カテゴリ:'07.12 バリ島( 45 )
チェックアウト後は、ホテルスパでベネフィットの30分マッサージと、日焼け後の肌をケアして帰ろうとフェイシャルを受けました。飛行機に乗ると、いつも肌トラブルが起きる私ですが、こちらのトラディショナル・フェイシャルを受けてからスッピンでいても、日本到着までしっとり、トラブルなしでした。フェイシャルを受けてもよけいに肌荒れすることが多いので、肌に合うスパに出会えると嬉しいものです^^*

スパ後は、ホテル内のイタリアンレストラン『ピアサン』で最後のディナー。
a0102153_16465644.jpg

a0102153_1649418.jpg
a0102153_16491665.jpg

a0102153_16551338.jpg空港に向かう前だったので、半分くらいは冬の日本へ向かう服装だったんだけど…本当はもっとドレッシィな格好でディナーを楽しみたい雰囲気。

最後の夜に、フルーティな甘いカクテルで乾杯*

a0102153_16562970.jpg

小さなカナッペや生春巻き。
これがあるなら、サラダはなくても良かったなー^^;
(お腹いっぱいになってしまったので)



以下、何を食べたのかはさっぱり忘れてしまったので、写真だけでも・・・・・・
a0102153_16585821.jpg

a0102153_1784616.jpg

a0102153_179415.jpg

a0102153_17103688.jpg

パスタは2人で1皿シェアで充分でした。かなりお腹いっぱい。デザートはパスしてコーヒーだけにしたんだけど、小さなチョコレートがついてました*
お店の雰囲気も、味もとっても好みだったので、最後にゆっくりディナーを楽しんできました。

食事が終わって、ホテルカーで空港に向かったのは21:30ごろ。
カユマニス・ヌサドゥアから空港までは確か20分くらいでした。

空港まで送ってくれたのは、バトラーEくん。チェックアウトの際に、名残惜しくお別れしたんだけど・・・帰るのを待っていてくれたみたい。空港まで車を走らせてくれました。

ゲートをくぐって空港の明かりが見えてくると、もうバリの街ともお別れ。「帰りたくないよ~」と嘆いていると、「バリは逃げないから、また来年来て下さい」と。そう言われると、またすぐにでも来たくなってしまうのがバリマジック。

カユマニス・ヌサドゥアは、18歳以上でないと宿泊できないので…
我が家が2人のうちに、また来るからね、、、と言って、お別れしました。


以上、1年越しのバリ島旅行記でした*

※コメント&TB欄をお休みしてますので、ご連絡・ご質問・お気軽なコメント等は<リンク>にあるMailでお願いします♪
[PR]
もうすぐクリスマスですね。
タイムリーに(?)去年見た、バリ島のクリスマスツリーの写真を。。。

南国らしいワイルドなツリー。 ゴン太くん(@NHK教育「できるかな」)みたい…^^;
a0102153_10581553.jpg
最終日。朝食時にはいったんやんでいた雨ですが、10時ごろには、、、
a0102153_1115455.jpg
また、とんでもないドシャ降りになっちゃいました;;

それでも、お土産用お菓子と日用品を買いだめしたかったので、街へGO。
トラギアデパートまで送ってもらおうと思ったら、少し前に閉店してしまったようで。。。バリコレクションへ行ってみることに。SOGOも入っていて広いのですが、ちょっと目的と違うな~ってことで、タクシーに乗って、クタのカルフールに向かいました。
a0102153_1162268.jpg
どこの国で行っても楽しいカルフール。
a0102153_1165879.jpg
バリのお洗濯物の香りと言えば!の柔軟剤Moltoや、会社配り土産用のチョコレートやバリコピ、即席麺をまとめ買い。いっぱい買っても2,000円しないくらい。
a0102153_1193287.jpg
タクシーは往復で値段交渉をしていたから、運転手さんに待ってもらっていてあまり時間がなかったんだけど…小腹が減ったので、フードコートへ。ピザやパスタの人気店も入っていたけど、とりあえずすぐに買えるお店で。店員さんたちも、サンタ帽をかぶってクリスマス気分~♪

a0102153_11132384.jpga0102153_11133358.jpg
味は…まぁ、ふつう^^; 
小皿に入ったタレ(←ソースというよりタレってかんじ)をつけたほうが美味しかった。

