タグ:アジア*ホテル ( 48 ) タグの人気記事
シャングリ・ラのリゾートは、無料で参加できるデイリーアクティビティが充実している。
日替わりスケジュール制で、朝から夕方までバラエティ豊かなアクティビティあり。

4歳以上の子供だったら、子供だけで参加できる、キッズ・アクティビティもある。
これは、子供にとっては良い経験になるし
親にとっても、のんびり時間ができる。
我が家も、息子が4歳以上になったら、ぜひ体験してみたいと思った。


私たちは、朝9時から『CHIスパ』で行われた、ピラティスマットワークスに参加した。

ピラティスは、16歳以上~の参加だったので
息子は朝8時30分からベビーシッターをお願いして、キッズクラブで遊んでいてもらった。

ヨガが毎朝8時からと、毎夕5時から行われていて、そちらにも参加したかったのだけど
開始30分前からベビーシッターをお願いするとなると
朝食や夕食の時間を調整するのが難しく、ヨガには参加できなかった。
(ただし、ヨガの先生いわく、予約が他に入っていない場合は、子連れでもOKだとか)

a0102153_23052709.jpg

海にせり出すように建てられた、『CHIスパ』

a0102153_23060156.jpg

息子を抱っこ・おんぶする時期が終わり、すっかり肩こりや腰痛などの身体のつらさがなくなって、週一でジャイロ(バレエダンサーのリハビリのために考案された筋トレ運動)に通うようになってからというもの、以前は大好きだったスパマッサージが、どうもくすぐったくてたまらなくなってしまい…

今回はスパを受けなかったけれど、この建物には入ってみたかったので
ここで開かれるアクティビティに参加できてよかった。

a0102153_23092317.jpg

庭に、スパパビリオンが点在していた。

a0102153_23095912.jpg

庭はきれいに手入れされていて、南国らしい鮮やかな花が美しい。

a0102153_23113972.jpg


正面奥に建つ、ヨガパビリオン。

a0102153_23102579.jpg
a0102153_23103763.jpg

小道をすすむと、すぐ海が広がっていた。

a0102153_23120049.jpg

ボルネオ島は、地震や津波の被害がないのだとか。
それゆえに、これだけ海に近いスパが建てられるのでしょう。

a0102153_23134564.jpg

オープンエアのスパパビリオン。
風が抜けて、とても気持ちが良かった。

a0102153_23140504.jpg
まるで海の上にいるような…
舟からの風景のよう。

a0102153_23154435.jpg

ピラティスの先生(ヨガも兼任らしい)。

見た目は、もたいまさこさんによく似ていて
喋りは、片桐はいりさんによく似ていて
私が好きな映画(『かもめ食堂』や『プール』あたり)に出てくる人のようだった。

呼吸の音が、ブシュー!プシュー!と、まるで機械のようにすごくて
鉄人のような先生だった。

a0102153_23184499.jpg

1時間のレッスン。いい汗かいて、気持ちが良かった。
美味しい物を食べてばかりの旅行中。
少しでも運動すると、食べてもいいような気になるような…。

できることならば、もっと参加したかった。

a0102153_23195806.jpg

それから、プールで遊んでいるときに始まった、アクアビクスにも参加してみた。

a0102153_23333179.jpg

ムッキムキのインストラクターが、ノリノリの音楽に合わせて
すごいハイテンションで動いていた、アクアビクス。

のんびりしたプールで、突如始まったので、最初はびっくりしたけれど
(スケジュールをチェックしていなかったから)

参加者も多く、音楽に合わせて動くのが面白かった。

a0102153_23361800.jpg

息子も参加…はできないけれど、なんとなく音楽に合わせてユラユラ。
周りの様子が面白そうだった。

a0102153_23364552.jpg

最初は、気軽に動いていたけれど…

水の中で体を動かすって、かなりきつい。
筋肉がないと動けないことを思い知る。

a0102153_23384950.jpg

インストラクターのシャープな動きと
自分たちのヨボヨボした動きとのギャップがおかしくて
お腹がいたくなるくらい笑った…

アクアビクス+笑いで、腹筋動かしたな…。


妙にツボにはまり、動画まで撮ってしまった。
たまに見返しても笑える。

見るだけで楽しくなるって、幸せだ…。

a0102153_23411916.jpg

リゾートホテルにこもって、アクティビティに参加して楽しむ。
こういう過ごし方が好きだ。

a0102153_23410307.jpg



[PR]
クラブフロアに宿泊すると、1Fレストラン『カフェ タトゥ』と、クラブラウンジ
どちらでも好きな方で朝食をとることができた。


【1F レストラン カフェタトゥの朝食】

最初の朝は、レストランに行ってみた。

泊まっていたキナバル・ウィングからだと、レストランまでかなり距離があった。
部屋からまずエレベーターまで歩き、2階に降りて、キナバル・ウィングの2階からメインロビーまで歩き、そこから階段を下りて、やっとレストランに辿り着く。

まっすぐ歩いてくれない2歳男児を連れていると
ここまででもいい散歩…というくらい遠い。

『カフェ タトゥ』は、とても広い。
屋内には席がたくさん並び、プールに面したテラス席にもテーブルがずらり。

テラス席のほうが景色はいいけれど、料理が並んでいるのは屋内だけなので
料理を取に行く手間を考えて、屋内席についた。

料理は、中華料理が一番多く、マレー料理、洋食、和食(かっぱ巻きや味噌汁)など種類豊富。
エッグステーションで卵料理もオーダーできる。
キッズミールのコーナーもあった。

…けれども、不思議と、食べたいと思うものが、あまりない。

料理の器はたくさん並んでいるが
なんというか、素っ気ないものが多いのだ。

ナッツだけ、チーズだけ、野菜だけ、お粥も味気ない
厚揚げのみを炒めたもの、青菜のみを炒めたもの…
料理というよりも、茹でたり炒めたりした食材が並んでいる…といった感じ。

せっかく作ってもらっておいて申し訳ないのだが
目の前で作ってくれるオムレツですら、味気ない。
私はどこでも、チーズとトマト・マッシュルームを入れてもらうのだが
ここのオムレツは、なんだか味がない。
久しぶりに、ホテルのオムレツに、塩やケチャップをかけて食べた。

クロワッサンやデニッシュのパンも冷たくて、あまり食べ進まず。
料理の写真は撮っていない。


このホテルに泊まった方が読んで、気を悪くされたら申し訳ない。

でも、前年にクアラルンプールで泊まったシャングリ・ラの朝食が良かっただけに
タンジュンアルの朝食は、あまりにも特徴がなかったのだ。


そして、このレストランは、賑やかすぎる。
大型ホテルだから客数が多いのは当たり前なのだけれど
料理が並んでいるのが屋内のみで、テラス席の人々もみな
テラスと屋内を行き来しないと料理を取りに来られないせいだろう。
屋内席に座っていると、常に席の周りに人が歩き回っているのだ。
これは、まったく落ち着いて食事ができない。

