい。USBを繋げるので、ipodやらを充電もできます。リクライニングはシートが前に滑り出るタイプなので、足元がちょっと狭いけれど、快適環境な飛行機です。
a0102153_1723356.jpg
シート間でメッセージを送ることもできます。
ツアーの場合、添乗員さんが席にいながらにして、お客さんにメッセージを送れて便利なのかも。
a0102153_17301081.jpg
試しに隣同士で送ってみました。
a0102153_1731202.jpg
バリ旅に、乾杯☆ 前回は私が酒を盛って、MASAやんを寝かせてしまいましたが・・・今回は珍しく、自ら進んでブラッディマリーを飲んでいた、大人なMASAさん。
a0102153_17235740.jpg
さっき朝マック食べたところですが。機内食もいただきます。
MASAやんはハッシュドビーフ。私は海鮮焼きうどん。
a0102153_17191427.jpg
MASAさんは、いつも通り漢字クロスワードに熱中。普通のクロスワードは調べないと難しいけど、漢字のほうが自力でいけるので、適度に熱中できて旅の供には持ってこい。

私は、持ち込みの「じゃがりこ」をつまみに、ビール、浅田次郎さんのカジノ旅行本を読む。女子界から追い出されそうな組み合わせだ。ANAジャカルタ便は、離陸後1hの機内食のみなので(有料で軽食などもありますが)、飲兵衛は、おつまみを持参してみました。
a0102153_1737263.jpg
8時間弱のフライトの後、現地時間14:25頃、ジャカルタ到着。
入国カウンターへ向かって歩きます。
a0102153_1754896.jpg
暑い!南国の植物が見えて、リゾート気分が高まりました。
a0102153_175595.jpg
まずは、Payment Service Centerで$25支払い、VISAを取得。
そのあと、奥のイミグレーションカウンターに進みます。
順番が早かったせいもあるけど、どのカウンターも仕事が早く、サクサク進んでました。
a0102153_17563561.jpg
そのまま、まっすぐ進んで、機内受託荷物を受け取り、ルピアに両替して(デンパサールよりもレートが良いとか?)、左手にまっすぐ進みました。
a0102153_17581774.jpg
国内線ターミナルへの案内の看板等は見あたらないので、ずーっと真っ直ぐ歩いて・・・
ガラスのドアがあったので、出て、別の棟へ入ってみたら、到着口っぽい所にでました。
どうやら、この棟が、国内線ターミナルの模様?
頭上に、「Departure → 」の黄色い看板があったので、右に進んでみたら・・・
柱の陰にエレベーターが2機あったので、2階に上がりました。

でも、どこにガルーダのカウンターがあるのか??入り口はどこ~?

わからなかったので、ガルーダのチケット売り場に行って、Eチケットを見せたら、なにやら印字した大きな用紙をもらって、「F4ゲートから入って」と言われました。でも多分、この作業は要らないような気がします。Eチケ持って、どこかのゲートから入って、ガルーダのカウンターを探せば良いと思われます。
a0102153_1884226.jpg
F4ゲートから、荷物とボディチェックを受けて入場しました。
a0102153_1813924.jpg
入ると、たくさんの航空会社のカウンターが並んでいます。
先にスーツケースを紐でくくってもらってから、ガルーダのカウンターへ。
a0102153_18182575.jpg
とっても小さいチケット!
(大きな用紙は、さきほどガルーダのチケット売り場でもらった紙)
a0102153_18205126.jpg
カウンターから右に進むと、お店や出発ゲートがありました。
a0102153_18222646.jpg
ビアードパパが目に付いたので・・・
噂に聞いていた、ドリアンクリームのシューを食べてみようじゃないの。
a0102153_1824561.jpg
フードコートでフレッシュジュースを買い、テーブルでいただきました。
スイカジュースが、目が飛び出るほど、すっぱかった。ホテルのジュースって美味しいのねん・・・。
りんごジュースは、甘くて美味しかった。
a0102153_18245273.jpg
さてさて、シュークリーム。
左が、バニラクリーム。右の、ちょっとグリーンがかったほうが、ドリアンクリーム。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ドリアン、いけないことはないが。最後はバニラクリームで締めたい。

スーパーに入るとフワっと臭うあの香り、あれが君だね、ドリアン。
a0102153_18284271.jpg
インドネシアらしい屋根の出発ゲート。
a0102153_1839515.jpg
GA412  ガルーダも定刻17:20に出発。
出発間際?直後?に、飴を配ってくれた。和む。

