クラブフロアに宿泊すると、1Fレストラン『カフェ タトゥ』と、クラブラウンジ
どちらでも好きな方で朝食をとることができた。


【1F レストラン カフェタトゥの朝食】

最初の朝は、レストランに行ってみた。

泊まっていたキナバル・ウィングからだと、レストランまでかなり距離があった。
部屋からまずエレベーターまで歩き、2階に降りて、キナバル・ウィングの2階からメインロビーまで歩き、そこから階段を下りて、やっとレストランに辿り着く。

まっすぐ歩いてくれない2歳男児を連れていると
ここまででもいい散歩…というくらい遠い。

『カフェ タトゥ』は、とても広い。
屋内には席がたくさん並び、プールに面したテラス席にもテーブルがずらり。

テラス席のほうが景色はいいけれど、料理が並んでいるのは屋内だけなので
料理を取に行く手間を考えて、屋内席についた。

料理は、中華料理が一番多く、マレー料理、洋食、和食(かっぱ巻きや味噌汁)など種類豊富。
エッグステーションで卵料理もオーダーできる。
キッズミールのコーナーもあった。

…けれども、不思議と、食べたいと思うものが、あまりない。

料理の器はたくさん並んでいるが
なんというか、素っ気ないものが多いのだ。

ナッツだけ、チーズだけ、野菜だけ、お粥も味気ない
厚揚げのみを炒めたもの、青菜のみを炒めたもの…
料理というよりも、茹でたり炒めたりした食材が並んでいる…といった感じ。

せっかく作ってもらっておいて申し訳ないのだが
目の前で作ってくれるオムレツですら、味気ない。
私はどこでも、チーズとトマト・マッシュルームを入れてもらうのだが
ここのオムレツは、なんだか味がない。
久しぶりに、ホテルのオムレツに、塩やケチャップをかけて食べた。

クロワッサンやデニッシュのパンも冷たくて、あまり食べ進まず。
料理の写真は撮っていない。


このホテルに泊まった方が読んで、気を悪くされたら申し訳ない。

でも、前年にクアラルンプールで泊まったシャングリ・ラの朝食が良かっただけに
タンジュンアルの朝食は、あまりにも特徴がなかったのだ。


そして、このレストランは、賑やかすぎる。
大型ホテルだから客数が多いのは当たり前なのだけれど
料理が並んでいるのが屋内のみで、テラス席の人々もみな
テラスと屋内を行き来しないと料理を取りに来られないせいだろう。
屋内席に座っていると、常に席の周りに人が歩き回っているのだ。
これは、まったく落ち着いて食事ができない。

あまりにもゴチャゴチャと人の往来があり、スタッフも忙しいのか
コーヒーのおかわりをお願いしても、持ってきてくれることがなかった。
3回お願いしてもこなかったので、あきらめてクラブラウンジにコーヒーを飲みに行った。

a0102153_12242964.jpg
しかし、賑やかな分、子連れでも気を遣わずに食事ができるのは便利だった。

ファミリー・フレンドリーなこのホテル。
着ぐるみのスタッフが、子連れの席に回ってくれるのも面白かった。

a0102153_12351861.jpg
このおじさん、会うたびに、毎回違う衣装だった。

ちなみに息子は、この姿をみて、「あ!ミッキー!」と喜んでいた…。
ミッキーか…?

a0102153_12363364.jpg
この方、プールサイドにも登場。

a0102153_12373397.jpg
人を楽しませるのが好きなんだな~という感じの、朗らかなおじさん。
8日間の滞在中、何度も会えて、楽しませてもらった。

a0102153_12385770.jpg

【キナバル・クラブ ラウンジの朝食】

そんなわけで、クラブラウンジで朝食をとることが多かった。

クラブラウンジは、キナバル・ウィングにあり
エレベーターで1つ階を降りれば着くので、部屋から近い。

レストランに比べて、料理の品数が少ないのでは…と思ったけれど
並んでいる量が違うだけで、種類は充分だった。

ラウンジのビュッフェは、小皿に分けて置かれていたのも取りやすく
ラウンジに併設された厨房で作りたてのものが並ぶので
料理もパンも温かくて美味しかった。

a0102153_12465267.jpg
パン、ハムソーセージ、チーズ、サラダ、ヨーグルト、フルーツ
点心、麵、粥などはビュッフェで並び

そのほかに、メニューが置いてあり、オーダーできる料理も4種類あった。

オムレツはオーダーで。
ここのオムレツは、ふわっとした焼き加減もちょうどよく、美味しかった!

a0102153_12485122.jpg

写真ブレてますが…ナシ・レマ。

a0102153_12501956.jpg

鶏肉と海老ワンタン入りの麺。

a0102153_12512063.jpg

そして、日本人には嬉しい、焼き鮭とご飯と味噌汁!

