タグ:バリ島*食 ( 89 ) タグの人気記事
12:00。ザガンサをチェックアウト。

12:30からはスパを予約していたので
最後にルバブスパにて、気持ちよく60分のマッサージを受けました。

(ルバブスパについては、過去ブログ ◆こちら と ◆こちら をご覧ください)
a0102153_16301841.jpg
14:00.スパのあとは、ゴンレストランにて、遅めのランチ。
バリ島旅行の最後の食事を、ここの美味しいインドネシア料理で〆るのが
前回からのお気に入りコースになっております。
舌も胃袋も気持ちも、バリを存分満喫して、気持ちよく帰れるのよね~。
a0102153_16341522.jpg
MASAやんは、スタッフさんおススメの、海老をソテーしたサラダと
a0102153_16362076.jpg
牛肉のスープ。
これ、すごくコクがあって旨かったらしい。
a0102153_1636543.jpg
私は、蟹とコーンのスープと
a0102153_1637236.jpg
ゴンレストランの名品、ミーゴレン。海老が立派!で、すごく好き。
a0102153_16384084.jpg
3つのカユマニス・ザガンサに泊まってみて、どこが一番好きですか?と聞かれると
我家は2人揃って、即答で「ヌサドゥア!!」。

スタッフのスマートさと、ヌサドゥアという場所柄の突き抜けた空の明るさが好き。
そして、レストランの雰囲気や、料理がオールジャンル頭2つくらい飛びぬけて好みというか
朝からレストランに行って出来立てをあれこれ食べたい!と
テンションが上がりまくるのが、ヌサドゥアなんだけど。

インドネシア料理は、ザガンサに軍配が上がる。
ここの素朴な雰囲気で食べるインドネシア料理は、なんだか、ほっとする。

ザガンサは、温かいバリのお家。
またいつか、遊びに行けたらいいなぁ・・・♪
a0102153_1731546.gif
カユマニス・ザガンサを直予約すると、到着時に空港アシスタンスサービスが付くのですが
今回はジャカルタ入国だったため、代わりにザガンサから、ギフトを2人分いただきました。

1つめ、バニラエッセンシャルオイル付きのミルクバス。
a0102153_1755324.jpg
もう1つは、可愛いカゴ。
a0102153_1792050.jpg
中に入っていたのは・・・ガンサクッキーでした♥
コーンフレーク入りでサックサク。
滞在中は食事だけでお腹いっぱいなので、これを食べてる余裕はないから
帰ってこれを食べられたのは嬉しかった!
a0102153_17114814.jpg


More
[PR]
バリ島旅行、最後の朝。雲は多いけど、晴れました!
雨期の朝に晴れてくれると、嬉しい。
a0102153_10345769.jpg
今日も、ヴィラに朝食を運んでもらいました。
a0102153_10413021.jpg
MASAちゃんは、ライスプディング(かな?)と、オムレツ。
私は、ブルーベリーパンケーキのみ。
あとは、昨日ブドゥグルで摘んだ苺のジュースと、バリコピ。

今写真を見ると、ザガンサに泊まってコレだけ?勿体なっ!って思うけど
今回の旅行は、食欲無かったからねぇ・・・。
a0102153_10413298.jpg
チェックアウトまでヴィラから出ずにプールを満喫するつもりだったけど。母から「あなた達の家、まだ断水よ。近所のスーパーもまだやってないし、他所では飲料水が売り切れてるから、買ってきたほうがいいわよ~」という電話をもらったので、ちょっとプールに入ってから、サヌールの街に水やらカップ麺やらの非常食を買いに出かけました。家に帰るまでに上下水道が復旧してたらいいな~・・・なんていう期待は、かなり甘かったらしい。
a0102153_1053660.gif