あまりにもゴチャゴチャと人の往来があり、スタッフも忙しいのか
コーヒーのおかわりをお願いしても、持ってきてくれることがなかった。
3回お願いしてもこなかったので、あきらめてクラブラウンジにコーヒーを飲みに行った。

a0102153_12242964.jpg
しかし、賑やかな分、子連れでも気を遣わずに食事ができるのは便利だった。

ファミリー・フレンドリーなこのホテル。
着ぐるみのスタッフが、子連れの席に回ってくれるのも面白かった。

a0102153_12351861.jpg
このおじさん、会うたびに、毎回違う衣装だった。

ちなみに息子は、この姿をみて、「あ!ミッキー!」と喜んでいた…。
ミッキーか…?

a0102153_12363364.jpg
この方、プールサイドにも登場。

a0102153_12373397.jpg
人を楽しませるのが好きなんだな~という感じの、朗らかなおじさん。
8日間の滞在中、何度も会えて、楽しませてもらった。

a0102153_12385770.jpg

【キナバル・クラブ ラウンジの朝食】

そんなわけで、クラブラウンジで朝食をとることが多かった。

クラブラウンジは、キナバル・ウィングにあり
エレベーターで1つ階を降りれば着くので、部屋から近い。

レストランに比べて、料理の品数が少ないのでは…と思ったけれど
並んでいる量が違うだけで、種類は充分だった。

ラウンジのビュッフェは、小皿に分けて置かれていたのも取りやすく
ラウンジに併設された厨房で作りたてのものが並ぶので
料理もパンも温かくて美味しかった。

a0102153_12465267.jpg
パン、ハムソーセージ、チーズ、サラダ、ヨーグルト、フルーツ
点心、麵、粥などはビュッフェで並び

そのほかに、メニューが置いてあり、オーダーできる料理も4種類あった。

オムレツはオーダーで。
ここのオムレツは、ふわっとした焼き加減もちょうどよく、美味しかった!

a0102153_12485122.jpg

写真ブレてますが…ナシ・レマ。

a0102153_12501956.jpg

鶏肉と海老ワンタン入りの麺。

a0102153_12512063.jpg

そして、日本人には嬉しい、焼き鮭とご飯と味噌汁!

肉厚なサーモン、とっても美味しかった。

ただし、味付けは塩。滞在の終わりに近づくと、醤油が恋しくなったので
また泊まる機会があったら、醤油を持参すれば完璧な焼き鮭だった。

a0102153_12513779.jpg
もちろん、コーヒーなどの飲み物は、カップのあきをみて
スタッフがおかわりを持ってきてくれるし

子供にオレンジジュースを持ってきてくれるスタッフが
みんなとても優しくて。

滞在中に、すっかりコップ飲みがうまくなった息子。

a0102153_12561955.jpg
食事も美味しく、景色もよく、落ち着いた雰囲気のラウンジは、とても便利だった。

最初は、子連れでラウンジ利用は気兼ねしていたけれど
子連れの宿泊者が多く、ものすごく賑やかな他国アジアン・ファミリーに比べれば
2歳児を一人連れた我が家など、静かなものではないかと…。

子供用ハイチェアの用意もあって、子供に優しいシャングリ・ラ。
おかげでゆっくり朝食を楽しませていただいた。

a0102153_13065946.jpg



[PR]
シャングリ・ラ タンジュンアルの思い出といえば…

とにかく青かった、空と、海と、そしてプール!

a0102153_21020532.jpg
a0102153_21021504.jpg
a0102153_21022657.jpg
8日間の滞在中、毎日のように、日中はほとんどプールで過ごした。
今まで、こんなにもプール三昧だった旅行もない。

…というのも

マレーシアは水質が良いと聞いていたとおり、水が柔らかくて肌荒れせず
プールの水が塩素くさくもなく清潔で
プールが常に清掃が行き届いていて、とにかくきれい。

そして、毎日快晴だったおかげで、水温も高く
ずっと水に浸かっていても、冷えを感じることがなく
とにかく気持ちが良かった!

a0102153_21082960.jpg
プールは、大きな瓢箪型のような造りで
一番深いところは水深3mくらいあり、ダイビングの練習にも使われていた。
ここは大人専用。

プールサイドチェアも、大人のみなさんが、まったりと寝そべっていた。

a0102153_21093759.jpg

中央部は水深2m~1.5mほど。
ここは子供も入れるが、大きな浮き輪はNG(アームヘルパーはOKだった)。

a0102153_21144047.jpg
あとは子供でも足が着くくらいのラグーン。
チビッこが遊べるところは、屋根付きで日陰になっているのも良し。
まだ歩く前の0歳ベビーたちが、親に抱かれて楽しそうに遊んでいた。

a0102153_21151186.jpg
息子は、日焼け止めをぬったり、アームヘルパーを付ける間も待てないくらい
このプールに入るのが楽しかったらしい。
プールに着いて、私とMASAさんがタオルなどを用意している間に
1人でどんどんプールに入っていこうとするので、目が離せなかった。

a0102153_21165994.jpg
すい~っと。

a0102153_21192909.jpg

深いところは人が少なくて、悠々遊べて良かった。

縁のところは、水中で寝そべっていられるベッドになっていて
ここでゆっくり寝そべっていられたら最高なんだけど…

a0102153_21203303.jpg

チビ連れで、そんな優雅なことはあるわけなく…

a0102153_21230445.jpg


MASAさんが、息子を肩車して、うしろに倒れてドボーンと水に落ちる!
…というのが、相当気に入ったらしい息子。

a0102153_21243726.jpg
何度も何度もリクエスト。

a0102153_21250220.jpg

ゲラゲラ笑って「もっかい!」のリクエストに
お父さん、頑張った。

これはいい記念写真だ。

a0102153_21261919.jpg

1歳6か月からスイミングに通っているおかげか、水やプールを怖がらず
アームヘルパーがあれば、どこでも浮いて、足バタバタ。
どうせ足がつかないのだから、水深1mでも2mでも変わらないのだろう。

2歳3か月にしては、たくましく遊んでくれて、家族で楽しめた。

a0102153_21294799.jpg

海につながるようなインフィニティエッジプール。
端までスイスイ。

a0102153_21303812.jpg
コンタクトレンズ&サングラスで、顔をつけて潜れない私は
浮き輪なしで水深2mのところに行くのは無理だ…と思ったら

救命胴衣のようなガッチリした浮き具を貸してもらえたので
ちょっと格好悪いけど、これで楽しんだ。

息子は、これを着た私に抱かれるのは嫌がったけれど…;

a0102153_21305995.jpg
ちなみにこのプールのエッジは、崖になって海に続いているわけではなく
普通にホテルの通路になっていて
すぐ近くにグリル&バーがあるという、平和な風景。

