小龍包を食す!@鼎泰豊
本題の前に、公開が楽しみな映画のお話を。

a0102153_1730853.jpgまずは、9月公開の『白夜』。舞台はフランス・リヨン。知的美人な吉瀬美智子さん、大好きなんです。EXILEのMAKIDAIさんも好き。画もストーリーも楽しみ。しかしなぜ、東京は1館のみの上映なんだろう~; たまには新宿まで行きますか...。

そして、9月公開の『プール』。舞台はタイ・チェンマイ。小林聡美さんは雰囲気が好きで、ドラマ・映画・本は全部チェックする女優さん。これは1人でじっくり観たい。

あとは、今月公開の『アマルフィ 女神の報酬』。舞台はイタリア・アマルフィ。これは、、、ストーリーとかは別にアレなんですけど...(もごもご...笑)アマルフィの風景が観たいので。フジだし、イタリアだし、豪華キャストだし、、、『冷静と情熱のあいだ』を思い出して、久々にDVDを引っ張りだして観てしまった。

どれも、邦画の海外ロケ作品。今年はもう海外旅行予定がないので、映画を観てFLY!です。

★★★

さて本題。

台湾といえば、小龍包。台湾の小龍包といえば、『鼎泰豊』を食べておかないと! ...ということで、ホテルからタクシーに乗って、永康街の鼎泰豊 本店へ。
a0102153_17364520.jpg
さすがの超人気店。お店の前はすごい人・人・人!! 順番待ちの番号を見ると、あと20組くらい。一瞬ひるみましたが。。。回転がいいから大丈夫! 順番待ちの札と一緒に、日本語メニューとオーダー用紙をもらえるので、待っている間に記入。15分くらいで席に着けました。

つづきはMOREからどうぞ




1階のガラス張りの厨房では、たくさんのスタッフが、ひたすら小龍包や餃子を包んでいる光景が見られます。こちらの小龍包は、餡は18g、皮は3g、ヒダは18と厳格に決められているそうです。
a0102153_1742353.jpg


a0102153_1802898.jpga0102153_1803980.jpg











乾杯~♪ 下戸のママさんはお茶。いつでもビールの娘っ子たちに、渋い顔^^; でも、このメニューで、ビールを飲まないわけにはいかないんですってば。


きました!まずはスタンダードな小龍包。
a0102153_1882825.jpg
あつあつジューシィ、これはもう、、、とにかく美味しーい*
小ぶりなので、一口で食べやすいのもGood!
a0102153_1883919.jpg

a0102153_18154952.jpg
餃子も食べておきたいよねってことで、「野菜と豚肉入り蒸し餃子」もオーダーしましたが、、、汁ソバにも同じ餃子が入っていたので、正直これは要らなかったかな。餃子を食べるスペースがあるなら、小龍包で胃袋を満たしたかった。
a0102153_18154150.jpga0102153_1822978.jpg
汁ソバ、海老チャーハンは塩味薄めで、最初は物足りないかな?と思ったけど、小龍包に酢醤油をつけて食べるので、トータルではちょうどいい味加減。a0102153_1824071.jpg

小龍包が1蒸篭(10個入り)では物足りなくて、、、最後に、蟹味噌入り小龍包を追加オーダー! おソバとチャーハンが食べきれなくなっちゃうから、悩んだんだけど...それでも、どうしても、もっと小龍包を食べて帰りたかったのです~^^  蟹の甘みと旨みが口に広がります。ん~*美味しい!

a0102153_18311515.jpgママさんの烏龍茶は、1リットルのペットボトル入り。オーダーしなくてもお茶をもらえたので、これは開けずに持ち帰りました。お店のロゴ入り紙袋に入れてくれます。

うちのテーブルを担当してくれた店員さん。日本人?っていうくらい、流暢な日本語でした。とっても可愛くていい子だったので、ママさんと記念にパチリ☆

以上お会計は1,500元(≒4,500円)ほどでした。
[PR]
by mai-mai1221 | 2009-07-08 18:39 | '09.06 台湾
<< マンゴーかき氷@冰館 ICE ... 九イ分-提灯の風景- >>