ハーディーズとパントリーに行ったついでに、石鹸なども購入。
バリのナチュラル石鹸はお土産にも大好評なので、まとめ買い。

※感想はあくまで個人的な好みです

これらはハーディーズで買ったもの。
1個Rp.9,000~15,000くらいの手頃価格だけに、香りも、使用感も、可もなく不可もなく・・・。

aura -organic soap-という箱入りのものは、使用感は優しかったけど
ビタミンE入りで100%ナチュラルな感じがしなくて、洗い上がりがスッキリしなかったかな。
a0102153_10591063.jpg
こちらはパントリーにて。
REPUBLIC OF SOAPの石鹸。1個Rp.25,000~Rp.30,000。
スイートオレンジ&シナモン、マンダリン&レモン、アイランドスパイスティーの3種は
バリらしい香りも良くて使用感もGood。

ラベンダーだけは使用しているオイルが合わなかったらしく、洗ってるときから湿疹が^^;
ラベンダーの花みたいなのも入っていて、肌当たりもキツイ感じがしたかな。
a0102153_11142326.jpg
日本でもすでに有名なSensatia
以前使ったSpa Alilaの石鹸がかなり良かったので、製造元のSensatiaも合うだろうと
パントリーで売っていた6種類全部買ってみた。
成分により効用は違うみたいなんだけど、ボディにはどれも良かった(大雑把な感想でスミマセン)。
うちは2人とも、ここの石鹸がとても肌に合うらしい。お土産にも好評でした。
工房に行けば、もっとたくさんの種類があるようなので、他のも使ってみたい。
a0102153_10562479.jpg
でも今まで使って一番良かったのは・・・
スパアリラのOrganic Volcanicという名前の、火山の砂?を使った、真っ黒な石鹸。
すごく優しいスクラブ効果があって、フェイシャル用にかなり良かった。

センセイシャにも活火山砂を使った石鹸があるようなのだけど
色が薄いので、違うようで・・・。

またいつかバリに行けたら、スパアリラに買いに行かなくては。
a0102153_11344387.jpg
石鹸以外にも、ボディケア用に。ハーディーズで買ったボディスクラブ。
ゆるいクリーム状に小さめのスクラブ入り。Rp.36,000とお手頃だけど、けっこう良いです。
パパイヤとイランイラン、香りも好き。

今家にある、MARKS&WEBのハーバルマッサージスクラブが、肌に優しすぎて
スクラブ効果が何も感じられなくて不満だったので(^^;)、この値段でこの効果は満足。
a0102153_11384787.jpg
ヴィラのスタッフさんおススメのヘアケア。
goodのCreambath Emulsion
まだレモンしか使ってないけど、レモンの香りが強くて、使うと気分がスッキリして好き。
髪にコシとツヤが出ます。

私の髪はクセがあるので、ロングでかなりすいてもらって、洗いあがりに乾かすと勝手に無造作パーマのようなウェーブが出るように、カットしてもらっているのだけど。このクリームバスを使ったあとは、ツヤっとゴージャスなウェーブが出ます(笑)
a0102153_11534795.jpg
これは欠かせない、柔軟剤Molt
前回はボケていて、空港で没収されたので、今回はちゃんとスーツケースに入れて帰りました・・・。
a0102153_11591160.jpg
香りモノは、日常で使っていて、ふとバリを思い出すから良いですね♪



☆拍手、コメントありがとうございます!以下、拍手コメへのお返事です。

More・・・拍手コメありがとうございます*
[PR]
朝から約8時間のドライブから戻ってきて、1人でずっと運転していた友人はさぞかし疲れたでしょう・・・ということで、彼の家にお邪魔して、一休み。

この家に来るのは3回目になるのだけど、お向かいに住む奥さんが、たまに遊びに来る日本人を覚えていたようで、手を振って挨拶をしてくれた。この奥さんはとても美人なので、私たちもデレデレと手を振った。お向かいの家は、愛嬌のある太ったハゲちゃびん旦那さん(失礼な!)と、女優の木村多江さんに似た細面の美人の奥さん、という、インパクトのある夫婦なので、また会う機会があったら、ぜひ結婚までの経緯を聞いてみたいものである。