カルフールからホテルへの帰り道は、バケツをひっくり返したような大雨。
大通り車線が1つ、川のように水がたまってしまって、大渋滞でした。
a0102153_11165771.jpg
それでも突然ピタっとやむのが、南国のスコール。
ホテルに帰ったらちょうどやんだので、最後に部屋のプールを楽しみました。
a0102153_1121347.jpg
デイユースで18時までヴィラを使えたので、のんびりアフタヌーンティもいただきました。
a0102153_11222334.jpg
楽しかったバリ旅行も、もう終わりに近づいてきました。プールに置きっぱなしだった浮輪も空気をぬいて…クローゼットから荷物を出して、パッキングにとりかかります。機内で着込む用に、長袖服とマフラーも手荷物に。南国から冬の日本に帰る時って、これが淋しいのよねぇ~;

スーツケース2個&ボストンに荷物を詰めて・・・あれ? MASAちゃんはどこにいるんだろ?
もしかして、最後まで仕事でPCに向かっているのかと思いきや・・・
a0102153_11284284.jpg
クロスワードパズルをしながら、半身浴してましたよ、この人。

「ぼく、荷造り苦手やから、maiちゃんのお邪魔にならんようにしてんねん」
「・・・・・・・」

数十秒間、私の頭の中では、色んな思いが駆け巡りましたが・・・・・・
まぁ、確かにそれもそうか、と思い、無視してパッキングに戻りました(笑)

ずっとゴロゴロしてた私と違って、仕事もしてたしね。
でも、忘れ物しても知らないよー。

バタバタしてたらあっという間に18時。4日間寛いだヴィラを出て、チェックアウトしました。
[PR]
フランス人シェフが作る本格バリ料理で有名なレストラン「ブンブ・バリ」。
ヌサドゥア内では、カユヌサのレストラン以外に行かないつもりだったけど…
何人かのバトラーやドライバーさんが
「ブンブ・バリは素晴らしいレストランだよ! 行った?」と勧めていたので
ウルワツのケチャ観賞の後の夕食に、予約をしておいてもらいました。
a0102153_2234372.jpg
木や緑がたくさんあって、水が流れていたり、とてもきれいな店内。
欧米人に人気のお店なのかな。混んでいて活気がありました。

入口受付までバトラーEくんが一緒に行ってくれて、予約してある旨を告げ
日本語がわかるテーブル担当さんにバトンタッチしてくれました。

Eくんとはここでお別れ(帰りは別のドライバーさんが来るので)。
今日はステキな風景がたくさん見られて、ツアーに行って良かったよ、ありがとう。

サンダル壊れてから、ここまでずっと裸足だったから、
早く帰ってサンダル履いてね と言うと、笑って帰って行きました。
a0102153_22555290.jpg
耳にフランジパニをつけてもらって、席へ。
灯りはほぼキャンドルライトのみでムーディな感じ。
a0102153_22543547.jpg
メニューがたくさんあったので、日本語が通じるスタッフさんがオススメや2人にちょうどいい量をアドバイスしてくれて助かりました。ちょこちょことテーブルに来てくれて気遣ってくれたし。
a0102153_22581768.jpg
MASAちゃんが飲んだココナッツ系の甘いカクテルには、ブサカワなスティックが付いてました(笑) 
ビールは、ビンタンやバリハイはなくて、STORMビールでした。確か。
a0102153_2303499.jpg
確かセットメニューをオーダーしたんだと思うんだけど...。サテ5種類、ミーゴレン、おかず2種、海老のココナツカレー。これに3種類のゴハン付き。真っ赤な唐辛子は、飾りだよね??日本のと違うの??...一口齧ってみようかとも思ったけど、やめときました^^;

海老のココナツカレーが、めちゃくちゃ!美味しかったです。これだけいっぱい食べたいくらい。

街のインドネシアンレストランというよりは、ホテルレストランくらいの値段だったように記憶してるのですが。美味しくて、お店もキレイ、お手洗いもキレイ(←かなり重要)、満足なお店でした。
[PR]
断崖絶壁に建つウルワツ寺院では、美しいサンセットをバックにケチャダンスを観賞してきました。
a0102153_1720244.jpg