絶景好きの方には物足りない造りかもしれないが
私のような怖がりには、安心な造り。

a0102153_21341139.jpg
深いプールでも遊んでいた息子だけれど
やっぱり安心して遊んでいたのは、ベビー専用プール。

a0102153_21390853.jpg
ここならアームヘルパーなしでも遊べるので
(それでも、尻餅をついたりすると潜ってしまうので、常に目は離せないけれど)

「自分で、自分で!」ブームの息子には、ちょうど良かったらしい。

自由自在に、バシャバシャと。

a0102153_21414352.jpg
キッズ用エリアには、バケツに水が溜まると、ザッパーン!と水が落ちてくる
こんな大型設備もあって、いつ水が落ちてくるか…なかなか面白かった。

こういうのは、大型ホテルならでは。

a0102153_21441048.jpg
子供用スライダーもあり。

a0102153_21443914.jpg
初日は親子で滑っていたけれど
慣れてきたら、息子一人でもバンバン滑って遊ぶようになって
調子に乗ってうつ伏せで滑ったりもしていた。
(下でキャッチしないといけないから、写真はないけれど)

a0102153_21461935.jpg
そして、この大型スライダー。

a0102153_21474988.jpg

息子はこれに夢中で、何度も何度も…
滞在中、100回は滑ったのではないだろうか?

a0102153_21495711.jpg

「もっかい!もっかい!」のリクエストに応えた私達。

階段を上っていくと、緑・青・紫の3本のスライダーを
「みどり!」などという息子の指示で、滑りつづけた。

青と緑は緩やかなカーブで楽しいのだが
直下降の紫は、すごい勢いで落ちて、すごい水しぶきをあげるので
落ちたあとに、ギャラリーから笑いと拍手が起こるオマケ付き。


水着が擦り切れるんじゃないか…と心配していたけれど
ビキニで滑っていた私は、水着ではなく、お尻が擦り切れた…。

a0102153_21490453.jpg
ここのプールは、ウォーターサーバーが何か所か置いてあって
プラカップが用意されているセルフサービス。
アップルウォーターやレモンウォーターなどが入っていた。

そして、たまにこんなフルーツのサービスが回っていた。

a0102153_21551961.jpg

楽しすぎた、シャングリ・ラ タンジュンアルのプール。

ここ数年、我が家は、プライベートプール付のヴィラに泊まることが多くて
パブリックプールが大きな、大型ホテルに泊まったのは…久しぶり。

でも実は、ここ数年、私はあまりプールを満喫することはなくて
少し入って、あとはプールサイドでビールを飲みながら読書…という過ごし方だった。
最後に思いっきりプールで遊ぶような旅をしたのは…2006年だったと思う。

というのは…

子宮の治療・手術、妊娠を待っている間は
冷えるからプールは良くないと、病院で言われていたからだ。

今から思い返すと、かなり神経質になっていた数年間。

でもその時期があったからこそ、今こうして息子に会うことができたのだから
その時期の自分を後悔してはいないけど。

今回は、数年分を取り戻すかのように、思いっきりプールに入った。

楽しかった!

a0102153_22102991.jpg

プールで遊んだあとは、息子も気持ちよさそうに昼寝…の毎日だった。

a0102153_22120442.jpg






[PR]
ルームサービスのランチを済ませて、さっそく水着に着替えてプールに向かった。
ついでに、ホテルの庭を散策。

キナバル・ウィングのエレベーターを1Fで降りると、中庭に出た。

目の前の池には鯉が泳いでいて
午前中にはよく、朝食のパンを持って帰ってきて鯉にあげている子供を見た。

a0102153_22080697.jpg
写真には入っていなかったけど、ホテルの海辺の端のほうにはマリーナがあり
そこから、近くの島へ渡る船が出ていた。
今回は、チビ連れで行ってもシュノーケルなどできないだろうし…と
島に渡るのはやめておいたのだけど
(プールが楽しすぎて、それで満足していたこともあり)
子供が一緒に遊べる年頃だったら、行ってみたかった。

a0102153_22152392.jpg

海辺の芝には、小さなサッカー(フットサル)場もあり。

a0102153_22102666.jpg
キナバル・ウィングから、プールやレストランがあるところまでは
ちょっと距離があり、歩きます。
ビーチサンダルで、子供を抱っこしながらだと、ちょっとしんどい…。

a0102153_22160671.jpg
場所見知りする子じゃないけれど
大きな葉っぱが突然ガサっと落ちてきたりするので
ビビって歩けない息子…;

確かに、日本の日常ではあまり見かけない大きな葉っぱだったからね。

a0102153_22181489.jpg
キナバル・ウィングのあたりの海には、浜辺はなし。
海は、そんなにきれいではないけれど…きれいに整備されていた。

a0102153_22210292.jpg
海にせり出すように建てられているのは、CHIスパ。

ここでは、デイリーアクティビティが開かれていたので
ピラティスに参加してみた。

最近すっかり身体が凝ることがなくなって
マッサージやスパがくすぐったく感じるようになってしまったので
今回はスパは受けていないけれど

CHIスパの施設を見ることができて良かった。
庭の緑や花が美しかった。

a0102153_22245242.jpg

広い庭は、どこも緑が美しく保たれていて
気持ちの良い風景だった。

a0102153_22264536.jpg
緑溢れるけれどもスッキリした感じが良かったのかな。
ヤシの間から海と空がのぞく感じが好きだった。

a0102153_22334518.jpg
プールサイドには、こんな卓球台があったり…

a0102153_22362588.jpg
大きなチェスもあったり。

a0102153_23062322.jpg
プールサイドに、アイスクリームバーがあって
暑い暑い中で食べたアイスやシェイクが美味しかった。

a0102153_23083455.jpg
海辺のBar。この席は人気で一度も座れなかったけれど。

a0102153_23094628.jpg
突端に建つのはサンセットバー。

ここもすごく良い雰囲気で、息子を託児して一度行ってみようかとも思ったけれど
夕方の託児は、食事の時間との兼ね合いが難しくて、結局やめておいた。

サンセットバーには行かれなかったけれど
この近くの浜辺から、家族で毎日のように美しい夕陽を眺めたのが、いい思い出。

a0102153_23120542.jpg
プライベートビーチは、泳ぐというよりは眺めるためのもの…といった感じ。
波はとても穏やか。

a0102153_23150516.jpg
ここで焼いていたのは、やっぱり欧米人。

コタキナバルは、中国・韓国からの旅行者が多くて
アジア人は、全身覆い隠すような水着の人が多かった。男女問わず。
『キルビル』みたいな恰好の人が多くて、色気もなんもない水着が流行のようで。