・・・どうでもいい話はさておき

家で寛いでいたらお腹が空いてきたので、夜ゴハンに出かけました。
今日一日のお礼に、どこかでゆっくり食事しよう。

今回の旅行は本当にノープランだったので
友人宅から近く、海辺で、景色が良くて、静かなレストランがいいな、と言って提案してもらったのは
タンジュンブノアに新しくできたヴィラ、The Royal Santrianのレストラン。
a0102153_9571883.jpg
レセプションのある建物を抜けると、風景が横に広がって、とても気持ちのよいホテル。

「サントリアン」というホテル名、どこかで聞いたことがあったような・・・と思ったら
サヌールにある「プリ・サントリアン」と「グリヤ・サントリアン」と同じ系列。
バリの王族経営ホテルグループが初めて作った、ヴィラタイプのホテルなのだそう。

オープンから30~40年経った歴史在るサヌールの2つのホテルよりも、かなりラグジュアリーな造りではありますが、流れる空気は確かに、以前泊まった「プリ・サントリアン」と似た雰囲気を感じました。
a0102153_1001288.jpg
食事の前に少しだけ、ヴィラも見学させてもらいました。マネージャさんが丁寧に説明しながら案内してくれたので、カメラを取り出す雰囲気ではなく、写真はほとんど撮っていませんが、リビング・ベッドルーム・バスルームは全て室内で、虫を気にせずゆったり寛げる造りがGood。プライベートプールのサイドには、デイベッド付きのダイニングあり。シンプルモダンインドネシアンな雰囲気が、とても素敵でした。

海側に建つロイヤルヴィラは、お値段も高級~ですが、プライベートプールから海が見渡せて、眺めもGood。宿はハコよりもヒトが重要なので、実際泊まってみなければ本当の良さはわかりませんが、いつか一度泊まってみたいと思うヴィラでした。
a0102153_10245675.jpg
ヌサドゥア、ダンジュンベノアの穏かな雰囲気は、やっぱり好き。
a0102153_10304876.jpg
海辺のレストランで、ウェルカムドリンクをいただきました。
ベリー系でとっても美味しい。
a0102153_10331177.jpg
レストランはラグジュアリーな雰囲気の室内席と、カジュアルな雰囲気のテラス席がありました。
せっかくこのロケーションなので、テラス席で海をみながら食事しましょうか。
ドライブ帰りで、MASAちゃんはハーフパンツ+スニーカーというカジュアル姿だしね(笑)
a0102153_10353089.jpg
テラス席はパブリックプールに面したところにあります。
夕方でもうゲストは引き上げていましたが、海を見渡せるパブリックプールも良い雰囲気。
乾期の真っ青な空の下で、このプールで遊んだら、気持ちいいだろうな~!

昨夜は豪雨、今日の天候はどうなることかと思っていたけど・・・
なんとか雨には降られず、午後からは晴れてきて、夕日も見えました。
今日だけは晴れてくれて、ありがとう~!
a0102153_1036101.jpg
このレストランには友人の友人達が勤めていて
電話したら冷やかしに数人遊びに来てくれて、テーブルが賑やに^^
a0102153_10372070.jpg
その中に、以前泊まったことがあるホテルのレストランで働いていたという人がいて、私達のことをよく覚えているという。泊まった時期とシチュエーションが合っていたから、本当に覚えていたらしい。デキるホテルマンは記憶力が素晴らしいな~。

私も会社員だった頃は、一度会った人のことは、会話も、その日にお互い着ていた服も、しっかり覚えていられるのが特技だったんだけど。最近はすっかり物忘れが激しくなっている自分が恐ろしい・・・。
a0102153_10475815.jpg
こちらのレストランには、かつて日本に住んでいたという、日本語堪能なスタッフもいて
気分よく酔ってきて、メニューを読むのも、英語を話すのも面倒になった時に頼りになります。
私よりも敬語が上手なんじゃないかというくらい、流暢でスマートな日本語でしたよ。
a0102153_10543039.jpg
料理はウエスタン、アジアンキュイジーヌで、メニュー豊富。
最近は、短い旅行でも一度はスシを欲する、胃袋が完全ジャパニーズな私は
ロール寿司があるのが嬉しかった。

