タグ:バリ島*アクティビティ ( 21 ) タグの人気記事
ウブドに行ったら、ライスフィールドや森の中を散策したい!
こんな本を読んで、どの辺りを歩こうかと色々考えていたものの…。

なんせ、ホテルのダイニングからヴィラまでの通路も満足に覚えられない私たち。
そして、ウブドの道にたくさんいる犬が怖い、ヘタレな私たち。。
a0102153_13401731.gif
カユマニス・ウブドには、ガイドと一緒に自然を探索する
無料のトレッキングツアー・サービスがあったので、それに参加することにしました。

朝7:00にホテルロビーに向かい、ガイドの青年と一緒に
アユン・リバー・トレック(AYUN RIVER TREK)に出発です。
a0102153_1351585.jpg
以前ウブドの田んぼ道を散歩したとき、虫や草が足に触れてかゆかったので
今回は準備万端、スニーカーブーツを持って来ました。
a0102153_14183577.jpg
まずは民家の間の道を抜けていきます。
森の木にロープを渡して、洗濯物が干してあったり…
a0102153_1412416.jpg
朝早いからか、寝グセ頭のガイドくん^^ ちょっとクセのある英語を話すので、小川を越えるときに「ジャンプ!」と言われて、「ジャングル?そうね~、すごいジャングルね~」…というマヌケな返しをしてしまうことが度々ありましたが…親切な好青年でした。

10匹ほどの犬の群れに吠えまくられた道は、ガイドくんにガードしてもらって通過。。
a0102153_1465693.jpg
しばらく鬱蒼とした森を歩いたら、見晴らしの良い高台に出ました。
a0102153_14211729.jpg
ライステラスの向こうに見えるのは、フォーシ-ズンズ・リゾート・バリ・アット・サヤン。
a0102153_14242077.jpg
ライステラスを下っていくとアユン川に出るというので、川のほとりまで下りてみることにしました。
a0102153_14264128.jpg
ぬかるんだ畦道に埋もれながら、歩いていくと…
a0102153_14284652.jpg
アユン川に到着。このあたりは緩やかな流れでしたが、ラフティングコースにもなっている川です。
a0102153_14303564.jpg
バナナの葉の下で記念撮影。
(偶然同じ色の服を着てますが、決してペアルックではないです)
a0102153_14322025.jpg
また高台に戻り、しばらく歩くと、ライスフィールドに出ました。
a0102153_14341859.jpg
こんなに広い田んぼの間を歩くのは初めて!
a0102153_1435543.jpg
雨上がりだったようで、稲穂に滴る雫が光っていました。
a0102153_14352832.jpg
田んぼの間を進み…
a0102153_14363561.jpg
a0102153_1437426.jpg
この葉っぱは、バビ(豚)さんの好物なのだそう。
a0102153_14374769.jpg
この草は、バリ建築の屋根・アランアラン。
a0102153_14384497.jpg
田んぼから、急斜面を登っていくと・・・
a0102153_14391244.jpg
美しい風景に出会えました!
泥濘を歩いてきた甲斐があった風景を見ながら、深呼吸~。
a0102153_14394974.jpg
小さな川沿いをすすみます。
a0102153_14443316.jpg
「あの橋、渡ってみたいですか?」
「いや、そんな勇気はない!」
a0102153_1445927.jpg
ガイドくんは、子供のころよくこの川で泳いで遊んでいたらしい。
a0102153_14464868.jpg
ぬかるんで足元の悪い急斜面は、ガイドくんに助けてもらって滑り下りました。
思っているよりも身軽ではなくなった自分が悲しい・・・;
a0102153_14482462.jpg
カユマニス・ウブドの敷地内に帰ってきました。
a0102153_14515412.jpg
1時間とちょっとのトレッキング、お疲れさまでした~!
a0102153_14522840.jpg
1つの村のように広いカユマニス・ウブド。
こちらは、オーガニック食材のリフレッシュメントがいただけるディライト・コーナー。
a0102153_14544352.jpg
今回は利用しなかったけれど、パブリックプールもありました。
a0102153_14554674.jpg
自然に溢れながらも、きちんと手入れされて美しい庭。
a0102153_14575676.jpg
橋を渡って、ヴィラエリアに戻ります。
a0102153_1505531.jpg
これが、ホテルのプライベートブリッジというのだから、すごい…
a0102153_1513154.jpg
ロビーに着いて、冷たいアクアとおしぼりを用意してくれると、「それじゃあ~」と手を振って、ピョーンと走っていってしまった好青年ガイドくん。大変お世話になったのに、チップを渡す間も、お名前を伺うのも忘れたまま…。

