タグ:バリ島*街歩き ( 9 ) タグの人気記事
朝食後は、少し食休みしてから、ウォーキングに出ました。
いくら、まったりのんびり食満喫の旅とはいえ
ここまで9日間、ひたすら「食っちゃ寝」していたら、体力も有り余るってもんですemoticon-0136-giggle.gif

4月から毎夜1時間のウォーキングを日課にしているMASAさんは、
張り切ってウォーキングウェア&シューズを持参していました。
a0102153_1049145.jpg
そのわりに、ここまでウォーキングしてないじゃないか??

だって、穴凹だらけのバリの道。
私たちのような観光客が、、
散歩に出られる場所はあれども、ウォーキングに出たいと思える場所は
歩道も車道も整備されて安全な、ヌサドゥアの、ゲート内くらいだったんだもの~。

ゲート内には、ゴールデンレトリバーを2匹乗せたセキュリティカートがパトロールしていたり。
ポリシ(警察)のオフィスがあったり。安心して歩いて回れました。
a0102153_10554583.jpg
とりあえず、カユマニス・ヌサドゥアのエントランスを出て、右へ。
a0102153_1113559.jpg
1971年から、インドネシア政府がバリの観光化を促進するために造られたリゾートタウン、ヌサドゥア。世界的なホテルチェーンの大型ホテルが建ち並び、確かにローカル・バリの面白さはあまり感じられないエリアではありますが。”バリ旅=リゾート旅行”の我が家にとっては、このリゾート・リゾートした雰囲気、これはこれで、いいんじゃね?と思うわけです。

あちこちにある、動物の姿のオブジェ。何かと思ったら、ゴミ箱でした。
a0102153_11152871.jpg
Three wise monkeys(見猿・聞か猿・言わ猿)のオブジェがいた噴水。

昔会社の先輩に、上手く社会を生き抜くコツは「見て、聞いて、言わない」ことだと
教えられたのを思い出す。なんとも深いお言葉…。
a0102153_11213142.jpg
ガイドブック・地図を持っていなかった私たち。北ゲートに着いてしまって、道がわからないので、折り返して、カユマニス・ヌサドゥアに戻って、反対側(ホテル出て左)に進んでみることに。目的は、体を動かすことなので、歩くのはどこでもいいのだ。歩け~歩け~♪
a0102153_11295447.jpg
南国らしい鮮やかな花が、たくさん咲いてます。
a0102153_11293133.jpg
自転車に乗るチャイニーズ
全身キメキメ・ウェアで走るヨーロピアン
写真を撮りながら歩くジャパニーズ(←私のこと)

イメージ通りの各国旅行者が、のびのび休暇を楽しむ風景
a0102153_11322817.jpg
バリ・コレクションのあたりまで来たので、そろそろ海辺に出て、折り返すことにします。
a0102153_1134967.jpg
白砂のビーチ、珊瑚礁のラグーン。穏やかなヌサドゥアのビーチです。
東部北部のビーチに比べると、ここは、ちょっと磯くさい...かなぁ...;
a0102153_11384826.jpg
ビーチ沿いの遊歩道を歩いて、建ち並ぶ大型ホテルの賑わう光景を眺めて歩くのが、楽しい。プールだったらこのホテル、ビーチチェアはこのホテル、バーはこのホテルがいいなぁ...なんて、それぞれのホテルで異なる雰囲気を見て歩くのも面白い。ビーチバレーのコートや、子供の遊び場、バドルボードのレンタルなどもありました。
a0102153_11484467.jpg
今は、私たち夫婦2人の希望やら欲望を満たすべく選ぶと、ヴィラだったり、静かな中規模ホテルが多いのだけど。いつか子供を授かったときや、家族・友達との賑やかな旅行になったら、こうゆう大型ホテルでわいわい過ごのもいいな。ドーンと大きなホテルの明るく開けた雰囲気も、また良し。
a0102153_11501928.jpg
カユマニス・ヌサドゥアのプライベートビーチに到着。
a0102153_11504452.jpg
細道を歩いてホテルに帰ります。
a0102153_11525094.jpg
このチャリの荷台に乗せてもらって、ホテル⇔ビーチを行き来することもできるそうですが。
重量オーバーでお断りされるか?!…と、不安だったので(笑)、自力で歩いて帰りましょう。
a0102153_11564665.jpg
ホテルのビーチ側出入口に到着。ただいま~!
1時間ほどのウォーキング。いい汗かいて、いい運動になりました。
a0102153_13315825.jpg
ロビーで鍵をもらうついでに、バスタブの不具合を見てもらうようにお願いした。
ニコラス・ケイジ似のMr.Bさんがいらっしゃって、すぐ!に、修理の手配をしてくださった。