欧米人は、相変わらず、面積の小さなビキニで焼きまくり。

紫外線に対する考え方の違いか
肌質の違いか…。


日本人の私は、ビキニの上にワンピースを着る、3点セット水着か
ビキニに、上だけラッシュガード。
出すでもなく、覆いすぎるでもなく、中途半端な水着ですが。
産後あいかわらずゆるいままの身体と、帝王切開の痕を出すのは見苦しいので。

a0102153_23155894.jpg
普段、靴をはいて砂場で遊ぶのは大好きだけど
初めて裸足で浜辺を歩いてみて、怖かったらしい息子…

a0102153_23225001.jpg
波打ち際では、やっぱり泣いてしまった。
まだ海よりもプールがいいらしい。

a0102153_23244923.jpg
このホテルは、プールがとにかく楽しくて
1週間、毎日プールにばかりいた。

リノベーションしてそんなに経っていないらしく、とてもきれいだった。

空と海につながるような、青いプール。

a0102153_23255182.jpg
子供も歩いて遊べる、ラグーンプール。

a0102153_23285739.jpg
時期が良かったのかもしれないけれど…

ボルネオ島は、とにかく空が青くて、日差しが強かった!

a0102153_23302090.jpg
a0102153_23304550.jpg
a0102153_23305688.jpg
サングラスなしでは、外にいられませんよ~。

a0102153_23313834.jpg




[PR]
シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパでは
キナバルクラブ マウンテンビュールームに7泊した。

当初は5泊くらいのつもりで計画していたが
ホテルHPから直予約だと、7泊のロングステイパッケージがあり
スタンダードルームに5泊するのも、クラブルームに7泊するのも、そう料金が変わらなかったので
それならばクラブルームに7泊したほうがお得だろうと、予約した。

クラブフロアには、マウンテンビューと、シービューがあり
シービューのほうが景色がいいのはわかっていたけれど
ロングステイだと、マウンテンビューのほうが料金が手頃だったし
海はクラブラウンジからも見えるだろうし…と、マウンテンビューにした。


泊まった部屋は、7階(最上階)。

入ってみると、マウンテンビューというよりは…

海と山の境目というか?

水上生活家屋ビューといった感じで、あまり良い景色に見えなかったので
1泊してみて、あまり気に入らなかったら、部屋を代えてもらおうかとも思ったのだけど。

a0102153_11161009.jpg

朝起きてみたら、目の前に、朝陽が美しく見えて…

この部屋が気に入った。

a0102153_11173233.jpg
シービューの部屋、特にタンジュンウィングだと、朝陽は見えないと思う。

パブリックエリアに近くて便利なタンジュン・ウィングが魅力的に感じたけれど
この朝陽は、キナバル・ウィングの魅力じゃないかな。

a0102153_11191657.jpg
隣の部屋のバルコニーの様子はまったくわからない造りが、良かった。
そして、高層階でも花が植えられていて、南国気分に。

a0102153_11203689.jpg

バルコニーには、洗濯物を干すバーが付いていて
水着が干せるようになっていて、とても便利だった。

毎日のように、子供の服や大人の下着を洗っていたので
バルコニーに出るたびに、花が見えると、いい気分。

a0102153_11225723.jpg
部屋は、すごく広いわけではないけれど、使いやすいサイズで
大きな窓からよく陽がさして、明るかった。

a0102153_12084495.jpg
ベッドはキングサイズで、親子3人で寝た。
うちの息子は、あまり寝相の悪いほうではないのかも。
(友達の話を聞くと、もっと寝相が激しいらしい…)

a0102153_12101658.jpg
部屋の中にソファがあり、夜はここでゆっくり。

夜8時半~9時には息子を寝かせるので
そのあとは写真の整理をしたり、本を読んだり。

子連れ旅は、静かな夜が長い。

そういえば、朝と夜には、近くのモスクから、かすかにコーランが聞こえてきた。

a0102153_12145809.jpg
テーブルに、毎日フルーツが置かれていて
トレーはすっかり息子の遊び道具になっていた。

「はい、どうぞ~」

気分は店員さんね。

a0102153_12160353.jpg
テーブルの下に、お皿とナイフ・フォークが入っていたので
フルーツを食べやすかった。

a0102153_12180853.jpg
ミニバーの棚にも、グラスや食器がきちんと入っていた。
ロングステイしやすい部屋。

ただし、真新しいホテルではないため(リノベーション済できれいだけれど)
コンセントが少ないのは、少々不便だった。
カメラ2つ、携帯2つ、PC…と、交代で充電。

a0102153_12190889.jpg
バスルームは、バスタブとシャワーブースが分かれたタイプ。

バスタブにシャワーが付いていないのが少し不便で
バスタブはもっぱら、私が洗濯をする場所になっていた。

毎日、あたたかいプールに浸かっていたので
あまり湯船に浸かろう…という気分にならなかったこともあり。

a0102153_12215057.jpg
アメニティは、ひととおり揃っていて、ランドリーパウダーもあった。
我が家は、洗剤を持参していたけれど、ホテルにあると便利。

いつもは、あまりホテルのアメニティを使うことはなくて…
シャンプーや石鹸・ボディローションなどは
使い慣れたもののトラベルサイズを持っていたけれど。

8日間の滞在になると、シャンプーなどは、トラベルサイズのものを持参しても足りないと思い
LCC利用で荷物を少なくしたかったこともあって
今回は持参せず、ホテルのアメニティを使用した。

シャングリ・ラ オリジナルのアメニティは、アロエの香りが爽やかで
思いのほか使用感が良く、肌の調子が良かった。

a0102153_12313899.jpg

1リットルくらいの瓶のミネラルウォーターが、1日につき2本フリー。
これくらいあると、家族3人でも水を買う必要がなくて便利だった。

a0102153_12315812.jpg


チェックインして部屋に入り、気付くと13時半くらいになっていた。
どこかにランチを食べに行くのは面倒だったので、ルームサービスを注文。

a0102153_12353718.jpg
ミーゴレンと、ハンバーガー。
どちらも、ほどほど…だったので、ルームサービスはこの1回きり。

7泊パッケージだと、ホテル内の飲食は10%OFFになったけれど
ルームサービスはその対象外。

それならば、レストランに行ったほうが、出来立てで美味しかったから。

それでも、小さな子供がいると、ルームサービスもラクでいいけれど。

a0102153_12394682.jpg
a0102153_12400288.jpg

ささっとランチをすませて…

午後は、さっそくプールへ。





[PR]
コタキナバル空港からタクシーで10分ほどで
シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパに到着した。

a0102153_13324840.jpg

エントランスの車寄せにタクシーが停まると、女性スタッフが出迎えてくれて
「MASAさんでしょうか?」と確認された。

施設が充実した大型ホテルで、部屋数も多いのに
宿泊客の出入りをきちんと管理できていることに驚いた。


ホテル入口では、アジアらしい音色の楽器が演奏されていて、リゾート気分に。

a0102153_13422652.jpg
ロビーの見事な花は、シャングリ・ラを訪れる楽しみのひとつ。

a0102153_13450023.jpg

1種間ほどで入れ替わるのか、滞在中にまた違うものに変わった。
こっちのほうがより見事に美しかったな。

a0102153_13461927.jpg
ロビーは天井が高く、解放感あり。

a0102153_13483580.jpg
a0102153_13480333.jpg
ロビーを挟んで、タンジュン・ウィングとキナバル・ウィングに分かれており
レストランやショップ、プール、キッズクラブなどに近くて便利なのは、タンジュン・ウィング
賑やかなエリアから少し離れて静かなほうが、キナバル・ウィング。