しかも、高級ヴィラのレストランのわりに、一皿がどれもお手頃。
この雰囲気で、3人でお酒飲みながら食べて、食後にコーヒーも飲んで
お会計がこれだけ?と驚いてしまったくらい。
a0102153_1151011.jpg
3人ともビンタンを数本ずつ空けながら、長いこと、ゆっくり話した、いい夜でした。

明日にはもう帰国。
この穏かな夜が、ずーっと続けばいいのにな・・・。
a0102153_1154756.jpg




☆拍手、コメントありがとうございます!以下、拍手コメへのお返事です。

More・・・拍手コメありがとうございます*
[PR]
ブラタン湖畔で遊んだあとは、メングウィの辺りを通ってドライブを楽しみながら、南部に戻りました。

ドライブしていて気付いたのは、長閑な田舎街にも、ヘアサロンがたくさんある、ということ。友人いわく、バリの女性はヘアサロンで髪や肌のお手入れをするのが大好きなので、お店もいっぱいあるらしい。そういえば彼のお嫁ちゃん(今回は仕事で会えなかった)は、お肌も、明るくカラーしてる髪も、いつもツヤツヤ。ヘアサロンが大好きで、必ず週に1回は行くらしい。美にかける時間が違うのね!カラー・カット・トリートメントが2ヶ月に1回ペースの私、女として努力が足りてない・・・;

さてさて、ドライブ途中で友人が車を止めたのは・・・
a0102153_10372247.jpg
彼がこのコースをドライブする時に、いつも立ち寄るという、ドリアンの屋台

フルーツの王様と称されるドリアン。

香港ジャカルタで、スイーツにしたものは食べたことがあっても、生では食べたことがない私たち。

彼はドリアンが大好物で、以前から、「バリに来たら一度はフレッシュなドリアンを食べてみなよ!」と
勧められているので、それならばと試してみることに。

スーパーで売られているものよりも、こうゆうお店のほうがフレッシュで美味しいんだそう。
a0102153_1044622.jpg
半分でパカッと切ってもらうと、中身はこんな感じ。
厚い皮の中に、ねっとりとした実が入っています。
この実が小さいものが、美味しいんだそうです。

実を指でつまんで、いただきます!
a0102153_10464686.jpg
初めて食べた、生ドリアン。

食感は・・・バナナのような、アボカドのような、チーズのような、「ねっとり」とした感じ。

味は・・・3人で、3つのドリアンを食べてみたけど、1個ずつ、味というか匂いが違って
正直どれがドリアンの味なのかは、よくわからなかったんだけど。

あくまでも味覚は主観的なものであり、個人差があるということを前提に書くと

1個目は、餃子のような味がしました(笑)

2個目は、すごくクセのあるなかに、ほのかにフルーツの甘みを感じて。

3個目は、フレッシュな甘さが口に広がって、美味しかった!


これが、切ってもらったドリアンによって風味が違ったのか、単に私たちの口が慣れていったのかどうかは、定かではありませんが・・・3人とも同じ感想だった(友人も、1個目は「マズイ!」とお店のオバちゃんに笑って文句を言っていた)から、3個目のドリアンで、本当に美味しいものに出会えたようです。

この気まぐれ具合というか、なかなか美味しいものに出会えないところが
キング・オブ・フルーツと呼ばれる所以なのではないかと・・・


とにかく、「匂い」が気になるドリアン。
実をつまんだ指は、最後にオバちゃんから水をかけてもらって洗いました。
水洗いだけでしたが、そのあと車に乗っても、気になりませんでした。
a0102153_10572135.jpg
ちなみにお値段は、いつもここで買っている友人が
何も言わずにオバちゃんにRp.60,000渡していたので
ドリアン1個、Rp.20,000(≒200円ちょっと)が、バリの相場なのではないかと思われます。

採ってからだいぶ時間が経って輸入された日本では、スーパーで1,600円とか
デパートのフルーツショップでは8,000円などで売られているのを見たことがあるドリアン。

美味しいドリアンを食べたことがない方は
フレッシュなものがお手頃に食べられるバリで、食べてみはいかがでしょう~。
[PR]
ジャティルウィからブドゥグルに向かってドライブする間に
お腹が空いてきたので、そろそろランチでも。

