カテゴリ:'08.03 札幌&小樽( 9 )
                       *12.MAR.2008*

a0102153_23122042.jpg

        メルヘン交差点前にある小樽オルゴール堂本館にやってきました。
a0102153_23133561.jpg

1階はショップ。キラキラ輝くオルゴールがたくさん並んでいました。2階は歴史あるオルゴールが展示されていました。
a0102153_23142579.jpga0102153_2314348.jpga0102153_2314423.jpg














a0102153_231562.jpg

建物を出たら、ちょうど正午。オルゴールの演奏と蒸気がシュワシュワ出る仕掛けが見られました。


つづきはこちらから・・・・・


More
[PR]
                       *12.MAR.2008*

最終日は、起きたら窓から明るい日差しが差し込む、快晴でした。
a0102153_1411546.jpg

     朝食を済ませて、10時ごろチェックアウト。電車で小樽駅に向かいました。
a0102153_1431062.jpg

    小樽築港駅からは、小さな観覧車越しに海が見えます。快晴の真っ青な海と空。
a0102153_1434965.jpg

除雪列車かな? 初めて見ました。関東では見ることがないので嬉しくて撮ってたら、近くにいた人から、鉄道好きなのかなぁ?みたいな視線が、、、(笑)


荷物は、ホテルに預けると帰りが面倒なので、電車で小樽駅に向かってから駅のコインロッカーに預けることにしました。身軽になって、さっそく小樽散策へ。


a0102153_1495858.jpg

       まずは、1880年開通の北海道最古の線路、旧手宮線の跡地へ。
           1985年に廃止になってからも線路は残っています。
        この時期なので雪で埋もれて線路は見えませんでしたが、、、。
a0102153_141713.jpg

札幌に来たついでに小樽に寄ってみたかった理由は、手宮が、祖母の生まれ育った街だから。雪が多くて寒いけど、美味しいものがいっぱいで、建物の美しい街だと聞いていたから、一度は訪れてみたかったのです。

明治から昭和初期にかけて金融の街として発展し、「北のウォール街」と呼ばれたこの界隈に残る、石造りの建物の街並み。

昭和2年生まれの祖母が女学生時代に歩いた頃にはすでにあった建物が残っている風景。。。

そんな歴史に思いを馳せて。

小樽の街を、いつもよりもロマンチック度を2割くらい増して、気分を盛り上げて^^*
1人ぷらぷら歩いてきました。



つづきはこちら・・・


More
[PR]
                       *11.MAR.2008*

夕方、空が薄暗くなる時間を待って、小樽の中心街にでかけました。ヒルトンからは、散策バス「マリンコース」に乗って行きました。運河前で降りて、夕暮れの風景をみようと思っていたのですが、かなりの吹雪。運河を見てる場合じゃない感じだったので、先に夕食へ。
a0102153_22412184.jpg

旧日本銀行小樽支店。かつて北のウォール街と呼ばれたこの周辺は、石造りの重厚な建物がまだいくつも残っていて、素敵な街並みでした。
a0102153_22422779.jpg

           旧北海道銀行の建物を利用した「小樽バイン」で夕食を。
a0102153_22445225.jpg

シーズンオフの平日だからか、静かな店内。一人でも過ごしやすかったです。JAZZが流れていて、雰囲気が好きなお店でした。窓際の席で、キャンドル越しに外の風景を眺めながらのんびりワインを。
a0102153_22465159.jpg

オリジナルワイン飲み比べ。左から、やや甘口のミュラー・トゥルガウ。中口のセイベル13053ブラッシュ。中口のツヴァイゲルト・レーベ。どれも甘めで飲みやすい。赤はもうちょっと深いのがいいかな。
a0102153_22493013.jpg

北海道産チーズが豊富でした。ちょっとずつなので3種類。美味しかったので、クラッカーは食べずにチーズだけで味わいました。ブイヤベースも、量が多すぎなくて、とても美味しかった。

ガイドブックをじっくり読みながら飲んでいたら、近所に「とっぴー」があるとのことだったので、寿司で〆に決定。・・・・なので、ここではこの2品のみいただきました。
a0102153_22541179.jpg

甘いものが欲しくなったけど、スイーツを食べる気分ではなかったので、甘いワインをもう一杯。一番人気だという、白ワインのナイアガラ。一口飲んで…グレープガム?と眉間に皺が寄るほど甘かったけど(笑)デザート代わりにちょうど良かったかな。