女性スタッフに案内されて、私たちはキナバル・ウィングに向かった。

a0102153_13541105.jpg
a0102153_13552348.jpg
吹き抜けの壁から見える風景が素敵。

a0102153_13571367.jpg

キナバル・ウィングは、何をするにも遠く…
チビ連れだと、パブリックエリアに行くには時間がかかってしまうので
最初はとても不便に思ったけれど
予約していたクラブルームは、キナバル・ウィングにしかないから、仕方がない。

けれど、滞在しているうちに
少し時間がかかっても、歩いて風景を見るのが贅沢な時間だと思うようになり
人通りがない分、静かだったので、これはこれで良さがあるなと思った。

a0102153_13574397.jpg
8階のクラブラウンジで、チェックイン。

a0102153_14464398.jpg
a0102153_14532741.jpg
ジュースをもらって、息子も一丁前に寛いでいた。

a0102153_14475838.jpg
ラウンジの女性スタッフたちが、子供にとても優しかったので
いつ行ってもジュースとクッキーをくれる優しいお姉さんたちに
8日間の滞在で、すっかり、なついてしまった息子。

a0102153_14522995.jpg
ここのラウンジからの景色が素晴らしかった。

a0102153_14563840.jpg
屋内の席はファミリーでもOK、屋外バルコニー席は大人のみ利用可。

a0102153_14592679.jpg
バルコニーの柵が広くて危険なので、子供は出ないように…とのこと。
一応、後付のような感じでガラスが貼られていたけれど
簡単によじ上れてしまう高さなので、子供を連れて出る気はしないでしょう。

a0102153_15010121.jpg
夫婦二人だったら、ここでゆっくり朝食をとっただろうな。

a0102153_15041696.jpg


子連れの我が家は、いつも屋内の席を利用したけれど
屋内席からでも充分景色が堪能できた。

a0102153_14594018.jpg

ファミリーフレンドリーな、シャングリ・ラのリゾート。

夜のカクテルタイムが、ファミリーと、大人のみの時間に分かれていたり
子供用のハイチェアがたくさん用意されていたり。

子供が楽しめる施設が充実したホテルなので、家族連れの宿泊客がほとんど。
クラブフロアに滞在していた人たちも、ほとんどが子連れだったので
気軽にラウンジを利用させてもらった。


このホテルは、本当に子連れだらけだったので、子連れ、または子供が大好きな人でないと
うるさい、落ち着かない…と思うのではないだろうか。
私たちも、子供を授かる前だったら、泊まらなかったタイプのホテルだろう。

子連れになった今は、こういった場所があることが、とてもありがたい。
1週間、ほとんど籠りきりで、満喫した。




[PR]
ボルネオ島コタキナバルからの帰りも、マニラで一泊。

コタキナバルからマニラまでは、エアアジア・ゼスト航空を利用したので
ニノイ・アキノ空港のターミナル4に到着。
(ターミナル4は、本来は国内線ターミナルとなっているが、国際線はエアアジア・ゼストのみ、ここを利用)

とても小さなターミナルなので、イミグレーションカウンターは2つのみ。
バゲッジクレームも2~3レーンのみ。
荷物を受け取って、まっすぐ進むと、すぐに小さな出口があった。

最後の一泊は、トレーダースホテルを予約していた。

ホテルカーでの往復送迎を予約していたのに
そういえば、待ち合わせ場所などを確認していなかった…と思ったけれど
そんな心配は要らなかった。

とてもシンプルな造りのターミナル4。
出口は手動のガラス扉一枚しかないので
その扉の向こうに、MASAさんの名前を書いた紙を持ったドライバーさんが待っていた。


快晴続きだったコタキナバルから一転、マニラは雨だった。


空港からトレーダースホテルまでは、車で15分ほどと聞いていたけれど
交通渋滞の激しいマニラ…30分くらいかかった。


ホテルは、建物自体はもう古く、入口は小さいのだけれど
それでも、荷物検査とボディチェック、そしてシェパード犬が検査にやってくる。

最初の一泊で利用した、華やかなマリオットホテルに比べると
トレーダースホテルは、いかにもビジネスホテル。
ホテルの周りも混沌とした雰囲気で、治安の悪さを感じた。

雨で、午後3時でも薄暗かったせいもあるけれど
2歳の子を連れて外出しようとは、全く思えない雰囲気だった。
もともと、ホテルから出るつもりはなかったから、いいけれど。

今回の旅では、最初と最後の2回、マニラに滞在したけれど
中心地のマカティや、新興地フォートボニファシオには行っていない。
そのあたりの、比較的治安が良いというショッピングセンター街に泊まったら
またマニラの印象は違ったのだろうな。


トレーダースホテルでは、クラブフロアに泊まったので
19階のラウンジでチェックイン。

クラブラウンジといってもカジュアルな雰囲気で
ラウンジスタッフの服装も、赤いポロシャツにパンツと、とてもカジュアル。

部屋は18階のキングベッドルーム。
こちらも、チビと3人で寝られる広々ベッドだった。

a0102153_22431928.jpg

ビジネスホテルにしては、奥にソファもあり、部屋は広いほうだと思う。
スーツケースを広げる台も使いやすかった。

このホテルは、建物自体は古いけれど、リノベーションされていて
とてもきれいで使いやすかった。

a0102153_22464067.jpg
ここのウェルカムフルーツのマンゴーも、甘くてトロトロに熟していて美味しかった!