すごく気さくな子だったし、子供の頃近くの川で遊んでいたというし…もしかしたら、カユマニス・ウブドのゲストを案内してくれる、近所に住む村の青年なのかもしれないねぇ…なんて話していたのだけど。

チェックアウトの際にロビーに行ったときに再会した彼は、白いユニフォームをパリッと着こなし・・・
紛れもなくカユマニス・ウブドのバトラーさんでありました^^
a0102153_15121863.jpg
ヴィラに戻ったのは8:30。
明るい青空が見えてきました。
a0102153_15214949.jpg
すっかり泥んこになったスニーカーは、外のシャワーで洗い流しました。
泥んこ畦道を歩いたり、小川を飛んだり・・・童心に返ったようで、おもしろかった!
a0102153_15282350.jpg
シャワーを浴びてさっぱりした後は、ヴィラにて朝食。
歩いたあとのゴハンは、とっても美味しい*
a0102153_1529099.jpg
フレッシュなトマトジュース。忘れられない美味しさでした!
a0102153_1530045.jpg

[PR]
ランチは、ディナーと同じく3コースのプリフィックススタイル。
お腹と相談して、2人ともスープ、メイン、デザートの3つをチョイス。

MASAちゃんは、冷たいカボチャスープ、マッシュルームのクリームソースフジッリ、海老チップ×チョコレートアイスのデザート(なんて無骨な、甘じょっぱスイーツ、、^^;)。
a0102153_16402334.jpg
私は、トマトスープ、ビーフンゴレン、バナナプディング。

メニューでは「チキンサテ付きのビーフンゴレン」だったのですが、ダメもとで「ビーフン食べたいんだけど、シーフードか、フィッシュか、ベジタブルでできます?」と聞いてみたら、「シーフード、OK」。で、運ばれてきたのが、この、かなり豪華なシーフードビーフンゴレン!

「おー!すっごい豪華!海老!海老!」と目を丸くして驚いたら、オーダーを受けてくれたスタッフさんが来て、すっごいドヤ顔で「メシアガレ~」(笑)。もちろん、すごく美味しかったです。
a0102153_16473767.jpg
食後にコーヒーを飲んでゆっくりしているとき…
MASAちゃんが、ものすごく平和な、菩薩のように穏やかな顔をしていることに気づきました。

なんでも・・・

旅行に来ると、いつもは、たくさんのメニューの中から、食べたいものと、食べられる量を厳選することが、楽しみでもあり、激しい葛藤でもある。ここに居ると、食欲との葛藤から開放され、かつ、体に良さそ~うなメニューばかりで、体内がキレイになる気がする。

・・・のだと言う。


・・・・・・・さすが、今年こそ男の健康を取り戻したい!という雑誌を読む人の悩みは、違いますね。
・・・・・・・人にはそれぞれ、様々な心の葛藤が、あるものなのですね。
a0102153_1701178.jpg
午後は、私はプールサイドで本を読んで軽く昼寝をしていたけれど
MASAちゃんは、またプールエクササイズに励んでいた。

頑張れ、おまさちゃん。
痩せてみたら、実はすごいイケメンだったりして。
という夢をみながら、嫁もダイエットを応援しています。
a0102153_1723789.jpg
14:30-15:30は、ロンタードローイングクラスに参加しました。

これは、乾燥させたパームツリー(ロンター)に、好きな文字や絵を描くアクティビティ。
昔のバリの人々は、紙の代わりにロンターを使っていたそうです。
a0102153_1711338.jpg
今回は、「しおり」を作ります。
D先生の描いたサンプル。細かい線が美しくてお見事!
a0102153_1713113.jpg
まずは鉛筆で、好きな絵を描いていきます。
私は、フランジパニの花と木を、さらさら~っと。
a0102153_17144661.jpg
何を描こうか思い浮かばなかったMASAちゃんは、近くにあった石像を真似て描いてみたらしい…
a0102153_17152614.jpg
D先生は、落ち着いた物腰と、大きなお子さんが2人いるという話から、40代くらいかな~?と思っていたのだけど。実は、34才だった。え、1コ上~?!

