カテゴリ:'07.11 京都大阪( 9 )
大山崎山荘の帰りは、またまた上牧の二十四節記へ。初日はディナーに来ただけだったので、お店を見に行きつつ、1階でランチです。

a0102153_10145421.jpg

              ドアにリースがついていました。クリスマス仕様*

a0102153_10155198.jpg

ランチ新メニューのサンドイッチ2種。天然酵母の窯焼きパンで作った、サーモンのサンドと生ハムのサンドです。こちらのパンは酵母の香りがとっても良くて味わい深いので、よく噛んで食べます。

a0102153_10191155.jpgトッピングの京野菜を選べるPIZZA。

あれもこれもと欲張りたくて、サンドイッチとPIZZA、3種類オーダーして、3人で分けました。

a0102153_10204259.jpgお腹いっぱいだったけど、MASAちゃんが「ここのパフェは絶対に格別に美味しいに決まっている…!!」とメニューから目を離さなかったので(笑)1つだけオーダーしたパフェ。
下のフレークがほんのりチーズの香りがして、やっぱりただものではない美味しさでした。お腹いっぱいだから一口だけちょうだいと言っていた私とKAZUYOママですが、しっかりパクパク何口も奪ってしまいました;ごめんよ、MASAちゃん;


KAZUYOママ、今回も、美味しいものをたくさん、ご馳走様でした*
[PR]
日曜日は、KAZUYOママ様邸からすぐ近くの、『アサヒビール 大山崎山荘美術館』に行きました。

実家に行っても、梅田や河原町にばかり出ていて、家の周りを楽しむことはあまりなかったのですが、以前『hanako west』でレトロな建物として取り上げられているのを見て、行ってみたかったのです。

大山崎の駅から送迎バスに乗って行きました。ほんの数分で到着ですが、山に入ったので景色は一変しました。
a0102153_17514333.jpg

        門をくぐると…快晴の青い空の下、燃えるような紅葉がお出迎えです。

a0102153_1753417.jpg

       前日・前々日訪れた京都の紅葉名所よりも、こちらのほうが見頃でした。

a0102153_17544185.jpg

                大正時代に建てられたモダンなお屋敷です。

a0102153_1851915.jpg

                     庭の池には、優雅な鳥が。

a0102153_175956.jpga0102153_1802927.jpg

       














        中には、初代社長が収集した陶器のコレクションが展示されていました。

a0102153_17595758.jpg

                 シャンデリアやステンドグラスも素敵。

a0102153_182172.jpg

                  天気が良すぎて霞んでしまったけど…
         カフェテラスからの、眼下に山と街を見渡せる景色が素晴らしかった。
           
a0102153_1834562.jpg

      美術館になっている、安藤忠雄設計の新館でモネの「睡蓮」も見てきました。
          パリではオランジェリー美術館には行きそびれたので、こちらで…。

a0102153_1855628.jpg

         庭園ではピクニックをしている家族もいて、のんびりしたいい所でした。

a0102153_1891063.jpg

[PR]
東福寺の帰り。八坂神社まで戻る予定でした。帯がつぶれるくらいバスが混雑していそうだったので、さくっとタクシーに乗り込みました。

…これが曲者運転手さんに出会ってしまいまして。バスで6停車駅ほどの一本道なのだから、渋滞と言ってもたいしたことはないと思うのに、「これはあかん!!」と裏道へ。でも、裏道も混んでいる・・・。妙によく喋る運転手は要注意というのが私の中では定説なのだけど、案の定、混んでいる八坂→清水寺よりも、すいていて穴場な紅葉夜景スポットがあると言い出しました。道はどこも混んでいると言っているのに、矛盾してないか?…と思ったのですが、まぁこの運転手さんも、今が稼ぎ時なのでしょうし、その穴場スポットというのが、以前から気になっていた場所だったので、連れて行ってもらうことにしました。

清水寺の裏手の山にある、将軍塚へ。

清水焼団地に会社の保養所があり、以前5回ほど泊まったことがあるので、五条坂から山科方面に向かう道の途中から入る将軍塚への道案内は、気になっていたのです。初めて行ってみることができました。

ここは、青蓮院の飛び地になっているそうで、車でしか来られないから穴場の紅葉ライトアップスポットだそうです。

a0102153_14194421.jpg

運転手さんも一緒に車を降りて、案内してくれるようです。料金はどうしたらいいのか聞いてみたら、あとでいいから~と流された…交渉したほうがいいんじゃないかな?と思ったのですが。