こちらも新しくキレイな機材で、モニターはタッチパネル。
a0102153_22162310.jpg
1時間45分ほどの短いフライトだけど、機内食が出た。スパイシーチキンと、ナシゴレン、卵焼き。無骨なお弁当のような見た目だけど、けっこう美味しかった。ゼリーが超カタくて、スプーンさしても全体がズルンと動くくらい、カタかった。

一番後ろのほうにあるトイレに行ったら、CAさん3人くらいが棚に座ってお弁当を食べていて、2つあるトイレのうち、「あっちのトイレが開いてるわよ~」と教えてくれた。な、和むわぁ・・・・。
a0102153_18451059.jpg
予定通り、20:00頃にデンパサール到着。バスに乗って、国際線ターミナルへ移動。スーツケースもすぐに出てきて、20:20には空港から出られ、車で迎えに来てくれた友達と再会!

直行便に比べて、乗り継ぎは面倒ではありますが・・・バリ島とはまた違ったインドネシアの風景も見られたし、乗り継ぎの間に入国審査を済ませられ、飛行機が遅れることもなかったし・・・何と言ってもチケットがお手頃だったANA-ガルーダ利用。これもアリだなと思いました。
a0102153_18511395.jpg
今回は、大震災が起こった日の朝に出発した、忘れられない旅になりましたが・・・

行きのジャカルタの空港で会って、一緒に日本のニュースを聞いて心配していた方に、帰りにもデンパサールの空港でもお会いして、ご家族は無事でしたか?と聞いたら、携帯を海外で使う方法がわからず、ホテルの電話から日本へのかけ方がわからず、連絡できなかったとの事・・・。

最近は個人自由旅行もネットで簡単に手配できるし、アジアならば現地添乗員が空港-ホテル間のお世話をするだけ、というツアーも多い。英語が話せなくても、なんとかなるかもしれない。

それでも、自分自身で気軽に旅立てるからこそ、何かあった時のための、緊急連絡手段は、しっかりと確認していったほうが良いと思います。旅は自己責任だと、改めて思いました。。。


☆拍手、コメントありがとうございます!以下、拍手コメへのお返事です。

More・・・拍手コメありがとうございます☆
[PR]
今回は3度目の宿泊ということで、GMさんからランチをお招きいただきました。
それならばぜひYさんもご一緒に...とお願いし、ダイニング・Piasanへ。
a0102153_10343932.jpg
まさかそのような場でカメラを出すわけにはいきませんので、ランチの写真はありませんが、有難くも私たちの食の好みをしっかり把握してくださった美味しいコース料理をいただきました。MASAやんから「お品よくしぃ」という無言の圧力があったので(笑)最初はなるべくお品よくを心がけましたが、美味しいお料理が出て、和やかな会話になったら、そうもいきませんわね~(´∀`)ほほほ...

プラベートなお話なので、ここには詳しく記しませんが(このブログは全てプラベですけどね。笑)、いろいろな話で盛り上がり、気が付けば2時間半!も過ぎていました。お話をするたびますます好きになるYさん、この場を設けてくださったGMさん、素敵な時間をいただき、感謝です...♥
a0102153_1101861.gif
午後は、少しだけ買い物に出かけました。バリ旅ではすっかり物欲がなくなった私たちですが。母からJENGGALAの食器を頼まれていたので、ジンバランにあるJENGGALA本店に行ってみました。

物欲がないといいつつ、行くと買っちゃう、買い物好き。

カラフルな食器も充実しているジェンガラですが。
家のものは基本白で揃えているので、食器もやっぱり白尽くし。
a0102153_1154774.jpg
これは実家へ。フランジパニ模様の大皿と、少し深めの皿2枚。ウッドスプーンとフォーク。
a0102153_1194524.jpg
ちょうどこの日に新居に引越ししたお友達一家に、小皿とウッドフォークを。
これで、ぜひ、ホタテを食べていただきたい。
a0102153_11113089.jpg
うちにも、実家と同じ深皿を2枚。
a0102153_11125088.jpg
YURIちゃんに、フランジパニの角皿。