道すがら、どこか食事ができるところを探して・・・
眺めが良さそうなレストランがあったので、入ってみました。
a0102153_10402155.jpg
PACUNG INDAH Hotel&Restaurant

・・・とあるので、ホテルに併設されたレストランのようです。
a0102153_10403167.jpg
入って聞いてみると、料理はブュッフェスタイルで、料金は1人Rp.70000。
a0102153_1042848.jpg
景色も良さそうだし、ここでランチにしますか!
a0102153_10441319.jpg
欧米人観光客が多かったな。この辺りは日本のガイドブックでは大きく載っていないからか、日本人はあまり見かけなかったけど。欧米人には人気の観光地のようです。
a0102153_1046194.jpg
まだ早い時間だったので、テラスのナイスビュー席に座れました。
a0102153_10494412.jpg
緑いっぱい、ジャングルビュー。
a0102153_10501270.jpg
下を覗き込むと、畑仕事中の農夫さんも見えました。
a0102153_10505526.jpg
ぐいっとビンタン!・・・といきたいところですが、ドライブ中なのでそれは我慢しまして
独特な風味の紅茶・テボトルと、フルーツティーにしときました。

普段は飲まない甘~いお茶ですが、たまーに、こんなときは、いいもんです。
a0102153_10551414.jpg
料理はこんな感じ。

そういえば、ビュッフェに並んでいたのはバビ(豚)のサテだったんだけど。
友人はイスラム教徒なので、バビは食べない。
ウエイターさんにお願いしたら、サピ(牛)とアヤム(鳥)のサテを別皿で持ってきてくれました。
そんなことも、できるんだね。
a0102153_1056675.jpg
観光地のビュッフェレストランなので、味はそれなり、というところですが
この風景を眺めながら、ゆっくり話して過ごす時間が、ご馳走でした♪
a0102153_1132923.jpg




☆拍手、コメントありがとうございます!以下、拍手コメへのお返事です。

More・・・拍手コメありがとうございます*
[PR]
3日目の朝。昨晩の豪雨で、おイモの葉っぱも濡れてますが・・・
なんとか雨も止み、うっすら太陽が覗いてくれていました。

今日は1日観光Dayなので、この天気は気分が上がります☆
a0102153_1054359.jpg
お出かけに向けて、朝7時にヴィラに朝食を運んでもらいました。
a0102153_1063857.jpg
今回ザガンサに泊まろうと決めたのは・・・

前回スパデイユースで訪れたときに聞いた
バリエーションが増えたという新朝食メニューを、食べてみたかったから!

(すでに昨年2月くらいから始まったようなので、もう「新」ではないですが、私たち的には新朝食メニューということで)

何よりもMASAやんの心を動かしたのは、新登場のガンサトースト
3つのカユマニスでそれぞれのカユマニストーストを堪能したので
ガンサトーストもぜひ食べてみたい、というわけです。
a0102153_1075130.jpg
新朝食は、アメリカン、コンチネンタル、インドネシアン形式などのセットメニューがいくつかあり
ジュースや卵の調理法、メインを選ぶようになっていましたが・・・

我が家はそれぞれ、ジュースとパンケーキ類を各自1つ
あとは卵とフルーツを2人で1つシェアすれば充分。

セットメニューの1人前の量よりも少なくて良いので・・・
アラカルトメニューから好きなものを選ばせてもらいました。


チーズオムレツと、ストロベリーヨーグルトがけのフルーツは、2人で半分こ。
a0102153_10155643.jpg
こちらが、MASAさんが楽しみにしていた、ガンサトースト。
ボリュームたっぷり、フレンチトーストのような感じでした。

イエロー×ブラウンの焦げ目の組み合わせが・・・

ベネッセの「しまじろう」人形を思い出す、と言ったら
向かいに座る阪神ファンに「トラッキーやろ!」と叱られました・・・
a0102153_10214569.jpg
私は、ストロベリーパンケーキを。
生地が苺色ですよ~。

