<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
a0102153_14162514.jpgカユヌサ2日目の朝。気持ちよく晴れました。

夕べのキャンドルディナー時に施した花びらでいっぱいのプール。朝見ると、一面真っ赤なプールってちょっと不思議。笑

この日の朝食は、レストランに行く予定でした。去年、サンライズブレックファストができなくて残念がっていたのを覚えていてくれたようで、「今回はやらなくていいの?」と聞いてくれたんだけど、、、
「ガンサでやったからいいや」
「サヌールとはちょっと景色が違うよ」
「メニューのチョイスが多いほうがいいんだ~」
(↑※SBFはセットメニューから選択)
と言ったら、笑って納得してくれました^^
美景より食!の我が家です。

...で、レストランに行くために準備してましたが...MASAちゃんが朝から仕事に追われ、8:00になっても手が離せない状況になってしまったので、ヴィラに運んでもらうことにしました。バトラーに電話してオーダーすると、20分くらいで持ってきてもらえるとのこと。お願いしまーすと電話を切ろうと思ったら、「きのう、間違えた~。タナロット、お猿さん、いないから、キラキラ、付けてても大丈夫。お猿さんいるのは、ウルワツ」と急に日本語で言われました。あ!Eちゃんだったのね~^^ 「わかった~♥ありがとう」。夕べ話したあと気が付いて、伝えなきゃって思ってくれてたのかな? お腹すいてボケ~っとしてた心が、ホコホコしましたよ。
a0102153_1573461.jpg

朝ゴハン、届きました!

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
ガンサは、我が家のスタンスが"家族モード"になるヴィラでしたが...
こちらカユヌサは、、、"恋人モード"になりたいヴィラ。

ハネムーナーでなくても、、、
カユヌサの空間と、スタッフの演出が、フレッシュな気持ちを思い出させてくれます^^*

今回も、恋人気分盛り上げイベント
嬉しはずかし(笑)ロマンチック・キャンドルディナー、やってきました。
a0102153_1835635.jpg

準備の間は、ヴィラを出てプラプラお散歩。小額紙幣がないことに気づいたので、両替をお願いしに、レセプションに行きました。夕暮れ時になると、木や壁にイルミネーションが灯っていて、とってもキレイ*

レセプションの女性スタッフに両替をお願いすると、、、日本語で「ごめんなさい、名前、わからない...でも、あなたのこと覚えてる。Welcome back!」と言われてびっくり。

a0102153_19422039.jpgそういえば、去年はあまりお話しはしなかったけど、たまにレセプションで挨拶は交わしたかも。私も覚えてるよ~^^ この彼女・Eちゃんは、日本語が話せるから頼りになります。

「今回はどこか観光に行くの?」と聞かれたので、「タナロットに行く予定だよ~」と言うと、「タナロット、お猿さんいっぱい。キラキラ、全部、とってね」と、耳にも首にも足にも手にも指にもチャラチャラとアクセサリーを付けている私に教えてくれた。(※正しくは、猿がいっぱいいてアクセサリーが危険なのはウルワツ寺院で、タナロット寺院には猿はいません。Eちゃんが翌日訂正して教えてくれました)。Eちゃんはのんびりした話し方と明るい笑顔がとっても可愛い。


さて、そろそろ準備が終わったかな? ヴィラに戻りました。
a0102153_19474537.jpg
先にあるものがわかっていても、このキャンドルの道を通るのはワクワクします♥
a0102153_195234.jpg
プール一面の花びらは、やっぱり素敵~* 
ヴィラの形が違うから、去年とはまたセッティングが違うのね。
(去年のキャンドルライト・ディナーの様子はこちら
a0102153_19524544.jpg
カメラ置くとこなくてブレブレでごめんなさい^^;
a0102153_20122625.jpg
a0102153_20182298.jpgちなみに、食事中は軒下のライトも点けてくれたので明るかったです(↑スイッチが多くて、自分たちでは目的のライトが点けられなかった!笑)。

時間通りにレストランスタッフ君がやってきて、ディナースタート。今回のスタッフ君も、物腰が柔らかくてすっごくいい子だったんだけど...名前ちゃんと聞き取れなかった~; 暗くてネームプレートが見えないと、名前が覚えられないんだわ。。。
a0102153_20253063.jpga0102153_20254523.jpg
サラダとスープをいただいている間に(このスープのソフトシェルクラブが美味しい*)、、、

スタッフ君が、作ってくれましたよ。・・・今年も、これを^^ キャンドルと花で作った I ♥ U
a0102153_20303695.jpg
そして、とっても器用なスタッフ君。ペーパーナプキンで、バラの花を折ってくれました。
a0102153_20353143.jpg
すごいすごい~* パパっと折ってくれました。マジシャンのようだよ!