a0102153_22503990.jpg
部屋の広さに比べて、バスルームはかなり狭い。
ドアの開閉がしにくいくらい狭い。

a0102153_22510607.jpg
お風呂はバスタブ付ではあるけれど
シャワーカーテンなしでガラスが半分だけ付いているタイプで
床が塗れるし、かなり湿気がこもった。

a0102153_22530766.jpg
最初に見たときは、シャワーがない?!…と思ったのだけど

よくよく見たら、天井にレインシャワーが付いていた。
シャワーはこれのみ。

ビジネス利用の男性だったら、充分かもしれないけれど
子供をお風呂に入れるには、少々不便。
最後の一泊だけだし、とても清潔だったので、まぁ良いか。

a0102153_22585359.jpg
部屋の窓からの風景。

ホテルの隣が、空き地・廃墟だったり…
すぐ近くにクラブか何かがあったようで、夜は賑やかな音楽が聞こえてきた。
夜中に目が覚めた時や、朝はとても静かだったので、眠るのには問題なし。

a0102153_22591782.jpg
本当は、観覧車の向こうに、マニラ湾が見えるはずだけど
この日は雨で霞んでいて、まったく見えなかった。
翌朝、少し晴れたときに、少しだけ見えた。

a0102153_23025185.jpg
クラブラウンジでのカクテルタイム。

こちらのラウンジも、本来は、マニラ湾の夕日が見事に見えるそうで
それを楽しみにしていたのだけど、残念ながら霞んでほとんど風景は見えず…。

a0102153_23043088.jpg
サンミゲルで乾杯。

a0102153_23050875.jpg
軽食は、あまり種類はなかったけれど
それでもけっこうお腹いっぱいになって、夕食代わりになった。

子連れなので、早い時間に、ささっと利用しようと思っていたけれど
ラウンジ自体がとてもカジュアルな雰囲気だったし、子供用のハイチェアも借りられ
そしてスタッフがとても子供に優しくて、助かりました。

マニラのホテルでは、子供にとても優しくしてもらった印象がある。

出会うスタッフがみな、子供に話しかけてくれたり、遊んでくれて
積極的に子供に触れ合ってくれて、親としては嬉しかった。

ボルネオの人々が、やわらかい物腰だったせいか
マニラの人々は、ぐいぐい来る!…という思い出が残った。

a0102153_23060206.jpg
MASAさんと息子が先に部屋に戻り、私は一人で少しの間、ラウンジでゆっくりさせてもらった。

すっかり日が暮れて、ふと窓の外を見ると、マニラの夜景が見えた。
渋滞の車のランプが、長く長く続いていた。

a0102153_23152795.jpg
ラウンジの食事を並べるスペースが小さかったので
朝食は、ラウンジではなく、1階のレストランに行った。

写真は、なんだか茶色いものばっかりしか撮ってなかったけど
野菜や果物もけっこうあった。カットマンゴーも、どっさり。

a0102153_23225924.jpg
そんなに広くないレストランだったけど、エッグステーションもあり
私の定番オムレツ(トマト、チーズ、マッシュルーム入り)が、しっかりした味で美味しかった。

このレストランは、朝6時から開いているので
出発便が早いときの利用でも便利そう。

a0102153_23231866.jpg
今回の旅、本当は、最初の一泊でトレーダースホテルを利用したかったのだけど
ホテル直予約でも、全カテゴリー満室で泊まれず。

最初の一泊をマリオットホテルにして
最後の一泊をトレーダースホテルにした。


実際泊まってみて…


トレーダースホテルは、空港からもアクセスしやすく
ホテルカー送迎を付けてクラブルームに泊まっても料金が手ごろで
部屋も快適、セキュリティもしっかり。


けれども、やっぱりビジネスホテル。


旅の順番としては、最初の一泊をトレーダース
そして最後の一泊をマリオットにできたら、もっと良かったように思う。





[PR]
1泊目のマニラのホテル選びは、悩んで悩んで…なかなか決められず
結局、出発の3日前になってやっと、空港にほど近い、マニラ・マリオットホテルを予約した。

なぜ悩んだかと言うと。

★翌日の出発便が早いので、空港に近いホテルで
★朝食レストランが早くから開いていて
★ホテルエントランスのセキュリティがしっかりしていて
★空港ーホテル間の移動費込みで、料金が高すぎないところ

…という希望を満たしていた、トレーダースホテルに泊まるつもりが
全カテゴリー満室で予約できなかったため、さぁどこに泊まろうか? 悩んでしまったのだ。
(トレーダースホテルには、マニラ後泊で利用したので、後日こちらも旅行記にする予定)


中心地マカティのホテルにするか、最後まで悩んで…。
やはり距離を重視し、そして、この旅の最初の宿泊は気分を盛り上げたい!ということで
空港ターミナル3の前にドーンと広がる一大エンターテイメント施設「リゾートワールドマニラ」に入っているマリオットホテルに決めた。

a0102153_23270210.jpg

マニラマリオットホテルでは、出会ったスタッフがみな素早く素晴らしく
目が行き届いていて、気が利いて、子供にものすごく優しくて、そして若い美男美女揃いだった。

8階建てと、そう大きな規模でもないので、チェックイン・アウトもスムーズ。

飛行機内やタクシーでおとなしくしてくれていた息子が
ホテルに着いて、ちょっとはしゃいでいたのだけれど
近くにいたスタッフが、代わるがわる、遊んでくれたり、抱いてくれたり、とても可愛がってくれて。

初マニラの、予想以上に気が抜けない雰囲気に、緊張していたのだけれど
このロビーに入って、スタッフの笑顔に迎えてもらって、ほっとしたのを覚えている。

a0102153_23492787.jpg
スタイリッシュなホテルだけど、奥のほうには
こんな可愛らしいキャンディー屋さんもあった。

a0102153_23500412.jpg

部屋は8階だった。最上階でも、眺望はそれほど良くない部屋だったけれど
窓が大きくて明るかった。

キングベッド。親子3人川の字で寝られた。
a0102153_23390837.jpg
さすがカジノに隣接したホテル…と言いましょうか
部屋とバスルームの壁がガラスになっていて、セクシーな雰囲気でございます。

a0102153_23405944.jpg
MASAさんと息子が、楽しくお風呂に入っている様子が見えたので
これはこれで、良いけれども。

トイレまでも見えてしまうのが、ちょっと難。

そんな時のために、ボタン一つでロールスクリーンが降りてくるので安心。

a0102153_23450732.jpg
アメニティは、THANN。

a0102153_23462075.jpg
部屋に置いてあった、ウェルカムフルーツのマンゴーが、ものすごく美味しかった。
さすがフィリピン、マンゴーの本場!

a0102153_23472141.jpg
少し休んでから、ホテル内を散策。

2階にスイミングプールがあった。

a0102153_23521594.jpg
そんなに広くはないプールだけど、眺め良し。

a0102153_23525459.jpg
外の治安の悪さとは、別世界…

a0102153_23540404.jpg
散策のつもりで、少しだけ寄ったので、水着など持っていなかったのだけど。
久しぶりの暑い空気は、プールに飛び込みたいくらいだった。

息子は、ちょっとでも目を離したら、プールにジャンプしそうな勢いだった。
ストップ、ストップ!

a0102153_23550745.jpg
、ホテル1階に降りて、直結のリゾートワールドマニラにも行ってみました。

a0102153_23594576.jpg
リゾートワールドは、3つのホテル(マリオットの他に、マキシムズとレミントン)とカジノ、ショッピングセンターが入った、一大エンターテインメント複合施設。1階には、高級ブランド店が入り、レストランは活気があった。カジノの入口には、ニューハーフのミニスカポリスっぽい人が立っていたりして…。面白かった!