ガンサトーストといい、このパンケーキといい・・・なんて見た目が可愛いらしいのかね。
考案したシェフはきっと、乙女な心をお持ちなのだろうな~^^
a0102153_10285039.jpg
以前のガンサ朝食は、洋食メニューが少なくて
パンケーキは、オレンジ一種類のみ。
温めたオレンジが苦手な私は、ザガンサではパンケーキはいいや~と思っていたんだけど。

パンケーキのバリエーションも、苺、バナナ、ブルーベリーetc...と、フルーツの種類が増えて

これは朝食の選択肢が広がって、ザガンサの魅力、更にUPでした☆
a0102153_10352557.jpg
では、出かける準備をしようかね~。



☆拍手、コメントありがとうございます!以下、拍手コメへのお返事です。

More・・・拍手コメありがとうございます*
[PR]
今回のザガンサ宿泊は、キャンドルライトディナー付きのホワイトデーパッケージを利用しました。

ドライな私は、キャンドルライトディナーはカユマニス・ヌサドゥアで2回やったから(こちらこちら
もういいだろうと言っていたのですが

乙女なMASAさんが
「ガンサではやってないねん!ガンサでもロマンチックキャンドルディナー、やりたいねん(><)」と
駄々をこねたので、今回もやってきました。


・・・なーんてね、旦那様からの素敵なホワイトデーのプレゼントでしたね。
(いけないいけない、こうゆうのを素直に喜んで受け取れない女は、老けていくわね!)
a0102153_1083846.jpg
しかし・・・今回は大雨に見舞われてしまったため
せっかくプライベートプールを飾っていただいたキャンドルが消えてしまって、ちょっと残念でした。
翌朝見たら、こんなに可愛くセッティングしてくれていたのに!
a0102153_10104548.jpg
大雨の中でも、温かいコース料理を
ちょうど良いタイミングでサーブしてくれたレストランスタッフに感謝です。
a0102153_10141824.jpg
ザガンサのゴンレストランのインドネシア料理はどれも素晴らしいんだけど
中でもスープの美味しさには、毎度唸ってしまう。

ソトアヤム(右)ももちろん美味しいんだけど、魚のクリーミーなスープ(左)が絶品!
a0102153_1017387.jpg
お口直しのシャーベットのあと、メインはいつもどおり、MASAさんは肉、私は魚。
a0102153_1024629.jpg
デザートはいつもの、チョコレート寒天?のようなもの。

これ、初めて食べたときは、苦手だ~と思ったんだけど
2回目に食べたときは、あれ?いけるかも?と思い
今回は、あれ?美味しいね?と思った(笑)

ザガンサのコースでいただくデザートはいつもこれなので
「またキミか」と笑いながら食べるのが、ひとつの楽しみでもあります。(^м^)プププ・・・
a0102153_10305441.jpg
ちょうど食事が終わった頃、席にも雨が降りかかるくらいの豪雨に・・・
雨がかからないソファに移動しましょ
a0102153_10223625.jpg
ベッドルーム棟に移動するのもままならないくらいの豪雨。

緑いっぱいのヴィラにいれば、恵みの雨と感じるけれど
きっと今、まるで川のように洪水を起こしている道もある。

自然は人を癒してくれるけれど
自然の猛威は、ときに人が安らぐ場所を奪う。

オープンリビングで、BOSEから流れるガムラン音楽と、雨音に囲まれて
2人で静かに過ごせる時に感謝しながら、ゆったり過ごした夜でした。
a0102153_10531036.jpg



☆拍手、コメントありがとうございます!以下、拍手コメへのお返事です。

More・・・拍手コメありがとうございます*
[PR]
カユマニス・ジンバランをチェックアウトしたあとは
ホテル内のレストラン Tapisでランチをいただきました。

こちらのレストランは、ヴィラを改装した感じで
プールのまわりに小さなBarスペースもありました。

庭が見える席も素敵でしたが
大雨が降っていたため、湿気の少ない屋内席へ。
a0102153_1065916.jpg
いつもカユマニス滞在時に大変お世話になっている、大好きなスタッフYさんとランチです。