同年代だとわかると、急にフレンドリーになる私たち。

「先生、その年でそんなに大きなお子さんがいるとは、おマセだねぇ」
「わはは。バリでは、珍しくないよ~。君たち、子供は?」
「まだいないよ。早く授かるといいんだけどね」
「子供はいいよ、楽しいよ~」
a0102153_1821412.jpg
途中で、ジャムウの瓶が入った篭を頭に乗せたスタッフさんがやってきました。
バリに行くと、これを頭に乗せて歩く女性の、バランスのすばらしさに驚きます。
a0102153_17172878.jpg
ここのジャムウは、濃い色のものが女性用。濃厚な野菜ジュースのようで、わりと飲みやすい。
淡い色が男性用。これは・・・良薬口に苦し!

日中プールサイドにいると、何度かこのジャムウのサービスが回ってきました^^
a0102153_17221433.jpg
さて、えんぴつ描きが終わったあとは、彫刻刀のようなもので、軽く絵をなぞっていきます。
カーブがなかなか難しい…。

そのあとは、先生が細かく陰影を彫ってくれました。
a0102153_17325878.jpg
木の実を焼いて作った炭を塗りつけて、彫ったところに黒く色づけ。
仕上げにティッシュで余分な炭を落として…
a0102153_17343464.jpg
完成~!
す、すごいセンスだわぁ・・・(´∀`)

フランジパニは、まぁまだしも
「I ♥ BALI」のセンスには、D先生も、「Oh・・・な、ないす」って呟いていたもん(笑)
a0102153_1737814.jpg
D先生のお手本と並べると、あまりの安っぽい土産的センスに、大爆笑!
a0102153_17395671.jpg
それでも、D先生の繊細な陰影が彫り足されると、下絵の段階よりは、だいぶ表情に深みが増していたり、花の中心も3つとも違う陰影が付いていたり・・・・さすがです!
a0102153_17414132.jpg

さっそく、本に挟んで、「しおり」にしてみました。
閉じると、フランジパニの花が一輪…♪
a0102153_17445729.jpg
閉じると・・・・・・・(笑)
a0102153_1745161.jpg
「カユマニス・ヌサドゥアのバトラーEくんにプレゼントしようか?」
「・・・うーん、もらっても困ると思うよ・・・」
「じゃあ、YURIちゃん(義妹)へのお土産は、これでいいか?」
「・・・うーん、嫌われると思うよ・・・」
a0102153_17504936.jpg
参加していたのは私たちだけでしたが、それでも先生と3人で世間話をしながらの、楽しい物作り体験教室でした。これもまた、見ると笑いが込み上げる、いい想い出土産です^^*
[PR]
タナロット寺院前の海岸で「思わぬ水遊び」をしたあと、高台の売店に行ってココナッツジュースを飲みました。
a0102153_18594095.jpg

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
夜中には帰国しなければならない、バリ滞在最終日。バトラーEくんの運転で、タナロット寺院観光に出発しました。
a0102153_1634397.jpg
タナロット寺院は、バリ6大寺院(タナロット・ブサキ・ウルワトゥ・タマンアユン・プラタナンサシ・ゴアラワ)のひとつで、海の守護神が祀られています。岩の上に建立されたタナロットは、干潮時には地続きになって歩いて行くことができるそうですが(原則として異教徒は寺院内には登れないけど)、満潮時は↑のように、まるで海に浮かんでいるかのよう。岩島には神の化身である黒い蛇が棲み、海からやってくる悪霊を追い払っているそうです。神が舞い降りると言われる黄昏時には、タナロット寺院の向こうに沈む夕日が見られ、絶好の観光スポットになっています。私たちもそれを狙って計画してましたが、雨天順延で真昼の観光になりました。