でも、ライトアップされた紅葉がとってもきれいだったので、まぁいいか~と、観て回りました。そしてここには、京都と大阪を一望できる展望台がありました。
a0102153_14223324.jpg

                 展望台を振り返ると、見事な月が。

a0102153_1423258.jpg

カメラを置くところがなくてブレちゃったけど…圧巻の夜景でした。右のほうに、ぽっかりと暗い部分があって、そこは御所。桓武天皇がこの場所に立って京を一望し、長岡京を移すことに決めたという場所だそうです。

a0102153_14292163.jpg

               サーチライトは、清水寺から出てるそうです。

着物で寒かったので、夜景と紅葉を観て満足し、早く車に戻りたかったのに・・・運転手のおじさんは、携帯のカメラで必死に月の写真を撮っています。車中からずっと信号で止まるたびに携帯を見せられていたのだけど、この人、ここで月を撮影するのが趣味だそうで・・・延々、撮ってました。

で、やっと気が治まったらしく、車に戻ると・・・「もしかしたら、メーター上がってるかも~」と言い出しました。

まぁ、わかっていたけど。観光貸切扱いにしてほしくて、さっき料金のこと聞いたのに~。しかも、あんたの月撮影のせいで、滞在時間倍くらい長くなったんだけど・・・。しかも「もしかして」って何よ。。。?

なんだかエンジンの調子が悪くて、外国タクシーのようにガクガク揺れたし、バックするたびに「ちょっと後ろ見てて」とか言い出すし・・・だ、大丈夫かな、この人。

ちょっとムッとした私は、山を降りたら、すぐに五条坂で下ろせと言ったのですが、「ここは多分混んでる。行って動けなくなったら大変だ」と言って、出口を降りずに通過!出口もその先も、特に渋滞はしてませんが? 通過してから、大通りの関係ない道を指して「ほらすごい渋滞!」。
…で、「混雑を避けて下ろしてあげたいから」…とか言い出して、また裏道に。調子のいい口調は危険信号…。大声で関係ない話を始めて裏道をクネクネ。

さすがに私も腹がたって、さっきの出口は全然混んでなかったし、目的地(着物屋さん)は出口からすぐだったから混んでいようが関係なし、こんな道に来てしまって、どうしてくれるんだ!!もう着物返す時間だから、降ろせ~!!とキツク言ってみました。我が家は、嫁がクレーム担当です(苦笑)。関東から来た大人しい観光客だと思っていた運転手のおじさん。驚いて4400円のところを4000円に値引きし、これは親切でやったことなんだけど、他の運転手に見られたらマズイとかモゴモゴ言い出しました(--); 

本当はもっと言いたかったけど、うまく言えなくて黙って降りてしまった。悔しい~…; 
てか、断るなら、怒るならもっと早くって、自分にツッコミ。タイミング遅いのよね、私。。。

ま、将軍塚は良かったから、紹介してくれて良かったんですけどね。車でしか行かれないところだし、東福寺はラッシュのような混雑だったので、ゆっくり、ひと気のないところで眺める紅葉と夜景には圧倒されました。

a0102153_14471369.jpg

着物をお返しして、洋服に戻り、カイロをペタペタと貼って、防寒万全で清水寺の夜間拝観に向かいましたが・・・ちゃわん坂の半分までチケットの行列ができていたので、あきらめました。

a0102153_1448655.jpg寒かったので汁物が食べたくて。青龍苑の『有喜屋』さんでお蕎麦をいただきました。
温かい湯葉とじ蕎麦、美味しかった*
MASAちゃんが、ざる蕎麦だけなのは…このあと近くの『イノダコーヒ』でサンドイッチを食べるつもりだったからなのですが、残念ながら、イノダコーヒはもう閉店してました。


a0102153_1514288.jpg










で、高台寺前の『都路利』を覗いたら、全然混んでなくてすぐに入れたので…。寒いと言っていたくせに、やっぱり入ってしまいました。私は小さめのにしましたが、MASAちゃんは特選パフェ。

彼にとって、お蕎麦は前菜くらいのものらしく、この大きなパフェを食べても満足しないよう。前菜とデザートのみで、メインがないそうな。恐るべし、メタボり君。

お家に帰ったら、ママ様のカレーがあったので、嬉しそうに食べていました。
[PR]
まだ大学生だった頃、ゆっくり平日に訪れた時の、東福寺の燃えるような紅葉がまた見たくて。
10年ぶりに訪れてみました。

・・・バスを降りた時点で、道を歩く人・人・人。辿り着いた東福寺は、チケットを買ったあと、通天橋を渡るまで、長~い行列。ロープで待ち列を作ってあって、まるでディズニーランドのよう。