でもね、スタッフ君は「Ibu(←私ね)にプレゼントしてねっ」てことで、MASAちゃんに渡したのに...MASAちゃんは、自分が貰ったんだと思って嬉しそうに花を持ってニコニコ。しびれを切らしたスタッフ君が花を取り上げて、私にプレゼントしてくれました(笑)。妙に乙女野郎なんです、うちの旦那くん...。

a0102153_20314480.jpg
お花を持って、「I ♥ U」の前で記念撮影。私たち、もうそんなにフレッシュな夫婦ではないんですけど(笑)なんかここだと、スタッフ君の可愛い指示にのせられちゃうんだよね。
これも旅先ならではのいい記念てことで。。。^^*


a0102153_213194.jpga0102153_2131970.jpg
a0102153_2145338.jpg鶏のサテ。
私の分は、海老に変えてもらいました。

お口直しの、オレンジソルベ。
下に、ベリー系のソースと生クリームが添えられてました。これ、後日のディナーでも出たんだけど、すごく美味しかった。
a0102153_218372.jpga0102153_2182378.jpg
メインのビーフステーキ。私の分はツナのグリル。
(メニュー変更してくださったYさん&シェフに感謝)

a0102153_2119350.jpga0102153_21191510.jpg
可愛くデコレーションされたデザート&カプチーノまで、美味しくいただきました。お腹、ぱんぱんです。サッカー大好きのスタッフ君の楽しいお話と、絶妙なタイミングのサーブと、素敵なプレゼントありで、とってもロマンチックな時間を過ごさせていただきました♥

そういえば、どうやってプールの水面にキャンドルを固定してるんだろ?と思ったら、スタッフ君が種明かししてくれました。あ、紐で固定してんのね^^ 「フラワープールで泳ぐととっても素敵だから、お花がフレッシュな今夜のうちに楽しんでね~」とのこと。ワインでホロ酔いだったから泳ぐのはやめておいたけど...目で楽しむだけでも満足でした。
[PR]
前回はLシェイプ(LとBRが別)のヴィラだったので、今回はIシェイプ(LとBRが一緒)をリクエストしました。今回お泊りしたのは『EBEN
a0102153_18115060.jpg

Lシェイプに比べると建物が横長。プールも長いです。

つづきはMOREからどうぞ


More
[PR]
a0102153_13131282.jpg昨日本棚を整理していて、奥からこの本を見つけた。吉本ばななさんの『マリカの永い夜/バリ夢日記』。前題がバリ島を舞台にした小説、後題がバリ紀行文になっている、ハードカバーの一冊。現在は「よしもとばなな」に改名、この本のタイトルは『マリカのソファー』に改題し、内容も大幅に書き改められているらしい。

うちにあるのは1994年3月の第1刷で、外側はもうシミがいっぱいなのだけど、中はわりとキレイ。片付けが終わった午後、コーヒーを淹れて久々に読んでみた。

この本を最初に読んだ当時、私は高校生で、文と写真と原マスミさんの画から、ロータスが咲くバリ島の風景を想像し、高級ホテル・アマンダリに憧れた。でも紀行文にはバリのいいとこばかりじゃなくて、物売りや物語の悪霊のことも書いてあったから、実際バリに行くのは怖いかもと思った覚えがある。