2006年9月29日には、ここで約6000人のダンサーによる壮大なケチャが行われた...というのを、『世界ふしぎ発見!』の11/29放送回『進化する楽園 BALI』で知ったんだけど。あたし、その日バリにいたじゃーん!(深夜に帰ったけどね)。知らなかったわぁ。

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
次は、バリ・ヒンドゥーの最高神サンヒャン・ウィディが祀られているジャガッナタ寺院へ。
a0102153_14263349.jpg

この日は無月のお祈りをしていたため、見学はここまで。

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
今朝のWSで、JALの燃料サーチャージが4月から9割値下げというニュースが流れてました。そうなると、途端にカレンダーを眺めて、特典無料航空券の発券予定を立てちゃったり...^^*
今年こそ!と思っているフロリダは、これまでは2人分だとサーチャージだけで10万円超えしてたので、だいぶハードルが下がるかも。今年のスーパーボウル開催地がタンパだったので、行きたい熱が上がってます。JL公式発表が待ち遠しいなぁ。

★★★


デンパサールシティツアーの続きを。

次は、クンバサリ市場に向かいました。デンパサール州都でも最大の伝統市場だそうです。
a0102153_1993178.jpg

地元の人々が集まる市場では、ウッキウキに浮いちゃう明らかに日本人観光客な私たち。バトラーAくんにしっかりくっついて行きます。

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
今回のガンサ2泊は
★デンパサールシティツアー&バリニーズスペシャルディナー
★ルバブスパ2時間+ウェルカムマッサージ15分
付きのパッケージでした。

2泊の短い滞在なのだから、デンパサールに行かずにヴィラでゆっくり...とも思ったのだけど、海か山でまったり型の我が家には、自力でデンパサールの街を歩く機会ってないんじゃないかと思ったので、ガンサカーで連れて行ってもらってバトラーさんに案内してもらえる時に行ってみよう! ...ってことで。

チェックイン後ちょっと休んでから、16:00にデンパサールシティツアー出発。
a0102153_1511621.jpg


つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
断崖絶壁に建つウルワツ寺院では、美しいサンセットをバックにケチャダンスを観賞してきました。
a0102153_1720244.jpg


続きはMOREから


More
[PR]
この日は、ウルワツツアーに出かけました。

カユヌサ滞在中は、どこにも行かずにヴィラでのんびりする予定だったのだけど、2日目の朝に滞在中の予定を聞きにきたバトラーE君が進めてくれたウルワツが良さそうだったので、行ってみることに。

…実はウルワツが魅力的だったというよりは、、、E君の勧め方が熱心だったというか、彼の気持ちの良い話し方に惹かれて、行くことを決めました。彼は容姿もスマートなのだけど、何だか独特の雰囲気がある人で。MASAちゃんも私も、彼に案内してもらったら、楽しい旅の思い出ができるんじゃないかなという気がしたのです。

        
ウルワツはサンセットがきれいなところなので、夕方に出発。ウルワツに着く前に、どこか寄り道してもOKとのことだったので、ドリームランドビーチに連れて行ってもらうことにしました。
a0102153_19254278.jpg
a0102153_192828.jpg
逆光で、シルエットしか写ってないんだけど...。大きな石像のあるゲートを入りました。
a0102153_1927501.jpg
この辺りは新しくリゾート地として開発をしているところで、大きなホテルやゴルフ場を建設中でした。ウルワツはサーフポイントでもあるので、サーフィンとゴルフを両方楽しめる、いわゆるサーフ&ターフなリゾート地ってわけですね。
a0102153_1930376.jpg
まだまだ開発中の地・・・・・・オフロード走行は揺れる揺れる~!! 
ディズニーシーの「インディー・ジョーンズ・アドベンチャー」に乗ってる気分です。