ショッピングセンターの屋内広場を見ていて、どこかで似たような場所が・・・・

a0102153_00001229.jpg
今回は、ホテルHPから直で予約していきました。

家族4人までの朝食と夕食が付いたファミリーパッケージがあったので
夕食も、ホテルのビュッフェへ。

a0102153_00122444.jpg
写真はあまり撮っていないけれど。

ここのビュッフェはすごかった!

どのコーナーでも、手の込んだ料理が並んでいて
その場で調理してくれるものも、たくさん。

a0102153_00143050.jpg
パスタを選んで、具とソースを選んで作ってもらう、パスタコーナーも可愛かったし。
私は、トマトソースのサーモン入りのラビオリを作ってもらった。美味しかった!

a0102153_00154261.jpg
鉄板焼きコーナーでは、みんなせっせと肉♪肉♪
私は、イカと野菜の炒めたものを作ってもらった。美味しかった。

a0102153_00165222.jpg
和食もけっこうあって、お好み焼きや天ぷらなども。
a0102153_00182784.jpg
どの料理も美味しかったビュッフェだったけど
一番の感動は・・・

朝食時に、マンゴーのコーナーがあったこと!

a0102153_00204144.jpg
美しくマンゴーが並べられたタルト…

a0102153_00212532.jpg
朝からこれが食べられる幸せ・・・・・♪

a0102153_00220225.jpg
マニラは、治安の心配で緊張したけど
マンゴーの美味しさで、不安を忘れてしまった。


翌朝、7時10分くらいに、ホテルを出て空港に向かった。
チェックアウトから、タクシーの手配までも、とってもスムーズ。


またマニラに行く機会があったら、また泊まりたいホテル。

a0102153_00283730.jpg








[PR]
シャングリ・ラ滞在中は、ホライゾンクラブラウンジをよく利用しました。
a0102153_0362028.jpg
予約の際に、クラブラウンジに子供を連れて行っても良いか確認したところ
席にファミリーゾーンを設けているので、気兼ねなくどうぞ、とのこと。

実際に行ってみると、特に明確にファミリーゾーンと区切っているわけではないけれど
広いラウンジ内は、インテリアで少しずつ区切られていて
奥のほうの雰囲気の良い席は、大人が案内され
入り口のほうの少し賑やかな席に、家族連れが案内されたので
子連れでも利用しやすかったです。ベビーチェアも借りられました。
a0102153_0363961.jpg
結局、子供が病気になって、大人3人が交代でラウンジに行くことが多かったので
子連れであることを、あまり気にすることはなかったんですけども。

息子を連れて行くと、スタッフが優しくあやしてくれたし
大人だけで行くと、必ずスタッフたちが、「ベビーは?」と聞いてくれたり…。
子供にとても優しくて、ありがたかった。

そして、子供が病気になって、外出できないとき
1日中なにかつまめるラウンジを利用できるのは便利でした。
シャングリ・ラは食事が美味しかったので
外出できなくても、ホテルで食を満喫してしまった。

ラウンジからは、ツインタワーの1本がちょっとだけ見えました。
a0102153_03751.jpg



【アフタヌーンティタイム】

アフタヌーンティタイムは、15:00~17:00。

出かけている人が多いからか、この時間帯はすいてました。
あまり人がいなかったので、お菓子が並んでいる写真も撮ってしまいました。

フルーツと…
a0102153_0402551.jpg
スコーン。
a0102153_0404815.jpg
ケーキ類。
a0102153_0411623.jpg
サンド類は、日替わりで。
これはクロワッサンのツナサンド。
a0102153_0414977.jpg
ベジタリアンの野菜&キノコのサンド。
ボリューム・食べ応えがあるけど、あっさりした味付けで美味しかった。
a0102153_0544022.jpg
これはサーモンサンド。
上に置いてあるマレーのお菓子が美味しかった。

緑色で見た目は微妙なお菓子は、パンダンリーフを使ったもので
中にモチっとした食感のものが挟まってて、意外な美味しさでした。

日本のウイロウとか、バリ島のクレポンとか、ああいう食感のお菓子
普段は苦手で絶対食べないんだけど、、、

旅先だと食べてみたくなるし、美味しく感じるのは何故だろう。
食わず嫌いとか、要は気分ということなのだろうか。
a0102153_0431555.jpg
常においてあるクッキーも、小腹減ったときにありがたい。
a0102153_0492350.jpg
この、「100 PLUS」というドリンク。
アクエリアスとかポカリスエットのようなスポーツドリンクに炭酸を入れたもので
マレーシアでは、体調不良のときの水分補給に、お医者さんにも勧められるほど
一般的な飲み物なのだとか。

体調不良のときに、炭酸?!と
旅行前から、一度飲んでみるのを楽しみにしていましたが

それほどキツイ炭酸ではなく、さっぱりしていいかも。
a0102153_053666.jpg



【カクテルタイム】

カクテルタイムは17:00~19:00。

この時間は早くから混みあっていて
かなりお酒を楽しんでいる人も多かった。

息子が熱を出した日は、さすがにお酒は飲まなかったけど
そのほかの日は、私もビールやワインを飲みました。
a0102153_058560.jpg
お酒類は、カウンターにもらいに行ってもいいし
グラスがあくと、次を聞きにきてくれるので…
a0102153_15073.jpg
思わず、白も、赤も、、。
でも、2杯まで!と自制。

せっかくの旅行だから、少しはハメ外しますけど
それでも、息子ちゃんのお風呂と、寝かしつけがありますから。
a0102153_161098.jpg



母に息子をお願いして、ホテルのスパに行ったあと、ちょうど17:00になっていて
「ついでにお酒飲んできていいわよ~」と、ありがたいお言葉をいただいたので
MASAさんと二人で、カクテルタイムに。

大人二人で行った時は、奥の窓際の、静かな席に案内されました。
a0102153_0581764.jpg
子連れで行った時は、手前の賑やか席に。
近くにもベビーや子供がけっこういたので、心置きなく、夕食タイムにさせてもらった。
a0102153_114341.jpg
カクテルタイムの軽食は、日替わりで
3泊したうち、和食の日、マレー系料理の日、洋食の日・・・と毎日違って
軽食といっても、充分夕食になってしまうくらいの小皿料理がありました。