Mr.Bさんは、相変わらず丁寧な方で。こちらもペコペコしつつ話しているうちに、最後は正座してしまうんじゃないか?…というくらい、腰の低いお方。ウブドのMr.Sと同じく、この方も、実は只者ではないな…と思っていたら、ヘッドバトラーさんでありました。
a0102153_12103963.jpg
ヴィラに戻って、シャワーを浴びて、プール遊び。
滝に打たれるMASAやんさん。
a0102153_12141855.jpg

[PR]
a0102153_1234316.jpgスミニャックに着いたら『Colonial Living』でランチをしたかったので、タクシー運転手に住所と地図と写真を見せる。「このお店わかる?」「OK OK~」というので安心して乗っていたんだけど、Jl.Raya Kuntiに入ったところで「...わからない。地図の場所にお店がない」。ほんとに~?(単に道が違かっただけ。笑)。

「歩いて探すからココでいいよ」と、止めてもらった。

タクシー代はRp.38,000(この時のレートで340円くらい)。Rp.100,000札を渡すと、「おつりが無い」らしい。困った。おサイフに入っているのは、Rp.100,000札×数枚と、Rp.5,000×4枚と、クレジットカードのみ。どうしよう~?待っててもらって両替か買い物のお釣を...と思っていたら、「いいよ、そのRp.5,000、4枚だけ(180円くらい)で」と、マケてくれた。「目的地まで辿り着いてないから」と言ってくれたけど、半額くらいになってしまったし、日本円で考えるよりも、その差は大きいんだろうなと思うと申し訳なくて、「ごめんねぇぇぇ!!」と謝って車を降りた。
a0102153_14161021.jpg

Jl.Raya Kuntiにいるんだから、『Colonial Living』はすぐ見つかるでしょ~と地図を見ながら歩いて行ったんだけど...そこに行くには、信号が見当たらないSunset Road(車がビュンビュン走る大通り)を渡らなければならず...。 
コレ、徒歩で、どうやって、行くの? ... ・∀・ ?
まだお腹もすいてなかったので、、、諦めることにした。


つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
サンライズブレックファストから戻ったのが朝7:30頃。この日の予定は午後のスパだけだったので、何しよっかー? とMASAちゃんに相談しに行ったところ...既にPCを繋いで仕事中。午前中は、片付けなきゃいけない仕事をやるらしい。彼は普段はノホンとした顔をしているのだけど、仕事になると形相が変わる。私も初めはリビングで本を読んでいたのだけど、MASAちゃんが相当厳しい顔をして、「バリまで来てこんなんやらなあかんなんて...サラリーマンの限界...」などとブツブツ言っていたので、これは、嫁は周りをウロチョロしていないほうがいい、どこかに避難しよう1人で仕事に集中させてあげよう、と決めた。
a0102153_15133034.jpg

買い物で歩き回るのが好きではないMASAちゃんはスミニャックに行きたがらないので、たまには1人でプラプラしに行ってみよう。...ということで、とりあえず、ガンサの無料シャトルで、クタのセントロまで乗せていってもらうことにした。