続きはMOREから


More
[PR]
a0102153_14163483.jpg
      

断崖に建つウルワツ寺院から見た夕日


[PR]
この日は、ウルワツツアーに出かけました。

カユヌサ滞在中は、どこにも行かずにヴィラでのんびりする予定だったのだけど、2日目の朝に滞在中の予定を聞きにきたバトラーE君が進めてくれたウルワツが良さそうだったので、行ってみることに。

…実はウルワツが魅力的だったというよりは、、、E君の勧め方が熱心だったというか、彼の気持ちの良い話し方に惹かれて、行くことを決めました。彼は容姿もスマートなのだけど、何だか独特の雰囲気がある人で。MASAちゃんも私も、彼に案内してもらったら、楽しい旅の思い出ができるんじゃないかなという気がしたのです。

        
ウルワツはサンセットがきれいなところなので、夕方に出発。ウルワツに着く前に、どこか寄り道してもOKとのことだったので、ドリームランドビーチに連れて行ってもらうことにしました。
a0102153_19254278.jpg
a0102153_192828.jpg
逆光で、シルエットしか写ってないんだけど...。大きな石像のあるゲートを入りました。
a0102153_1927501.jpg
この辺りは新しくリゾート地として開発をしているところで、大きなホテルやゴルフ場を建設中でした。ウルワツはサーフポイントでもあるので、サーフィンとゴルフを両方楽しめる、いわゆるサーフ&ターフなリゾート地ってわけですね。
a0102153_1930376.jpg
まだまだ開発中の地・・・・・・オフロード走行は揺れる揺れる~!! 
ディズニーシーの「インディー・ジョーンズ・アドベンチャー」に乗ってる気分です。

あたしが悲鳴を上げている横で、MASAちゃんは揺れを利用して「我々ハ、宇宙人ダ」と宇宙人ごっこ。
バトラーEくんは日本語がわかんないし、私は車酔い寸前だから、誰も笑いませんよ・・・。
a0102153_19373496.jpg
ひ~…+∀+   ぐったりして車を降りたら...すぐ近くに牛さんがいて超びっくり。
近寄ってはきませんでしたけどね。
a0102153_19444958.jpg
荒野の向こうに、海が。
a0102153_19435017.jpg
廃屋跡のような階段を下りていくと…
a0102153_19472263.jpg
透き通ったきれいな海が広がっていました。夕方だから、暗く写ってしまってるのが残念。

もっと青く美しい海が広がるビーチは世界にたくさんあるけれど・・・

千葉の北のほうの、グレーの海でサーフィンすることに慣れているMASAちゃんにとっては
ここはまさにドリームランド!
a0102153_204783.jpg
降りてきた階段。こんな岩場でした。
a0102153_206071.jpg
カボチャのような形の岩^^
a0102153_2071991.jpg
左のほうに歩いていくと、ビーチチェアが並んでサーフレスキュー小屋もありました。きれいな海と、この荒廃した雰囲気のコラボが不思議~。これから開発が進んだら、ここもオシャレなビーチに変わるんでしょうね。そしたら地形も変わるんだろうなぁ・・・。
a0102153_20141836.jpg
波打ち際の海水が、きれいな透明なのがわかるかな?
a0102153_2015944.jpg
この時はボディボーダーが数人しかいなかったけど、早朝はサーファーで溢れるそうです。バトラーEくんに「やらないの?」って言われたけど、、、いつでもクリーンなカユマニスカーで送迎していただいてサーフィンなんて、恐れ多くてできませんって。この辺りのホテルに泊まって朝から海に入ったら気持ちいいだろうな~。


そろそろ車まで戻ります。崩れかけた石の階段は、帰りのほうがキツかった・・・。
写真を撮りつつ歩いていた私は、気がつけばかなり遅れをとっていました。
a0102153_20252610.jpg
「待ってよ男子~」 「遅いぞ女子!」な図。
a0102153_20284526.jpg
用意周到・ゲストに優しいカユマニスカーは、おしぼりもジュースもあります。
けっこうハードで汗をかくお散歩だったので、これはありがたい♪