いざ通天橋へ。・・・通勤ラッシュ!? というくらいの混雑でした。危険です。みんな、カメラを構えて、端に行くために押し合い圧し合い!! 淵は手すりが低いので、押されて落ちたりしたら、谷底へ真っ逆さまですぞ。

a0102153_7372319.jpg

                 紅葉はまだ6分くらいだったかな?

a0102153_7382552.jpg
a0102153_738381.jpg
a0102153_7384923.jpg
a0102153_739145.jpg

                フォトジェニックな、市松模様の枯山水

a0102153_7393685.jpg


一番の目的は、苔と石で市松模様を作ってある方丈庭園北庭だったのですが、16時閉園のところ、到着したのは16時10分…。あまりの通天橋の行列のため、10分間に合いませんでした(涙)

まだ間に合った龍吟庵に行きました。ここに渡る橋は、隙間から谷底が見えて、ちょっと足がすくみます。以前来た時は、橋の強度の問題で、一度に渡る人の人数を制限していて、余計に怖くてソロソロ歩いた記憶があるのですが、今回は制限はなくたくさん人が通っていました。

a0102153_7453112.jpg

       西庭(龍の庭)。枯山水でなんとなく龍になっているのがわかりました。

それにしても、秋の東福寺人気は凄まじいものがありました。それでも、やっぱり通天橋からの景色は絶景だし、広い庭を歩きながら見られる紅葉は素晴らしかったです。

帰りは、あまりの混雑に、バスに乗るのをあきらめ、タクシーに乗りました。着物だったので、ラッシュに乗ったら帯がつぶれるし。。。東福寺から五条坂までの、なんてことない一本道を行くつもりでいましたが、ここでちょっと親切半分、営業半分、口がうまくて詐欺っぽいタクシーに出合ってしまい、この後の予定が大幅に変りました。つづく。
[PR]
着物を着付けてもらった後、八坂近辺でランチをしようと考えて、まずかねてから行ってみたかった石塀小路の『サバティーニ』にTelしたところ…10月いっぱいで閉店したとの事。。。以前、IKSPIARIのサバティーニにも、いざ予約のTelをしたら直前に閉店していました。御縁がないのかも。。。

円山公園にある『長楽館』のランチを予約していきました。明治時代に迎賓館として建てられた素敵な洋館です。

a0102153_7403193.jpg

こちらは以前も、ティータイムに行ったり、廊下に甲冑が飾ってあったりして!ちょっと古くて怖かったけどレディースホテルに泊まったことがあります(現在改装中のようです)。

a0102153_746845.jpg

今回は、2階(?)でした。こちらのレストラン、いくつかお部屋があって、それぞれ雰囲気が違います。外の大混雑の喧騒が嘘のように、静かで落ち着いた空間でした。

a0102153_7474696.jpg
a0102153_748523.jpgシャンパンで乾杯して、フレンチのランチコースをいただきました。予約時に私の分だけ肉料理を魚に変えてもらいました。
メニューはオーソドックスな感じ。すごく目新しいものはないけど、雰囲気込みで、ここにいる時間を楽みました。フレンチは炭水化物摂取量が少ないので、ぎゅう~っっと帯を締めた着物でも、あまり苦しくならずに完食できるのがよいところ。着物ってコルセットみたいだからダイエットに効果的かも。
デザートは、ワゴンで運んできてもらって、ケーキ2種・パンナコッタ・フルーツから、お好きなものをお好きなだけどうぞ・・・というスタイル。どれも美味しそうだったので、全部をちょっとずついただきました。


重厚な調度品に囲まれてタイムトリップした気分でした。着物で行くと尚更です。
[PR]
土曜日は、着物レンタルの予約をしていました。
着物は持っていないし、着付けもできません。以前、桜の季節に1日レンタルでピンク色の春らしい着物を着せてもらった時がとても楽しかったので、いつか紅葉の時期に秋らしい着物を着てみたいと思っていました。

今回は、清水寺近く、ちゃわん坂にある『岡本織物店』さんでお願いしました。

a0102153_18115933.jpgお値段によって着物の種類がかわります。私は、刺繍やレースの襟が選べたり、着物も豪華な「本格装いプラン」で。
まずは私の着物選び。紺地にピンクの花柄にしようと思っていましたが、実際に見てみるとイメージが違ったので、せっかくだから…とおすすめしてもらった、華やかな黒字に緋色の絞りに決めました。たっくさんあるので、迷っていたら時間がかかると思い、即決です。着物に合わせて帯とバッグは黒字に水玉模様にしました。

a0102153_18121134.jpg着物を選んだら、着付け。こちらでは髪のセットもしてもらえるのが良かったです。紅葉観光客で1番混む日だったので、お店は満員状態。でも流れ作業で手早く終わりました。女性に比べて、男性の方が簡単なので、MASAちゃんは、先に終わって待っていました。