※今回はいつも以上に個人的な記録なので、ゾンザイな文でスミマセン。

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
次は、バリ・ヒンドゥーの最高神サンヒャン・ウィディが祀られているジャガッナタ寺院へ。
a0102153_14263349.jpg

この日は無月のお祈りをしていたため、見学はここまで。

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
今朝のWSで、JALの燃料サーチャージが4月から9割値下げというニュースが流れてました。そうなると、途端にカレンダーを眺めて、特典無料航空券の発券予定を立てちゃったり...^^*
今年こそ!と思っているフロリダは、これまでは2人分だとサーチャージだけで10万円超えしてたので、だいぶハードルが下がるかも。今年のスーパーボウル開催地がタンパだったので、行きたい熱が上がってます。JL公式発表が待ち遠しいなぁ。

★★★


デンパサールシティツアーの続きを。

次は、クンバサリ市場に向かいました。デンパサール州都でも最大の伝統市場だそうです。
a0102153_1993178.jpg

地元の人々が集まる市場では、ウッキウキに浮いちゃう明らかに日本人観光客な私たち。バトラーAくんにしっかりくっついて行きます。

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
今回のガンサ2泊は
★デンパサールシティツアー&バリニーズスペシャルディナー
★ルバブスパ2時間+ウェルカムマッサージ15分
付きのパッケージでした。

2泊の短い滞在なのだから、デンパサールに行かずにヴィラでゆっくり...とも思ったのだけど、海か山でまったり型の我が家には、自力でデンパサールの街を歩く機会ってないんじゃないかと思ったので、ガンサカーで連れて行ってもらってバトラーさんに案内してもらえる時に行ってみよう! ...ってことで。

チェックイン後ちょっと休んでから、16:00にデンパサールシティツアー出発。
a0102153_1511621.jpg


つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
                       *16.DEC.2007*

SPAから帰ったら、父母がチェックアウトを済ませて、アラムジワの小さなフロントでランチを食べ終えて待っていました。

母は12月の繁忙期に長期で休みが取れなかったので、ウブド3泊のみで先に父母は帰国します。まだ会社員として働く母は、短い旅だったけど、、、リラックスできたかな。観光が多くて買い物の時間があまりなかったのが物足りなかったかな^^  多趣味でリタイア生活を満喫している父は…観光もホテルも、とても楽しんでいたのようなので良かった。ホテルでスケッチをしたりプールで泳いだり、一番満喫してました。

このあと父母は、日本からWEB予約していた日本語ガイド付きカーチャーターで観光に行き、夕方また私達と合流してディナー、そのあと空港に向かいました。

a0102153_2215853.jpg最後に、観光でお世話になったドライバーのロイヤルさんが、バリ島の天然塩をお土産にと持って来てくれました。市場で売っているのはキレイだけど味がない、これは美味しい塩だから、、、と朝買いに行ってくれたそうです。嬉しい~*

ロイヤルさんは穏やかで日本語が上手で、父母のお気に入り。初めて訪れたバリ島の良い思いではこの人のおかげじゃないかな。また会えるといいな。

a0102153_2282573.jpga0102153_229697.jpga0102153_2292311.jpg
お世話になりました、アラムジワ。今回は外出してばかりいたので、あまりホテルスタッフには会っていないけど、マニックさんを初め、みんな接しやすくてホッとします。

父母の泊まったKENARIは良かったけど、私達のCASUARYはちょっと古さが気になったので(洗面シンクの栓が抜けなくて、壊しました、私)、次にウブドに来るときは、新しいアラムサンティか、リノベ済だというインダーに泊まってみたいかな。でもCASUARYのバルコニーからの景色は捨てがたいし、悩むなぁ、、。

a0102153_22191494.jpga0102153_22193535.jpga0102153_18182449.jpg
ばいばい、アラムジワ。
(↑右の絵は、父がホテルお留守番中に描いてたスケッチ画*)

父母はガイドさんが迎えに来たので、スーツケースを積んで観光に出発。私達もチェックアウトを済ませて、アラムジワカーで、カユマニスウブドに送ってもらいました。楽しみにしていたランチにGOです♪