バナナのモクテルの飾りが、可愛らしいこと♥
a0102153_10194512.jpg
ミーゴレンとナシゴレンをいただきました。
シェフは日本にいたことがあるそうで、和食メニューもあり
ナシゴレンの海老も、フリットというより天麩羅みたいで、美味しかったです。
a0102153_10224715.jpg
そして、楽しみにしていたのがデザート。ジンバランにはパティシエさんがいらっしゃるそうで、メニューには、インドネシア各地の名前が入った力作スイーツがラインナップ。酒を愛する辛党の私には嬉しい、甘すぎない大人スイーツで、美味しかったです!
a0102153_10332128.jpg
食後はカプチーノをいただきながら、ゆっくり・・・

Yさんはヌサドゥアの日本人ゲストリレーションから、カユマニス全体のセールスさんになったので
図々しくも「会いたーい!」とラブコールして、会っていただいちゃったわけでしたが
このときお会いできて、どれだけホッとしたことか・・・。

楽しく素敵な時間を過ごさせていただき、感謝です♥
a0102153_10343114.jpg
とっても短い滞在で、雨も降っていたので、パブリックスペースをゆっくり見られなかったのが残念なカユマニス・ジンバランでしたが、椰子の木いっぱいで敷地広々、素敵なホテルでした。
a0102153_10433062.jpg

[PR]
バリ島で迎えた最初の朝。
a0102153_12192961.jpg
雨期らしく、しとしと雨が降っている中、ヴィラで朝食をいただきました。
a0102153_12253058.jpg
アボカドジュースとパイナップルジュース。最初の朝のフレッシュフルーツジュースは身に沁みる。

MASAやんは、ここに来たらとりあえずの、カユマニストースト。
3つのカユマニスで食べたけど、どこも少しずつ個性があります。
ここのは、パンのカットが大きくて厚く、もっちりしていて、食べ応えありでした。
a0102153_1226238.jpg
黄身とろ~りの、エッグベネディクト。
a0102153_12332283.jpg
私は、トリュフエッグと、苺のパンケーキ。
しょっぱいと甘いを両方がっつり食べる。旅の朝の幸せ。
a0102153_12374818.jpg
「このトリュフエッグには・・・酒が要る・・・」
そう呟いて、冷蔵庫にビンタンを取りに行ったmaiさんでした。
a0102153_12404935.jpg
緑に囲まれたダイニング。
鳥が遊びにくる平和な朝に感謝・・・・。
a0102153_12444452.jpg
パラパラと小雨が降っていましたが・・・時間の限り、プールも満喫しました。
a0102153_12462492.jpg
カユマニス・ジンバランは、ヴィラの庭にも高い椰子の木があって、南国気分いっぱいでした。
元々育っていた椰子の木を切らずにヴィラを作ったので、ヴィラごとにそれぞれ形が違うそうです。

雨じゃなかったら、ジンバランビーチにも散歩に行きたかったんだけど・・・
その分、ヴィラでゆったり過ごせたのも、良かったかな。



☆拍手、コメントありがとうございます!以下、拍手コメへのお返事です。

More・・・拍手コメありがとうございます☆
[PR]
最後のディナーは、ガンサのGong Restaurantにて、インドネシア料理をいただきました。
a0102153_10191396.jpg
こちらは、森の中にひっそり在るような佇まいと、優しい灯りが素敵なレストラン。
メニューの文字を見るのはちょっと暗めだったのですが…
(前回ディナーをいただいた時の日記はこちら

今回は、ハンドライトがありました。これは便利。
a0102153_10245946.jpg
「なんか物ボケしてよ」という嫁のムチャブリに、素直に応えてくれる旦那様・・・
(※まだ他にお客さんがいなかったので、遊んでしまいました~スミマセン)
a0102153_10292023.jpg
この旅のベストショット☆
a0102153_1030418.jpg
この旅最後の夜に…ビンタンで乾杯!
a0102153_10193224.jpg
さて、楽しみにしていたゴン・レストランのインドネシアンディナー。
そういえば、バリ旅最後の夜にインドネシア料理でシメるのは初めてかも。