それからこの本はずっと色んな人に貸していて、10年経って手元に戻ってきた頃のある日、通勤電車の暇つぶしにと会社に持って行った。その日に上司から「冬休み取ってよ」と言われ、急遽翌週一週間休みを取った。そのことを彼に話すと、彼も休暇が取れるということになり、だったらどこか旅行しようという話になった。ちょうどバッグに入っていたこの本を取り出し、「バリに行ってみよう」と決めて、バリについて何も知らず、滞在地もホテルも何もわからないまま、駅前の旅行代理店のパンフレットに載っていたツアーを申し込み、5日後にバリに行った。うちの両親にどう話して行ったかは忘れてしまったのだけど...彼は、成田空港から実家に電話し、「女とバリに言って来る」と伝えていた。...人生で初めて「女」呼ばわりされたあの衝撃...(笑)

それまではお互いわりと淡々とお付き合いしていたのだけど、ウブドとレギャンで1週間...目覚しをかけずとも同じくらいに起きて朝日を見て、スパとプールでまったり過ごし、同じくらいにお腹がすいて、食べたいものも意義なしで...一緒に過ごすうちに、なんともいえず情がわいた。帰国前日の夜、泊まっていたホテルパドマのBELLA ROSAで夕日を眺めながら食事をしている時に、この人とだったら楽しく一緒に暮らしていけるかもと思った。翌月、彼が転勤になったのをきっかけに一緒に住むことになり、5ヵ月後に籍を入れた。突然の人生の大波に、躊躇わずに乗れたのは、バリでの一週間があったからだと思う。

今、久々にこの本を手に取ったのには、何か意味があるんだろうか。

次回、アマンダリに泊まれるとか?
いや、それは、ないな。
いつか相応しい大人になれた時に、その機会がやってきてくれるかもしれないけれど
15年経っても、アマンダリは、まだまだまだまだ、憧れの地。

とりあえず、初心に返ってホテルパドマに行ってみようか。
ホテル自体は至ってフツーの大型ホテルであまり覚えてないけれど
あの巨大プールのサンケンバーで飲んだビンタンは、美味しかった。


懐かしい本を開くと、読んだときの、懐かしい記憶が甦る。

マリカのソファー/バリ夢日記 (幻冬舎文庫―世界の旅)

吉本 ばなな / 幻冬舎



More
[PR]
カユマニス・ヌサドゥアにチェックイン。
どうしてもまたここに来たくて、前回帰国後早々に今回の旅を手配しました。
2008年バリ旅の最後にとっておいた、楽しみなイベントがいっぱいの4日間です♥
a0102153_1713669.jpg
パブリックエリアなどは、2007年の旅日記をご覧くださいませ。
a0102153_17152777.jpg
また会えました。カユヌサのホワイトツリー。
普段ここにはカユマニス(シナモン)の木のオブジェがあるみたい。
a0102153_17205666.jpg
この時間(15:00くらい)は、C/IとC/Oでたくさんのゲストが出入りしていて、レセプション周りはちょっと慌しい模様...。ラウンジに移動して、ドリンクをいただきました。2階で景色がよくておしゃれで、ここスキ♥
a0102153_17232061.jpg
日本人ゲストリレーションズのYさんが来てくださって、嬉しい再会。去年の滞在中も、そして今回の予約でも本当に色々とお世話になったので、お会いできるのが楽しみでした。細やかな気配りが素晴らしくて、いつも笑顔で...とっても素敵な方。しばし、バトラーEくんと4人でおしゃべりしてから、ヴィラに向かいました。
[PR]
2月末くらいから更新ペースが落ちてしまった...^^; 身近な方々に、まだバリ終わらないの?と言われてしまった...。去年もカユヌサ前で止まってしまったような(笑)ここでは大切な思い出がいっぱいで、どうまとめて良いのかわからなくなってしまうのです。去年はそれで、放置の果てに、サクサクっと突貫UPしてアレアレ?残念☆な日記になっちゃったので、頭の中で整理して、今年はもう少しマシにまとめられるようにしまーす。

a0102153_1771746.jpgバリに行くのに、絶対必需品!! なのが、この『どこでもベープ』

虫刺され痕がなかなか消えない&虫除けスプレーに弱い肌質なくせに、よく蚊に刺されそうな格好をしてるので、いつでもどこでも携帯用蚊取りが欠かせません。ヴィラでは置き型3つを駆使して、外出時はこの装着小型を持って行きます。