若いカップルさんが多くて、細身で着物をひっかけているような男の子が大半な中、なで肩でお腹ポコリのMASAちゃんは、まるでどこかの若旦那のよう…お店の人にも似合うと絶賛されたそうな。
「・・・"着物体型ですね"って、小太りの人への、褒め言葉だな~」と、複雑な表情で呟いておりました(笑)。

a0102153_1831633.jpg

    刺繍入りの襟って可愛い♪帯は、ねじって裏の色を出して結んでありました。
       セットしてもらった髪には年がいもなく大きな花を付けました(^^ヾ

a0102153_1831172.jpg

                 ちょっと襟元が整っていませんが…

着物だと背筋がのびるし、足元も外股にならないよう気をつけたりして、洋服とは違う緊張感があって良いですね。最近はレンタル着物で歩く若い人がとても多いので、楽しみやすくなった気がします。桜の時期よりは外国人観光客は少なかったけど、それでも、記念撮影をお願いされたりして。楽しい1日でした。自分で着物を着られたら、気軽に出かけられて良いなぁとは昔から思いつつ・・・いつも着付けしてもらっていて、実行に移せない私です。
[PR]
初日のディナーは、楽しみにしていた『二十四節記 RISTORANTE Co.N.Te』へ。ママ様が予約していてくださいました。
a0102153_21471121.jpg

a0102153_21493550.jpgすっかり日が落ちた時間。クリスマスイルミネーションが輝いています。夏に来た時とはディスプレイが変っていて、暖炉もあって、温かい雰囲気になっていました。こちらはスタッフのみなさまも温かくて、お家にお邪魔している気分になります。美味しいお店は都内でも数あれど・・・こんな雰囲気のレストランはなかなかないので、とても楽しみにしていました。

ディナーは予約限定。メニューは、肉嫌いな私にはお料理を代えていただいたり、その日の、そのグループだけの特別なもの。

樽で入荷しているという美味しいボジョレ・ヌーボーで乾杯♪今年飲んだ中で、1番コクと風味があったかな。美味しかったです。


a0102153_21582116.jpgこちらのパンは、フルーツの酵母の香りが良くて絶品。一口サイズの小さなパンは、もちもちしていて、とても美味しかったので、帰る日に焼き立てを買って帰りました。

a0102153_2242356.jpg

               ・生本マグロ中トロの燻製 焼きチーズ添え
           ・鱈の白子、活ミル貝、アオリイカでレモンとアンチョビ風味

a0102153_2264173.jpg

           ・イカ墨を練りこんだ手打ち麺、活タラバ蟹、縞海老のソース
               ・ホウボウの低温焼き赤ワインソース、秋米茄子

a0102153_2282188.jpg

     ・活スズキとポルチーニ茸の皿ごとヴァポーレ(私用に変えてもらったメイン)
   ・特選大山黒牛フィレ肉とポルチーニ茸グリル 柑橘のモスタルダと季節の野菜添え

                           ☆☆☆

ワインと、暖炉のあたたかさで、ほわ~っと美味しくいただきました。今回はパンをぐっとこらえて少なめにしたし、炭水化物(パスタ類)が少なかったので、苦しくなる手前で(笑)すべて堪能させていただきました。

デザートは、1階に降りてまた違う雰囲気のなかでいただきました。洋梨とマスカルポーネとセイロンティーのドルチェ。風味が良くて舌触りがよくて・・・ん~美味しい!ごちそうさまでした!
a0102153_22123746.jpg

[PR]
a0102153_11402172.jpg嵐山の物凄い混雑ぶりに、ランチは長時間待ちは覚悟していましたが・・・

油取り紙と言えば、ここ、ご存知「よーじや」さんのカフェ。

野々宮神社近くにあって、歩くコースの起点にちょうどいいので選びましたが。。。待ちました待ちました、1時間半待ちです。

待っている間、テイクアウトのドリンクはすぐに買えるので、温かい抹茶ミルクを飲みました。抹茶が濃くて、とても美味しかったです。

途中、寒いし、諦めかけましたが、どこに行っても混んでいるし、ここまで待ったら頑張ろうと励ましあって待ちました。

a0102153_1148799.jpg

私は京野菜のカレー。MASAちゃんは和風オムレツを。このオムレツ、お雑炊仕立てになっていて、こんな風に食べても美味しいんだな~と目からウロコでした。どちらも和風だしが利いていて、洋食を食べに来たと思いきや、かなり和食でした。美味しかった。