シャングリ・ラは、「なだ万」が入っているからか
和食は、おダシが本格的で美味しかった。
上品な薄味だったので、野菜の煮物は、離乳食期の息子にも。

煮物は、朝食レストランのものよりも
クラブラウンジのもののほうが、ちゃんと和食だった。

海苔巻きは、まぁ、海外で食べる海苔巻きだったけど
旅先で和食を食べると、胃がほっとします。
a0102153_1114923.jpg
マレー料理と、インド料理。
a0102153_1132847.jpg
夜も、サンドイッチがあるので、けっこうお腹いっぱいになります。
ワイン飲みながら、チーズもけっこう食べてしまった。
a0102153_1145620.jpg
ついつい夜にもお菓子に手が伸びてしまった。
a0102153_1175096.jpg
ホテル代が低く設定されているというクアラルンプール。

ホテルは寝に帰るだけ…というアクティブな旅スタイルでなければ
少しプラスしてクラブルームに泊まったほうが、お得です。
[PR]
シャングリ・ラ ホテル クアラルンプールは、朝食がすごかった。

多国籍の料理が揃っていて、品数がとにかく多い。
そして、ボリュームのある立体的な並べ方のせいか、食欲をそそる。

まず、全体をぐるりと見に行って
息子が食べられるものを探しに行って
席に戻って食べさせて・・・

そのあとに、自分が食べるものを探しに行った時には
胸がいっぱいになりすぎて
初日の朝は、あまり食べられなかったほど。。


朝食のLemon Gardenは、ホテルのロビー横にあり。
豪華なロビーとは違った、カジュアルな雰囲気。

息子はベビーカーに乗せていきましたが
ベビーチェアも借りられました。

ここのスタッフさんたち、とっても子供に優しくて
通りかかるたびに、「ベイビ~♥」と声をかけあやしていってくれて
初の子連れ朝食ビュッフェでバタバタしていた私たち
気持ち的に、とても助かりました、、。
a0102153_0192998.jpg
大きなガラス窓からは、中庭の緑が見えて、気持ちが良い。
息子が食事を終えて飽きてきてしまったときには
MASAさんと交代で、この中庭を散歩。
a0102153_0221497.jpg
さて。ビュッフェなので、写真を撮ってもわかりにくいけど、雰囲気だけでも、、。
(3日分まとめてUPします)

席に近い、左端のほうから進みました。
まず最初は、中華料理。お粥のトッピングが多い!
a0102153_0431886.jpg
中華のおかずの鍋が並んで…
a0102153_044339.jpg
点心の蒸篭。
a0102153_045202.jpg
点心好きなので、思わずここで色々お皿に取ってしまって
他のものが食べられなくなって困ってしまった。。
a0102153_046334.jpg
中華のヌードルバーが、またすごい。
麺を5種類くらいから選び、トッピングの野菜やフィッシュボールを選んで作ってもらいます。
a0102153_0564582.jpg
いいダシでてるけど、あっさりしていて、朝にちょうど良い味。
a0102153_0591338.jpg
こちらはインド料理。他民族国家ならではの、食材別のカレーが並んでいます。
a0102153_047218.jpg
肉嫌いな私は、ベジタリアンカレーの種類が豊富なところは嬉しい。
ダール(豆のカレー)が好き。
a0102153_0494441.jpg
サモサなどの揚げ物を、目の前で揚げてました。
こうゆうのを見てしまうと、必要以上に欲しくなってしまうのよね、、。
a0102153_0511550.jpg
インドネシアのチップスやお菓子が、棚のディスプレイのように置かれてた。
a0102153_052486.jpg
ポテトや焼きトマト、ローストビーフなど。
ロースト肉は、チキン、ダックなど他にも日替わりで。
a0102153_0525484.jpg
白米・味噌汁・煮物などの日本食と、キムチなどの韓国料理のコーナー。
離乳食後期の子には、白米と味噌汁と野菜の煮物がとにかくありがたい。
a0102153_125578.jpg
エッグステーションはもちろん有り。
a0102153_143526.jpg
サラダやスモークサーモンが並ぶコーナー。
ベーグルサンドや、巻き寿司もあった。
a0102153_162672.jpg
巻き寿司が意外と美味しくて、けっこう食べた。
a0102153_18134.jpg
パンケーキステーション。
パンケーキ、ワッフル、フレンチトーストを焼いてくれます。
トッピングは、ハニー、チョコレート、ホイップクリーム、ナッツの他に
カヤジャムも置いてあるのが、この辺りの国らしい感じ。カヤジャム大好きです♪
a0102153_1113880.jpg
ずいぶん欲張りましたね、私、、。
朝からこんなに甘い粉モンが食べられるのが、旅の醍醐味なんですもん。
a0102153_1131434.jpg
ハム、チーズなどのコールドミール。
バナナはフルーツコーナーじゃなくて、ここに房でドンと置いてあったので
息子のおやつ用に、一本いただいていきました。
a0102153_1144071.jpg
ヨーグルトとソース、ハニーのコーナー。
ヨーグルトも、脂肪の入り具合で数種類。
ハニーも、種類や産地でたくさん並んでいて、食べ比べが面白い。
a0102153_1162089.jpg
これはミューズリーかな?
a0102153_117026.jpg
こっちはシリアル。
a0102153_1173656.jpg
カットフルーツとジュースのコーナー。
ジュースは、絞りたてフレッシュが並んでいます。
初めて飲んだグリーングァバが美味しかった。

トマトジュースを息子に飲ませてみたら、初めての味に
ものすごく複雑な顔をしてました。いろんな味を覚えていかないとね。
a0102153_1192541.jpg
そして、朝っぱらから!
チョコレートファウンテンがありました。
しかも、チョコレートとホワイトチョコレートの2種類!
クアラルンプールだから、ツインタワーをイメージしてるのでしょうか。

私、チョコレートファウンテンの面白さと美味しさが
いまいちわかっていないのですが…
この楽しみ方を知っている方、教えてください。。
a0102153_1204668.jpg
そして、なによりもすごかったのは、パンコーナー。

パンコーナーというよりも、一軒のパン屋さんに入ったのかと思うほど
すごい種類と量のパンが並んでいました。
a0102153_124555.jpg

a0102153_1251875.jpg

a0102153_1253297.jpg

a0102153_1254453.jpg
ダイニング入り口横のところに、持ち帰り用のコーヒーマシンもあり。
コーヒーかカプチーノが選べました。

息子くんがいると、コーヒーをお代わりしてゆっくり・・・とはいかないので
こういうサービスはありがたい。

部屋にネスプレッソもありますが、ここでもらって行くのはラクなので
毎朝カプチーノをもらって部屋に戻りました。
a0102153_1314029.jpg
やっぱり、朝食の美味しいホテルは、気持ちが盛り上がりました。
[PR]