肉厚なサーモン、とっても美味しかった。

ただし、味付けは塩。滞在の終わりに近づくと、醤油が恋しくなったので
また泊まる機会があったら、醤油を持参すれば完璧な焼き鮭だった。

a0102153_12513779.jpg
もちろん、コーヒーなどの飲み物は、カップのあきをみて
スタッフがおかわりを持ってきてくれるし

子供にオレンジジュースを持ってきてくれるスタッフが
みんなとても優しくて。

滞在中に、すっかりコップ飲みがうまくなった息子。

a0102153_12561955.jpg
食事も美味しく、景色もよく、落ち着いた雰囲気のラウンジは、とても便利だった。

最初は、子連れでラウンジ利用は気兼ねしていたけれど
子連れの宿泊者が多く、ものすごく賑やかな他国アジアン・ファミリーに比べれば
2歳児を一人連れた我が家など、静かなものではないかと…。

子供用ハイチェアの用意もあって、子供に優しいシャングリ・ラ。
おかげでゆっくり朝食を楽しませていただいた。

a0102153_13065946.jpg



[PR]
シャングリ・ラ タンジュンアルの思い出といえば…

とにかく青かった、空と、海と、そしてプール!

a0102153_21020532.jpg
a0102153_21021504.jpg
a0102153_21022657.jpg
8日間の滞在中、毎日のように、日中はほとんどプールで過ごした。
今まで、こんなにもプール三昧だった旅行もない。

…というのも

マレーシアは水質が良いと聞いていたとおり、水が柔らかくて肌荒れせず
プールの水が塩素くさくもなく清潔で
プールが常に清掃が行き届いていて、とにかくきれい。

そして、毎日快晴だったおかげで、水温も高く
ずっと水に浸かっていても、冷えを感じることがなく
とにかく気持ちが良かった!

a0102153_21082960.jpg
プールは、大きな瓢箪型のような造りで
一番深いところは水深3mくらいあり、ダイビングの練習にも使われていた。
ここは大人専用。

プールサイドチェアも、大人のみなさんが、まったりと寝そべっていた。

a0102153_21093759.jpg

中央部は水深2m~1.5mほど。
ここは子供も入れるが、大きな浮き輪はNG(アームヘルパーはOKだった)。

a0102153_21144047.jpg
あとは子供でも足が着くくらいのラグーン。
チビッこが遊べるところは、屋根付きで日陰になっているのも良し。
まだ歩く前の0歳ベビーたちが、親に抱かれて楽しそうに遊んでいた。

a0102153_21151186.jpg
息子は、日焼け止めをぬったり、アームヘルパーを付ける間も待てないくらい
このプールに入るのが楽しかったらしい。
プールに着いて、私とMASAさんがタオルなどを用意している間に
1人でどんどんプールに入っていこうとするので、目が離せなかった。

a0102153_21165994.jpg
すい~っと。

a0102153_21192909.jpg

深いところは人が少なくて、悠々遊べて良かった。

縁のところは、水中で寝そべっていられるベッドになっていて
ここでゆっくり寝そべっていられたら最高なんだけど…

a0102153_21203303.jpg

チビ連れで、そんな優雅なことはあるわけなく…

a0102153_21230445.jpg


MASAさんが、息子を肩車して、うしろに倒れてドボーンと水に落ちる!
…というのが、相当気に入ったらしい息子。

a0102153_21243726.jpg
何度も何度もリクエスト。

a0102153_21250220.jpg

ゲラゲラ笑って「もっかい!」のリクエストに
お父さん、頑張った。

これはいい記念写真だ。

a0102153_21261919.jpg

1歳6か月からスイミングに通っているおかげか、水やプールを怖がらず
アームヘルパーがあれば、どこでも浮いて、足バタバタ。
どうせ足がつかないのだから、水深1mでも2mでも変わらないのだろう。