さて、そろそろ夕暮れ時。次はウルワツに向かいます。

※コメント&TB欄をお休みしてますので、ご連絡・ご質問・お気軽なコメント等は<リンク>にあるMailでお願いします♪
[PR]
カユヌサの朝食はフレキシブル。

1日のうち、食べたい時にいつでも。
ヴィラ、レストラン、ビーチ、食べたい場所でどこでも。
何品でも、食べたい品を。

また、プライベートビーチで日の出を眺めながら朝食をいただく「サンライズ・ブレックファスト」ができるのも魅力。私達も2日目と3日目の朝、予約したのですが・・・・・・残念ながら雨天中止。2日目はヴィラで、3日目はレストランでいただきました。
(前述ですが、1日目の朝食は写真行方不明)
a0102153_20174446.jpg


朝食のつづきはMOREから


More
[PR]
楽しみにしていたキャンドルライト・ディナー。

予約時間の少し前にヴィラに戻りました。スタッフが待っているのかと思っていたけど、誰もいないみたい。セッティングが終わって門扉に鍵がかかっていました。
a0102153_2234446.jpg

それでは扉を開けて・・・ヴィラの中に入りましょう*

キャンドルライト・ディナーの続きはMOREから
  ↓


More
[PR]
カユヌサに泊まって、一番楽しみにしていたのは、キャンドルライト・ディナーでした。

予約していたこの日は、夕方から、少しドレスアップして待機。17時ごろに、女性スタッフが3人、ディナーの準備に来てくれました。セッティングの様子は、部屋で見ていてもOKと言われたけれど、後のお楽しみにしたかったので・・・・・・・ヴィラを出て、ラウンジで待つことにしました。
a0102153_18333159.jpg
カユヌサには2つのレストランがあり
アジアン&ウェスタン料理「タターリン」の2階にラウンジ・バーがあります。
a0102153_1845263.jpg
細長い塔のような入り口からスロープを昇ります。
…こうゆうのが、まっすぐ撮れないワタクシ^^;
a0102153_1847734.jpg

a0102153_18472689.jpg
a0102153_18473594.jpg
ガラス張りの開放感あるラウンジ。ここも素敵空間。
他ゲストの方もスタッフもいなかったので、2人で寛がせていただきました。
a0102153_18495755.jpg
チェスの遊び方を知らないので、イタズラにコマを移動させてみたり・・・
a0102153_193196.jpg
だいぶ日が暮れてきました。時間になったのでヴィラに戻ります。
a0102153_194880.jpg
夜のレストランはライティングが素敵*
a0102153_195614.jpg
パブリックプールもライトアップ
a0102153_1962888.jpg
今夜キャンドルライト・ディナーをするヴィラは、扉の前にキャンドルが灯っています。

さぁ、扉を開けて・・・・・・は、次回につづきます(笑)


※コメント&TB欄をお休みしてますので、ご連絡・ご質問・お気軽なコメント等は<リンク>にあるMailでお願いします♪
[PR]
カユマニスの朝食は、好きなものを好きなだけいただけるので、あれこれ欲張ったらお腹がパンパン。スパに行っても、プールで泳いでも、一向にお腹がすかず……ランチのための外食もやめて、ヴィラに篭ってのんびり過ごしました。
a0102153_237187.jpg

『SANTAN』のプールは、ベッドルームからプールに入れるようになっています。
朝目が覚めて、すぐプール…ってことはしなかったけど、扉を開けておけば、1人がベッドで寛いでいる時にもう1人がプールで遊んでいても、孤独感がなくて良いです^^
a0102153_23125015.jpg
a0102153_23131472.jpg

見上げると、スコールのあとの晴れた空。ヴィラにはフランジパニの木がたくさんあるので、かわいい花がたくさん落ちてきます。
a0102153_23193325.jpg

プールはなかなか深いので、足がつかないと不安な私は、大きな浮輪をMASAちゃんに膨らましてもらって、掴まってプカプカ浮いておりました。
a0102153_23154344.jpg

          お部屋にあるカユマニスクッキーとナッツ。美味しいです*
     晴れた暑い日に、プールに浸かりながらビンタン。お部屋プールの楽しみ。
a0102153_23331081.jpg

        遊びつかれたらお昼寝。プールの水音を聴きながら、夢の中へ。
a0102153_23344323.jpg

3時ごろにようやくお腹がすいてきたので、おやつとコーヒーをいただきました。カユマニスでは、何時にどこでいただいてもOK。アフタヌーンティサービスのあるホテルに泊まっても、午後に出かけてしまって食べないことが多いので、いつでもOKっていうのは嬉しい。


余談なんですけれど…


MORE
[PR]