このあと、凍り気味の雪の坂道を歩くという、ちょいっと緊張のミッションが残っているせいか。。。ワイン4杯飲んでも一向に酔えず。好きな雰囲気のお店だったので、気分よくお店を出ました。

a0102153_2301324.jpg

雪がやんでいたので、いざ運河へ。雪の残る湿った澄んだ空気とこの景色は幻想的で、ゆっくり ぼ~っと眺めてきました。他に人がほとんどいなくて、静かでした。

a0102153_233972.jpg

運河をあとにして、、、安くて美味いとMASAちゃんから聞いていた回転寿司「とっぴー」へ。トマトとチーズを食べたあとにお醤油モノが食べられると思うと、急に食欲が沸く日本人な私。
a0102153_2352341.jpg

席に着いてビールを注文したら、お店のお姉さんがニヤリと頷いて返してくれました(笑)一人でも平気で、回転寿司屋でビールが飲めるお年頃になったわねぇ。

ここは120円と240円のお皿のみ。すごい良心的なお値段だけど、ネタは新鮮!聞いていたとおり、北海道は回転寿司でも充分美味しい。特にカニ味噌がとろけるようでした。回転寿司と言えども、さっきのニヤリと返してくれたお姉さんが「オーダー、どうぞ」とよく来てくれたので、お言葉に甘えて回っているものには手を出さず、全部オーダーで。軍艦の海苔はパリッとしてなきゃね。

お腹満足で、お店を出たら・・・・・なかなかタクシーが通らず焦りました; やっとつかまえた車の運転手さん。ホテルの少し手前でメーターが上がったからと、おまけしてお釣を多くくれました。東京ではこうゆうことってないから、なんだか温かい気持ち。

大きなベッドにゴロゴロして、この夜も爆睡でした。仕事終わりに電話をくれたMASAちゃん。悔しかったのか、彼も夕食はお寿司だったようです。
[PR]
2日目の夕方小樽に移動したので、この日は小樽築港駅に隣接したヒルトンに泊まりました。

小樽観光には、運河周辺のホテルが便利だし風景も良さそうなんだけど、、、運河周辺て、古い建物を利用したホテルやアンティーク調のホテルが多いようで、、、ちょっと1人泊まりには勇気が要りそうで。かなり迷って、2駅離れてもいいか・・・と、ヒルトンへ。

a0102153_17302896.jpg

  駅に隣接でも、ショッピングセンターを抜けて行くので、徒歩10分くらいはかかりました。
          (翌朝撮ったので↑快晴ですが、着いた時は吹雪きでした・・・)
a0102153_17311992.jpg


お部屋は、街と山側のダブルベッドルーム。かなり大きいベッドと、ソファセットがあってもまだまだ広々としたお部屋でした。広いベッドでごろごろしながら寝るのが好きなので、このベッドは良かった。いつもは大人しく寝相もいいほうだと思うのですが、1人で寝ると大の字になるようです、わたくし。


つづき


More・・・ヒルトン小樽はこんなかんじでした
[PR]
                     *11.MAR.2008*

a0102153_18544024.jpg

昨日の快晴から一転・・・・・どよーん、と曇っています。今日は1日中、札幌駅周辺の王道観光コースを歩こうと思っているのに。でも雪はそんなには降っていないようなので、10時半くらいにホテルをチェックアウトし、夕方まで荷物をお願いして、街に出ました。
a0102153_18564625.jpg

            信号機が縦型なところが、雪の街。小さなことに、ほぉ。。。

つづき・・・・


More →いっぱい歩いて回りました。
[PR]
札幌での宿泊は、駅に直結で便利なJRタワーホテル日航に。
a0102153_22465412.jpg

翌朝千葉に帰省するHIROちゃんに、ありがたくも泊まって!と言ってもらったのだけど、この日は早朝に家を出て空港に向かったので、2日目の朝はきっと早起きできまい・・・とにらんで、ホテル泊にしました。それと、まだお誕生日プレゼントをもらってなかったので、旅行ついでにホテルSPAでも行って来い、という旦那様のありがたいお言葉に乗っかってみたんだけど。結局これは、SPAよりもビールを選んでしまって行けませんでした(笑)

a0102153_22475170.jpg

シングルルームは・・・・・狭っ!1人で泊まるのって初めてなので、シングルルームも初めて。やっぱり狭い。。。でも、寝るだけだから、これで充分。それに、シングルベッドと言ってもちょっとゆったりしてました。