おまけ


More→ 父母の観光は・・・
[PR]
海外といえばパッケージ旅行。ガイドブックも、地図もあまり見ない。昨夜ングラライ空港に到着し、車で真っ暗なニュークニン村に連れてこられ、目が覚めたら窓の外は、山と田んぼ。

初めてバリを訪れた、そんな両親のため、とりあえずは、ウブドの街をうろうろしました。

アラムジワはモンキーフォレストを越えるので街からは離れますが、
ウブド内送迎があるので、暑くても気軽にお出かけできます。
a0102153_14104227.jpg
プリ・サレン・アグン。ダンスの日程表を調べたら、今回ここにダンスを見に来ることはなさそうだったので…。まずはここで車を降ろしてもらいました。
a0102153_14112446.jpg
セレモニーの準備かな?
a0102153_14114317.jpg
バリっぽい割門や石像を見るのは初めてな父はデジカメでパシャパシャ写真を撮ってました。
「みんなチェックの布巻いてるんだね~」   
・・・なんでだろうね? 白と黒で善と悪を現してると聞いたことがあるような。。。
a0102153_14121348.jpg
では次、メインストリートを歩いて、お買い物に行きましょう。快晴+雨季の蒸し暑さで、ちょっと過酷な街歩き。母は、日傘をさし、マフィアのドンのようなサングラスをかけて、しかめっ面で歩いてます(笑)。

王宮からモンキーフォレスト通りに入ってすぐのAHIMSA。ここは可愛いリゾートワンピースがあるので、バリで着るコットンワンピを買いました。汗をかいても気軽に洗えるワンピースを。バッグも色々あるし、ちょこっとした女の子向けお土産も。
a0102153_1414579.jpg
日本に比べたら、すごく可愛いお値段なので、買い物欲が沸きます。ここに入ったら、突然母が元気になりました。やっぱり女性は買い物好き。仕事仲間のお土産に…と、キャッキャと選んでました。親しい人へのお土産に選んだワンピース、柄の入り方がどうのこうの、入り口のボディが着ていたの脱がせて買ってました。男性陣は、ひま。MASAちゃんは、いつのまにか、ちゃっかり店員さんに椅子を貸してもらったようで、座ってウトウトしてました。
a0102153_14143791.jpg
キラキラサンダルがずらりと並ぶ「AMI」。ここは値段がついていないので、自分用とお土産に4足買って、お値段交渉。ビーチやベランダ履きにちょうどいいペッタンコサンダルですが、キラキラしていていいかんじ*
a0102153_14145619.jpg
サッカー場で左に折れて、デウィシタ通りへ。へんな顔像あるお店とか、ぷらぷら歩いて行きました。
a0102153_14151359.jpg
閉まっているお店(まだ開店前?)が多かったのかな。人があまりいませんでした。
a0102153_14154381.jpg
お父さんが歩きながら撮っていた街の写真。
a0102153_1416912.jpg
人が写ってません。
a0102153_14162840.jpg
歩いている人にほとんど出会いませんでした。クリスマス~年末年始の旅行ピーク前だったので、観光客がとても少ないと、ホテルの人も言っていました。
a0102153_14164339.jpg
ゴータマ通り → ラヤ・ウブド通り → ハノマン通り … と、気になったお店をのぞきつつ歩いて行ったのですが、この日は本当に暑くて…。気が付いたら、汗をタオルで拭き拭き歩いているうちに、ファンデーションがすっかり取れたようで、お母さん!すっかりスッピン状態に…。お買い物は後日に回すことに。ごめんね、もうすぐお昼ごはんですよ~。