身に着けて見栄えのいいものではないので、バッグの内側にこっそりつけたり、ロングワンピの時に足首に巻いてるんですけど、、、。ホテルのスタッフって、特に女子って、さすがに色んなトコロに目を向けてるんですね。しっかり、バレてて、「あれは何??」と話題になっていたそうです。これが目印で私のことを覚えていて、「Welcome back! 」を言ってくれたスタッフもいたし...。なんだか、はずかしー^^; 

蚊の多いバリにこうゆう蚊取りグッズが売って無いって、意外でした。日本人スタッフさんは、帰国時にお土産としてまとめ買いしてるんだって。私は2年くらい前に買ったものにレフィル詰め替えて使ってるんですけど、次回はもっと可愛いのを探して身につけてようと思います。
[PR]
a0102153_1519714.jpg12:00、ガンサをチェックアウト。さっきまでの大雨がピタっとやんで、快晴に* 雨粒がキラキラしたガンサとお別れです。

たった2泊だったので、あっとゆう間。ガンサのようなお篭り系のヴィラは、もっとゆっくり滞在してオリジナルアクティビティを楽しみたかったかな~。3日間ほとんどヴィラで過ごしたから、ヴィラ内は満喫したけど。ビーチでのんびりもできなかったし、とっても気持ち良かったスパも1回しか行けなかったし。。。

フロントに行くと、Hさんをはじめ、いつでも明るい笑顔のスタッフに会える、ホッとするガンサ。"遠慮がち"みたいなスタッフがいなくて、大きなハートでドーンと待ち構えてくれてるような、安心感がありました。オードリー春日くんみたいな(笑)。

お願いゴトした時も、大きな笑顔で Sure! No problem! が気持ちいい。

いずれまた、今度は家族や友人と一緒に、大所帯で泊まりに来たいと思います。なんてゆーか、団欒が似合うというか、健康的な雰囲気のヴィラでした。

★★★

次のお宿、カユヌサからのお迎えは13:30。サヌールには魅力的な食事処がいっぱいあるから、外に出かけることも考えたけど、、、短い滞在だったから、できるだけガンサを満喫しようってことで、、
Gong Restaurantでランチ。
a0102153_1691276.jpg
(↑左のGong Restaurantの建物と比べると、バナナの葉の背の高さがわかるかな^^*)

a0102153_16212239.jpg私は苺ジュース、MASAちゃんはメロンジュースを。

ガンサのフレッシュフルーツジュースは、サラっと系。
a0102153_16283137.jpgサービスのスナックは、サンバルをつけていただきます。
a0102153_1630359.jpgBaby Octopus Salad

イカが柔らかくて美味しかった。葉っぱモノのサラダより、こーゆーのが好き*
a0102153_1642169.jpgMASAちゃんは、Mie Gorengを。アヤムサテ付き。
a0102153_16442594.jpg私は、フィッシュボール入りのBaksoを。おダシがおいしい、優しい味。

屋台で食べる勇気がないので...; ホテルでこれが食べられるのは嬉しい。

以上に、食後コピを飲んで、++でRp.387,200(この時のレートで3,400円くらい)。
ごちそうさまでした*

カユヌサからの車が渋滞で遅れているというので、のんびり待ちました。この日(29日)はもう、本格的に空港周辺・クタが大渋滞!ヌサドゥア→サヌールまで、2時間近くかかったらしい...

「車が到着しましたよ~」というので、フロントに行くと...

てっきりドライバーさんが来ると思っていたら、バトラーEくんがニコニコと立っていました。
嬉しくてブンブン手を振る。

去年の滞在で仲良くなったEくん。MASAちゃんは今回、カユヌサで彼とまた一緒にアクティビティを楽しむためにバリに来たと言っても過言ではないので、しばし男達は再会を喜んでおりました^^* 去年は途中までクールフェイスだったEくんが、最初っからニコニコ笑顔なのも、再会って、嬉しいね。

サヌール→ヌサドゥアの大渋滞に辛抱しつつ、、、カユヌサに向かいました。

車中、彼らは、最近仕事はどうだ? から、経済のお話へ。旅行英語程度しか話せない私は、彼らの会話には半分くらいしか入っていけないから、黙って聞いておく。...いいのだ、それで。男同士の話には、お邪魔はしないんだ♥ 
[PR]