つづき・・・・


More・・・ホテル
[PR]
札幌・円山公園のあたりには素敵なCafeがいくつかありそうだとガイドブックで見ていたので、ゆっくり美味しい珈琲を飲みにいくのも楽しみにしていました。
a0102153_1183030.jpg

昼間は日差しが暖かくても、夜はしんしんと冷える雪の街。SARAちゃんも、もこもこの重装備で、雪道を歩いて行きました。
a0102153_120127.jpg

        HIROちゃんの家から歩いて数分のところにある素敵なCafe『森彦』。
a0102153_1242947.jpg

   閑静な住宅街にひっそりと・・・という表現がぴったりの、古い一軒家を改装したCafe。
a0102153_1291274.jpg

            やわらかいランプの照明と暖炉の火が暖かいお店。
a0102153_1292527.jpg
a0102153_1293649.jpg

フレンチローストのブレンド珈琲とチーズケーキ。香りのよい美味しい珈琲。北海道はチーズが美味しいから、きっと美味しいだろうと思っていたチーズケーキは、やっぱり美味しかった。本のディスプレイが可愛い大きなテーブルで、ゆっくり過ごしました。

つづき・・・・・・


MORE ・・・・・
[PR]
札幌駅に着いた途端、携帯の充電が切れて焦ったけど、無事HIROちゃんの車を発見。4ヵ月ぶりに会えました。愛娘SARAちゃんに会うのは1年ぶり。2歳になって、おしゃべりができるようになっていて、とっても可愛い*

さっそく車で札幌の街へ。道路は除雪されているけれど、路肩はまだまだ雪が数メートル積み上がってました。ちょうど12時になったところなので、まずはランチ。楽しみにしていた「PICANTE」のスープカレーです。大人気のお店なので、行列です。
a0102153_2372249.jpg

スープは「開闢」のカラさレベル3、具はプリプリ海老。和風のダシで、すっごく美味しい!・・・でも、辛さレベルは2でよかったかも(3は辛くて飲み干せなかった…)。野菜がとにかく美味しい。じゃがいもの甘さが、関東とは全然違う。美味しかった~。もう1回食べに行きたいお店です。

More → つづきはこちら♪
[PR]
ちょっと放置気味のバリ島旅行記をお休みして、、、、。先に、2泊3日で行ってきた北海道旅行記をUPします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       *MAR.10.2008*

初・1人旅。初・北海道。初・本州以外の国内旅行・・・・・と思ったけど、よく考えたら淡路島に行ったことがあるから、初ではないか(淡路島は車で行ったから本州出た感覚がなくて、、、)

近所のホテルから朝7時にリムジンバスに乗り、羽田空港へ。荷物を預けて、どこかで朝食を・・・・と思ったけど、あまり食欲がなかったので、さくっとラウンジへ。
a0102153_11353447.jpg

トマトジュースとコーヒーとクロワッサンで、飛行機を見ながら一息。外は雨。どよーんとしてます。

月曜日の朝9時のフライトはビジネスマンだらけだろうな~と思って行ったけど、ラウンジは見事に私以外はビジネスマン。まオレンジのダウンなんてカジュアルな格好で、カメラを取り出しているのは、ただ1人、、、。
a0102153_11383438.jpg

飛行機に関して、事前に、使用機材変更で座席変更のメールが来ていました。この妙に派手な壁紙・・・・この子、古いリゾッチャ君だね? Jクラスの前から3列目は、ファーストクラスでした。古いけど。シートゆったりゆったり。やったね。でも凄く揺れたので、ゆったりシートに体が固定されず、ちょっと酔いました。

ここでも、見渡す限り、ビジネスマンのみ。シートベルトサインが消えても、カメラを出している人は見当たらない。
a0102153_11444839.jpg
 
新千歳空港からJR快速エアポートに乗って、札幌へ。飛行機でたった1時間半で着いちゃったけど、車窓からみえる雪景色に、北海道にきたぞ~!と実感。
a0102153_1148018.jpg

雨の東京と違って、札幌は快晴。分厚いダウン+レインブーツの重装備で来たけど、周りの乗客は薄いスプリングコートにパンプスの軽装。北海道の人って、薄着。。。しまった、浮いちゃう、と思ったけど、充分寒くてこれでちょうど良かったです。

札幌駅まで、HIROちゃんが車で迎えに来てくれました。

次回は札幌で食べた美味しいものをUPします*
[PR]