・・・そして。「よーじや」を選んだからには、これを飲まないと。

a0102153_1151423.jpg

         「よーじや」の看板娘さんの絵がパウダーで描かれたカプチーノ


・・・あちこちのWEBサイトで見たところ、ここに来てこれを飲むならば、これで遊ぶのが密かに定番化しているようなので、私たちもやってみました。

a0102153_1153658.jpg

と、言い出しておいたくせに、相席で恥ずかしかったので・・・私はこれだけ。
わかりますか? まつ毛をカールさせて、口角を上げて、泣きぼくろをつけて、色っぽくしてみました。


楽しんでいたのは、言われるがままにイジリ始めたMASAちゃん。初めは眉毛を付けただけでしたが、上手く出来たらノッてきたようで・・・

a0102153_1202166.jpg

          ・・・なんだか最後は無残なオジサンになっていました。

混んでいるのにアホな遊びをして楽しませていただきました。お店の方、ごめんなさい。これがやりたいだけだったら、羽田空港にもカフェがあるので、次回は羽田店でやります(笑)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そのほかMASAちゃんは、渡月橋付近に出ていた屋台で鮎を食べたり、天龍寺通り沿いのコロッケ屋さんで買って食べ歩きをしていました。ホントよく食べますね。
a0102153_1243663.jpg

[PR]
大阪・京都に紅葉旅行に行こうと決めたのは、1ヶ月くらい前。決めたときには、3連休初日の飛行機は、ほぼ満席でした。なんとか2席確保したのは、朝7:30の便。4:30起きで出発です。

a0102153_1375864.jpga0102153_1381079.jpg













クラスJは、また国際線のエグゼクティブクラス用のシェルフラットシートでした。たったの1時間とは言え、フラットに倒して満喫です。MASAちゃんは、爆睡して内股っ子になってます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

初日は、嵐山に出かけました。

a0102153_13143358.jpg

嵐山に来るのは数年ぶり。紅葉は、思ったよりもしていないけど、山の景色は圧巻です。
a0102153_13144598.jpg

11月下旬の3連休なので物凄い観光客数です。以前は平日に来ていたので、桜の時期も紅葉の時期も、嵐山はひっそりとした風情ある観光を楽しめましたが、やっぱり土日はすごいです。      
a0102153_1319156.jpg

縁結びの野々宮神社は、大大大行列。8年前に来たとき…この前の道を、「老松」の和菓子を食べながら歩いていて(はしたない…笑)。通りかかったお爺さんに、「若い女の子が、お宮さんの前で・・・嫁の貰い手がなくなるわ」と言われました(^^;
なんとか嫁の貰い手があったので、お礼参りに来ましたが、あまりの行列に諦めました。

a0102153_13234170.jpg

a0102153_13244614.jpg
竹林。あまりの混雑で、名物人力車もいませんでした。

天龍寺を素通りして、目的の大河内山荘へ。
看板では「大河内山荘 2分」とありましたが、どう考えても2分では着かないぞ…?
帰りに改めて違う看板を見てみたら、「徒歩」とは書いてません。

走って2分・・・
自転車で2分・・・
人力車で2分・・・
まさか、電子レンジで2分・・・

何を使えば2分で着くのかな?

a0102153_13294367.jpg

大河内山荘は、道路の観光順路案内版にあまり書いてないせいか、ひっそりとしていて好きな所です。お庭も広くて、景色も素晴らしいし。
a0102153_13312357.jpg
a0102153_13315026.jpg

a0102153_1332144.jpg

a0102153_13323244.jpg
a0102153_13325198.jpg
a0102153_1333046.jpg
a0102153_1333988.jpg

日が落ちかけて寒かったのですが、人も少なく、ゆったりと回れたので、広い庭園内をじっくり見て回りました。お抹茶もいただいて、ちょっと温まりました。
a0102153_133667.jpg
a0102153_13361934.jpga0102153_13362927.jpg



















帰り道の川岸。グループ会社が食品偽装事件を起こしている、某老舗高級料亭前で記念撮影をしている人がいっぱいいて、ちょっと切ない気持ちになりました(苦笑)。
a0102153_13385757.jpg

   侘び寂び感じる嵐山は、もちっとひっそりじっくり歩きたいので、次回は平日に・・・
[PR]