歩いてきた道に、たくさんあったのが、絵画のお店。去年から絵を習っている父は、風景の絵がほしくて、好みの画風のお店を探していたようです。なかには斬新で芸術的過ぎる画もあるからね。特に有名な作家さんのものがほしいとかではなくて、ちょっとした風景画がほしかったみたいです。
a0102153_1418527.jpg
モンキーフォレストのほうまで南下してきたところで、優しい雰囲気の、山と棚田の水彩画を買いました。交渉して半分くらいのお値段になったので、お父さん、満足そうです。
[PR]
アラム・ジワは、ウブド内なら無料でトランスポートしてくれるから便利。車の数は限られているので、出払っている時は、のんびりヘッドオフィスの周りで待ちます。予約をしていてもいいのですが、急いでいない時は時間にこだわらずに用意が出来次第部屋をでて、ホテルスタッフと話したりしながら車を待っているのも楽しいもの。そして、他の宿泊客と相乗りになったときは、お話しするのも楽しい。
a0102153_20565479.jpg
アラム・ジワの門前。地面に、石で「WELCOME」という文字が入っているの、見えますか?バリでは地面に柄や文字が細工されているのを良く見かけます。硬い靴じゃなくて、裸足でそっと歩いてあげたい可愛らしさです。
a0102153_2058021.jpg
今回の旅は、寺院見学などの観光はしなくていいかな・・・ということで、滞在初日の午前は、まず、お買い物へ。可愛いお店が並ぶハノマン通りから、おしゃれなデウィシタ通りに入り、サッカー場の所でモンキーフォレスト通りに入るコースで回ります。

バリでは、ストリートのことを「ジャラン」と言います。2回続けて「ジャランジャラン」と言うと、「お散歩」という意味。お店のウインドーを覗きながら、のんびりジャランジャランしてきました。

ハノマン通りで車を降りたら、こんな石像が寺院の前にありました。ハノマン(猿)の像。
a0102153_20591584.jpg
寺院の中は人がいっぱいで忙しそう。この日は、プリアタンで大きなセレモニーがあったらしく、地元の人々は直前準備で忙しそうでした。大きな公開火葬があるからと、マニックさんも、行くなら連れて行ってくれると言っていましたが・・・。迷ったけど、短い滞在で予定を決めてしまっていたので、結局行かずじまい。

デウィシタ通りのnilakandiというお店で、コットンワンピースを買いました。
a0102153_2114050.jpg
MASAちゃんは、立ち寄ったシルバー屋さんで、きれいなシェルのついた、シルバーネックレスを買いました。なかなか、コレ!と気に入るペンダントトップがなかったんだけど、物静かな男の子の店員さんが、すごく一生懸命提案してくれて、接客が素晴らしかったので、次第に2人して、「この人から何か買って帰りたい」という気分に。結構時間がかかって、最後に彼が進めてくれたシェルのヘッドがとても気に入ったので、これに決定。
a0102153_2125220.jpg
こちらは、KOU。オーガニックソープのお店です。
a0102153_213598.jpg
無添加の小さい石鹸が、キャンディのように包装されていて、7種類くらいありました。
どれも、やさしくて良い香り。
a0102153_2142265.jpg
MASAちゃんは、一週間休暇をもらったので、仕事で関わる方々に、ここのソープを大量に25個位、まとめ買い。1個70~80円くらいとお手ごろなので、家にもいくつか買いました。香りモノ大好き。
a0102153_2143629.jpg
アタもまとめ買いしました。モンキーフォレスト通りにある、WARDANI SHOPという広いお店。値段がついてるお店だけど、まとめ買いしたら、ちょっとディスカウントしてくれました。ランチョンマット 4枚、 コースター6枚セット、 ワインラック、 トレー、 このほかに、こっちでワンピースを着てレストランに行く時にちょうどいい、ビーズとスパンコールがぎっしり付いたゴールドのバッグを買って、Rp510,000 ( ≒ 6,120円)だったのを、ちょっとディスカウントしてもらって、Rp 440,000 (≒ 5,280円)でした。
a0102153_2161383.jpg
ウブドは可愛いお店が多いので、お土産買いは、ビーチエリアに行く前にほぼ済ませました。
[PR]