そして、最終日に行ったサヌールのGUDANG KERAMIK(ジェンガラのアウトレット)でも、家用にマグカップを2セット購入。小さいほうのカップは1つ、取っ手を付ける位置を間違えてアウトレット品になっていたものだった。飲み口に切り込みが入っていて、飲みにくい(笑)。宝探しのアウトレットは、しっかり見てから買わないとね。。
a0102153_11161729.jpg
ジェンガラで買い物したら勢い付いて、カユマニス・ヌサドゥアのスーベニアショップも覗いてみました。
a0102153_11205661.jpg
ランチョンマットと、ソープディッシュ購入。
水分が下に抜けるタイプのソープディッシュは、ナチュラル石鹸が長持ちするから好き。
a0102153_11245046.jpg

[PR]
2010年の一大スポーツイベント、FIFA WORLD CUP SOUTH AFRICA。

南アフリカで観戦したわけではないですが…ちょうどバリ島旅行期間中に行われていたので、サッカー好きのバリの人々や、世界各国からのゲストと一緒にTV中継観戦し、とても思い出深いイベントとなりました。私はあまり詳しくないですが、MASAやんは男性陣と毎日サッカーの話題で盛り上がっておりました。自国が出場していなくても、サッカー好きなのですよね、バリの人々。

すでに懐かしい話題ですが、バリ旅日記に記しておきます。

カユマニス・ウブドの、ベッドルームのTVの前には…
a0102153_13232972.jpg
マッチスケジュール表が用意されていました!
カユマニスのロゴ入りです^^
a0102153_13241918.jpg
このおかげで、観たい試合を逃さずにすみました。
さすが用意周到です、カユマニスさん*
a0102153_13264483.jpg
そういえば、ドイツの試合を観ていたときに、
若いホテルスタッフ君に、「ドイツの選手では、誰を応援してる?」と聞かれ…

「オリバー・カーンはまだいるの?」という発言をして
「・・・べ・・・ベリーオールド・・・!」と笑われてしまった私…^^;

同じ年の中田英寿氏が引退して旅人になった時点で、サッカーへの興味は一区切りし、今回は完全なる”にわかファン”だったもので、外国人選手まではわからなかったのさ…。あとは、ドイツのサッカーといえば、若林源三と、カール・ハインツ・シュナイダーくらいしか思いつかない…!(← 同年代の男子には通じるであろうネタ)。


ま、それはいいとして

サッカー番組中に、ひっきりなしに流れていたのが
南アフリカ大会公式SONG、Shakiraの『Waka Waka (This Time for Africa)』

帰ってからDLして、今でもまだけっこう聴いてます。
日本は、EXILEの公式ソングが流れていたので(EXILEも好き♪)、これはあまり流れませんでしたね。

そして、面白かったのが、サッカー中継番組中に流れるCM!
ほとんどが、無理矢理サッカーにこじつけたCMになっていて、面白かった(笑)

頭痛薬のCMでは、頭痛がして前半調子が悪かったストライカーが、ハーフタイムで頭痛薬を飲み、後半では華麗なシュートを決めちゃったり。携帯のCMでは、電話しながらサッカーしてたり...。なんて単純なんだ!

あとは、C・ロナウドがケチャダンスの輪の中でボールを蹴るCMも見られた☆
a0102153_148068.jpg
C・ロナウドは他にもシャンプーのCMもやっていた。
出場選手の中で、一番好き。(ミーハー目線ですみません)
a0102153_149527.jpg

[PR]
我が家のカメラ持ち担当は、私だ。
MASAちゃんが、まったくカメラを手にしたがらないので、自然とそうなった。

そうしているうちに、旅に出ても、日常でも、私の写真があまり残っていないことに気がついた。
2人で旅行に行ったはずなのに、ドライブに行ったはずなのに、
写真が残っているのは、彼ばかり...ということが、よくある。

それじゃあ、アルバムを見返してもなんだか淋しい。
バリ島旅行では、写真をたくさん撮ってもらおう。

笑顔を向けてポーズを撮ったスナップ写真だけじゃなくて、
風景にとけこんだ、自然な表情の写真もいいなぁと思うので

今回は、それぞれが1つずつデジカメを持って
たまには私の自然な姿の写真を、こっそり撮っておいてね、とお願いした。

旅行後、MASAちゃんのカメラのデータを、楽しみに覗いてみたところ
そこに写っていたのは・・・
a0102153_8581326.jpg
私が写真を撮っているところを撮った写真ばかりだった・・・・

これは、「旅先で楽しそうな妻が、気付かないうちに、こっそり撮った」のではなく
「妻に気付かれないうちに、サッと撮った」のではないか・・・??