スパ・デイパッケージに付いているのは、
リスタフルスタイル(バリの様々な伝統料理の盛り合わせ)のディナーなのですが。

以前宿泊時にそれはもう体験されているので…というガンサさんの計らいで
なんと今回は、シェフ・ソンデルさんのスペシャルディナーをいただきました。
a0102153_1047267.jpg
しかも、私の肉嫌いを覚えていてくださって、またしてもフィッシュベジタリアンのコース。
もう~・・・(涙) カユマニス&ガンサさんのホスピタリティの温かさには、感激しきりです。
a0102153_12154689.jpg
どれも美味しかったけど、特に魚のスープは、唸る美味しさ!
超~豪華ナシチャンプルの体でいただきました。贅沢~!
a0102153_10511261.jpg
食事が終わってデザートとコーヒーでゆっくりしていた時。
なにやら、Hさんがニコニコと「スペシャルゲストですよ~」。
カユマニス・ウブドでお会いできなかった、Aさんではないですか!

たまたま、他のご用事でガンサに寄られたそうで…少しの時間でしたが、色々とお話できて良かった。
バリの神様が起こしてくれた偶然ですね~といいつつ、、
きっとカユマニス&ガンサの女神様たちの連絡網のおかげでしょう。感謝です...*
a0102153_1105011.jpg
食いしん坊のMASAやんのために、Hさんが、ガンサの新朝食メニューも見せてくれました。

今までは、洋食メニューが少なかったガンサですが。今年2月より、ガンサ・トーストができて。パンケーキも、オレンジだけでなく、その他色々なフルーツが入った「各種パンケーキ」なるものが新登場したとか。7月に泊まった友達一家が食べていたパンケーキが超~美味しそうで!これはまた、ガンサにも泊まりに来なくてはね。


あっという間に、ガンサを出て、空港に向かう時間。
記念にHさんと写真を撮って、お別れしました。
ガンサの門をくぐれば、いつでも明るい笑顔で迎えてくれたHさん。出会えて良かったです*
a0102153_1144349.gif
見送りに来てくれたカユマニス・ヌサドゥアのバトラーEくんとも、空港でお別れ。
幸せな時間を、ありがとう。また、来年会いましょう。それまで、お互い元気で!

名残惜しいけれども、空港入り口のセキュリティゲートが長蛇の列だったので、時間がなく...。
逆に彼の車を、手を振って見送った。


a0102153_11102286.jpgそして、空港に勤務している友人にも最後に会えて、賑やかで淋しい出発となりました。

あとで開けて、と手渡された、小さな可愛らしい包み紙の小箱。中には、あの夜飲んで喋っていた時に、MASAやんが何気なく「失くしちゃったんだよね~」と話していた物に代わるものが、入っていた。これは...一生大事な大事な宝物...。この嬉しい気持ちをお返ししに、またバリ島に行こう。。。
a0102153_11502010.gif
JLの帰国便の機内食は、バティックの袋に入ったお弁当セットになっていました。

a0102153_11282789.jpga0102153_11283662.jpg
さっきまで元気だったのに、脱力感からか、急にまたぐったりしていた私。
お弁当を食べる元気はないなぁ、と言って眠った。
明け方目を覚ますと、MASAやんが、私の分のお弁当まで食べていた・・・
a0102153_11341011.jpg
のーんびりして、たくさんの人にふれあえて、幸せだった今回のバリ旅。

このところ旅行記ブログは、長く旅気分を楽しもうとして、勿体ぶっているうちに飽きて放置、というパターンだったので。今回は、幸せな気分に浸っているうちに綴り終えよう!・・・なんて言いつつ、3ヶ月も引っぱりました。ゆるーい旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました。
a0102153_11455895.jpg
いま、日常で頑張りたいことがあるので、次の旅は来年かな。
それまで、「まんぼトラベル」はお休みに入ります。
お時間ありましたら、日常日記↓ のほうを覗いてみてください。

mai room2
[PR]