あたしが悲鳴を上げている横で、MASAちゃんは揺れを利用して「我々ハ、宇宙人ダ」と宇宙人ごっこ。
バトラーEくんは日本語がわかんないし、私は車酔い寸前だから、誰も笑いませんよ・・・。
a0102153_19373496.jpg
ひ~…+∀+   ぐったりして車を降りたら...すぐ近くに牛さんがいて超びっくり。
近寄ってはきませんでしたけどね。
a0102153_19444958.jpg
荒野の向こうに、海が。
a0102153_19435017.jpg
廃屋跡のような階段を下りていくと…
a0102153_19472263.jpg
透き通ったきれいな海が広がっていました。夕方だから、暗く写ってしまってるのが残念。

もっと青く美しい海が広がるビーチは世界にたくさんあるけれど・・・

千葉の北のほうの、グレーの海でサーフィンすることに慣れているMASAちゃんにとっては
ここはまさにドリームランド!
a0102153_204783.jpg
降りてきた階段。こんな岩場でした。
a0102153_206071.jpg
カボチャのような形の岩^^
a0102153_2071991.jpg
左のほうに歩いていくと、ビーチチェアが並んでサーフレスキュー小屋もありました。きれいな海と、この荒廃した雰囲気のコラボが不思議~。これから開発が進んだら、ここもオシャレなビーチに変わるんでしょうね。そしたら地形も変わるんだろうなぁ・・・。
a0102153_20141836.jpg
波打ち際の海水が、きれいな透明なのがわかるかな?
a0102153_2015944.jpg
この時はボディボーダーが数人しかいなかったけど、早朝はサーファーで溢れるそうです。バトラーEくんに「やらないの?」って言われたけど、、、いつでもクリーンなカユマニスカーで送迎していただいてサーフィンなんて、恐れ多くてできませんって。この辺りのホテルに泊まって朝から海に入ったら気持ちいいだろうな~。


そろそろ車まで戻ります。崩れかけた石の階段は、帰りのほうがキツかった・・・。
写真を撮りつつ歩いていた私は、気がつけばかなり遅れをとっていました。
a0102153_20252610.jpg
「待ってよ男子~」 「遅いぞ女子!」な図。
a0102153_20284526.jpg
用意周到・ゲストに優しいカユマニスカーは、おしぼりもジュースもあります。
けっこうハードで汗をかくお散歩だったので、これはありがたい♪

さて、そろそろ夕暮れ時。次はウルワツに向かいます。

※コメント&TB欄をお休みしてますので、ご連絡・ご質問・お気軽なコメント等は<リンク>にあるMailでお願いします♪
[PR]
                       *15.DEC.2007*

今回バリでは4回ダンスを観にいきました。バリ芸能に興味がなかった私が4回もっ。

この日の夜も、カーチャーター終了後は、マッサージに行って、ゆっくり夕食、早く寝ようと思っていたんですが、ドライバーのロイヤルさんが「今夜、親戚の家でダンスがあるんですが、観にいきますか? 従兄弟とか甥っ子姪っ子とか95歳の大叔母も踊るんですよ~」とのお誘い。

いえ、今夜はスパに…と言おうとしたところ、「行きます行きまーす!」と父。ガイドブック情報でいっぱいの私達と違って、好奇心旺盛なお父さん。どうせダンスを観るなら有名なところのレゴン…と思ったけど、お誘いに乗ってみることに。

19時にホテルを出て、バトゥアンへ。…バトゥアン?

ロイヤルさんの親戚というから、てっきりプリアタンあたりの近所だと思っていたら、ちょっと遠いバトゥアンでした。お腹がすいたまま車に揺られた私は、車酔いから、胃痛と頭痛。会場に着いた頃にはフラフラ。暑いのに寒気がする時に、親戚のお家のダンス発表会を観るのか…と、ちょっと落ち気味…。
a0102153_8362386.jpg

ダンスに詳しくない私は、すっかり「ロイヤルさんの親戚のお家で開かれるダンス発表会」だと思い込んで最後まで観ていたんだけど。

あとでちゃんと聞いたら、これはトペンの踊り手として有名なMade Djimatさんという人が率いる集団で、月2回だけ行われるガンブーという舞踊劇だったようです。早稲田大学の招待で12回も来日公演してるそうです。Tri Pusaka Cakti(Panti Pusaka Budaya)の"Masters Of Bali"を観てきました。

More → つづき・・・
[PR]