しかも、それすら、2日目で飽きたらしい。
3日目以降、彼は自発的には写真を撮っていない。。

まだまだ旦那様の思考が読めない、結婚6年目...。
[PR]
バリ島に行ってきました。

今回は、我が家にしては長めの休暇が取れたので、チャンディダサ→テンボック→ウブド→ヌサドゥア→サヌールと、バリ島を半周巡って、それぞれ違った風景を楽しむことができました。

移動は多かったのですが、ホテルにチェックインしたらほぼ篭りっきりの滞在だったので、ホテル内を満喫して、のんびり過ごしました。いつもにも増して、友人たちやホテルスタッフ、他のゲストの方々...人に囲まれた幸せな旅でした。

写真を整理しつつ、想い出日記を綴っていきたいと思います。
いつもながらのマイペース更新になると思うので、先にデジブックで写真を少しだけUP*

※デジブックの公開期限が切れました


Published by デジブック
[PR]
ヴィラのTVでは見られないので、素敵ラウンジで
他国のゲストの方々と一緒に観戦。
a0102153_23184236.jpg
今回はほとんどホテルから出ない、のんびり滞在な旅だったので
夜はけっこう時間があって、ネットを繋いで
身内への元気報告代わりにブログを更新してみたのですが
バリ島旅行をしているのか、ワールドカップ観戦をしているのか・・・?
みたいな日記になっているような。。。
a0102153_23212893.jpg
日中は海&プールで遊んで、夜は観戦に燃えてます。
[PR]
鳥の囀りと、虫の音しか聞こえない、森のヴィラ。

TVの前に、放映スケジュール表が用意されているので
MASAさんは毎夜、ワールドカップ中継に夢中、、、
a0102153_23353421.jpg
C・ロナウドが、ケチャダンスの輪の中心でボールを蹴っているCMに、ちょっと感動。
a0102153_23341198.jpg

[PR]
先週末、青山で開かれたカユマニス東京パーティに行ってきました。あいにくの曇り空でしたが、久々の青山お出かけにウキウキ♥ 私、5年前までの会社員時代は表参道勤務だったので、遊び慣れた場所だったのですが、、、辞めたらパッタリこの界隈に行かなくなってしまって...。表参道ヒルズが完成する直前に辞めたので、私の表参道の想い出といえば、ツタの絡まる同潤会アパートの風景でしたが。。。ヒルズオープンと前後してハイクラスメゾンのショップが立ち並び、すっかり新しい街になりましたね~。
a0102153_109347.jpg
会場であるLe cafe BERTHOLLETの入り口にはカユマニス&ガンサの写真や、カユマニスの木で作られたオブジェが置いてありました。店内には、テーブルにバリらしい黒白チェックのクロスがかかっていたり、カユマニススパのオイルが飾られていたり・・・お化粧室にはカユマニスのアメニティがありました*
a0102153_10171688.jpg

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
【25.DEC.2008】

a0102153_1559016.jpg家出発 → 羽田空港 →関西空港(りんくうアウトレットモール) → デンパサール(入国アシスタンスサービス利用) → KupukupuBarong Beach Resort チェックイン


【26.DEC.2008】

a0102153_161175.jpgホテル朝食@部屋 → 庭&お部屋 → プール&ビーチ → 『サリラトゥ』でネイル → 『Kafe BatanWaru』でランチ → 『Gaya Spa』でボディマッサージ → アフタヌーンティ → 『MaJoly』でディナー


【27.DEC.2008】

a0102153_163475.jpgホテル朝食@MaJoly → 『Gaya Spa』でボディマッサージ → チェックアウト → 『MaJoly』でランチ → The Gangsaチェックインガンサのクリスマスツリー) → ヴィラ( ) → デンパサールシティツアー(  ) → 『Gong Restaurant』でバリニーズディナー → 夜のガンサ


【28.DEC.2008】

a0102153_1684013.jpgホテル朝食@ビーチ → シャトルでセントロへ → スミニャック散策 → アフタヌーンティ → 『Rebub Spa』でマッサージ → 『Inti.Bali』でお買い物 → 『KAYUMANIS Cafe and homestay』でディナー