2歳3か月にしては、たくましく遊んでくれて、家族で楽しめた。

a0102153_21294799.jpg

海につながるようなインフィニティエッジプール。
端までスイスイ。

a0102153_21303812.jpg
コンタクトレンズ&サングラスで、顔をつけて潜れない私は
浮き輪なしで水深2mのところに行くのは無理だ…と思ったら

救命胴衣のようなガッチリした浮き具を貸してもらえたので
ちょっと格好悪いけど、これで楽しんだ。

息子は、これを着た私に抱かれるのは嫌がったけれど…;

a0102153_21305995.jpg
ちなみにこのプールのエッジは、崖になって海に続いているわけではなく
普通にホテルの通路になっていて
すぐ近くにグリル&バーがあるという、平和な風景。

絶景好きの方には物足りない造りかもしれないが
私のような怖がりには、安心な造り。

a0102153_21341139.jpg
深いプールでも遊んでいた息子だけれど
やっぱり安心して遊んでいたのは、ベビー専用プール。

a0102153_21390853.jpg
ここならアームヘルパーなしでも遊べるので
(それでも、尻餅をついたりすると潜ってしまうので、常に目は離せないけれど)

「自分で、自分で!」ブームの息子には、ちょうど良かったらしい。

自由自在に、バシャバシャと。

a0102153_21414352.jpg
キッズ用エリアには、バケツに水が溜まると、ザッパーン!と水が落ちてくる
こんな大型設備もあって、いつ水が落ちてくるか…なかなか面白かった。

こういうのは、大型ホテルならでは。

a0102153_21441048.jpg
子供用スライダーもあり。

a0102153_21443914.jpg
初日は親子で滑っていたけれど
慣れてきたら、息子一人でもバンバン滑って遊ぶようになって
調子に乗ってうつ伏せで滑ったりもしていた。
(下でキャッチしないといけないから、写真はないけれど)

a0102153_21461935.jpg
そして、この大型スライダー。

a0102153_21474988.jpg

息子はこれに夢中で、何度も何度も…
滞在中、100回は滑ったのではないだろうか?

a0102153_21495711.jpg

「もっかい!もっかい!」のリクエストに応えた私達。

階段を上っていくと、緑・青・紫の3本のスライダーを
「みどり!」などという息子の指示で、滑りつづけた。

青と緑は緩やかなカーブで楽しいのだが
直下降の紫は、すごい勢いで落ちて、すごい水しぶきをあげるので
落ちたあとに、ギャラリーから笑いと拍手が起こるオマケ付き。


水着が擦り切れるんじゃないか…と心配していたけれど
ビキニで滑っていた私は、水着ではなく、お尻が擦り切れた…。

a0102153_21490453.jpg
ここのプールは、ウォーターサーバーが何か所か置いてあって
プラカップが用意されているセルフサービス。
アップルウォーターやレモンウォーターなどが入っていた。

そして、たまにこんなフルーツのサービスが回っていた。

a0102153_21551961.jpg

楽しすぎた、シャングリ・ラ タンジュンアルのプール。

ここ数年、我が家は、プライベートプール付のヴィラに泊まることが多くて
パブリックプールが大きな、大型ホテルに泊まったのは…久しぶり。

でも実は、ここ数年、私はあまりプールを満喫することはなくて
少し入って、あとはプールサイドでビールを飲みながら読書…という過ごし方だった。
最後に思いっきりプールで遊ぶような旅をしたのは…2006年だったと思う。

というのは…

子宮の治療・手術、妊娠を待っている間は
冷えるからプールは良くないと、病院で言われていたからだ。

今から思い返すと、かなり神経質になっていた数年間。

でもその時期があったからこそ、今こうして息子に会うことができたのだから
その時期の自分を後悔してはいないけど。

今回は、数年分を取り戻すかのように、思いっきりプールに入った。

楽しかった!

a0102153_22102991.jpg

プールで遊んだあとは、息子も気持ちよさそうに昼寝…の毎日だった。

a0102153_22120442.jpg






[PR]