【29.DEC.2008】

a0102153_1611587.jpg朝食@ヴィラ → チェックアウト&『Gong Restaurant』でランチ → Kayumanis NusaDua チェックイン → ヴィラ → キャンドルライトディナー


【30.DEC.2008】

a0102153_16131591.jpg朝食@ヴィラ → ヌサドゥアビーチ&ヴィラのプライベートプール → 『Tetaring』でランチ → 『FORTUIN』でイカンバカールディナー


【31.DEC.2008】

a0102153_16151051.jpg朝食@Tetaring → ヴィラでのんびり & ヴィラでマッサージ → 大晦日ディナー( 


【01.JAN.2009】

a0102153_161778.jpg朝食@Tetaring → タナロット寺院観光 → 帰り道&『Bumbu Bali 2』でランチ → ホテルスパでマッサージ・フェイシャル & チェックアウト


【02.JAN.2009】

a0102153_16195687.jpg帰国


■■■おまけ■■■ 

旅のお土産
Ellora Villas
[PR]
a0102153_13131282.jpg昨日本棚を整理していて、奥からこの本を見つけた。吉本ばななさんの『マリカの永い夜/バリ夢日記』。前題がバリ島を舞台にした小説、後題がバリ紀行文になっている、ハードカバーの一冊。現在は「よしもとばなな」に改名、この本のタイトルは『マリカのソファー』に改題し、内容も大幅に書き改められているらしい。

うちにあるのは1994年3月の第1刷で、外側はもうシミがいっぱいなのだけど、中はわりとキレイ。片付けが終わった午後、コーヒーを淹れて久々に読んでみた。

この本を最初に読んだ当時、私は高校生で、文と写真と原マスミさんの画から、ロータスが咲くバリ島の風景を想像し、高級ホテル・アマンダリに憧れた。でも紀行文にはバリのいいとこばかりじゃなくて、物売りや物語の悪霊のことも書いてあったから、実際バリに行くのは怖いかもと思った覚えがある。

それからこの本はずっと色んな人に貸していて、10年経って手元に戻ってきた頃のある日、通勤電車の暇つぶしにと会社に持って行った。その日に上司から「冬休み取ってよ」と言われ、急遽翌週一週間休みを取った。そのことを彼に話すと、彼も休暇が取れるということになり、だったらどこか旅行しようという話になった。ちょうどバッグに入っていたこの本を取り出し、「バリに行ってみよう」と決めて、バリについて何も知らず、滞在地もホテルも何もわからないまま、駅前の旅行代理店のパンフレットに載っていたツアーを申し込み、5日後にバリに行った。うちの両親にどう話して行ったかは忘れてしまったのだけど...彼は、成田空港から実家に電話し、「女とバリに言って来る」と伝えていた。...人生で初めて「女」呼ばわりされたあの衝撃...(笑)

それまではお互いわりと淡々とお付き合いしていたのだけど、ウブドとレギャンで1週間...目覚しをかけずとも同じくらいに起きて朝日を見て、スパとプールでまったり過ごし、同じくらいにお腹がすいて、食べたいものも意義なしで...一緒に過ごすうちに、なんともいえず情がわいた。帰国前日の夜、泊まっていたホテルパドマのBELLA ROSAで夕日を眺めながら食事をしている時に、この人とだったら楽しく一緒に暮らしていけるかもと思った。翌月、彼が転勤になったのをきっかけに一緒に住むことになり、5ヵ月後に籍を入れた。突然の人生の大波に、躊躇わずに乗れたのは、バリでの一週間があったからだと思う。

今、久々にこの本を手に取ったのには、何か意味があるんだろうか。

次回、アマンダリに泊まれるとか?
いや、それは、ないな。
いつか相応しい大人になれた時に、その機会がやってきてくれるかもしれないけれど
15年経っても、アマンダリは、まだまだまだまだ、憧れの地。

とりあえず、初心に返ってホテルパドマに行ってみようか。
ホテル自体は至ってフツーの大型ホテルであまり覚えてないけれど
あの巨大プールのサンケンバーで飲んだビンタンは、美味しかった。


懐かしい本を開くと、読んだときの、懐かしい記憶が甦る。

マリカのソファー/バリ夢日記 (幻冬舎文庫―世界の旅)

吉本 ばなな / 幻冬舎



More
[PR]