九イ分への路
今日は、ちょっと遠出して、九イ分(チョウフン)という街に出かけます。

かつては、わずか9世帯の人しか住んでいなかったという町。交通が不便で、いつも9世帯分の物資をまとめて調達していたことから、この地名がついたそうです(「九イ分」と「9世帯」は同じ発音らしい)。1890年に金鉱が見つかってゴールドラッシュに沸いたものの、その後衰退。『非情城市』という映画によって、また注目されたそう。日本では、『千と千尋の神隠し』のモデルになった地として有名なところ。

日常日記のほうで呟いていたのは、この地のことでした^^* たった2泊3日の短い滞在ですが、台北市内観光よりも、夜市よりも、この九イ分に行ってみたかったのです。


さて、九イ分までの交通手段ですが...

ママさんがいるから、日帰りツアーでも利用しようかな? と思って調べたところ、半日・ガイドなし・混載バスの往復・台北に戻ってからのランチつきのツアーで、1人 NT$1,300くらい(≒3,900円)。九イ分での自由時間は2時間ほど。一方、自力で地下鉄とローカルバスを使って行けば、往復の交通費は 1人 NT$214ほど(≒650円)...。

そりゃー、自力で行くでしょ。
自由に時間使いたいし、せっかくなんだから九イ分で美味しいランチが食べたいしさ!

a0102153_1519819.jpga0102153_15191710.jpg










ホテルを出て、板南線・善導寺駅から電車に乗って、2つ目の忠考復興駅に向かいます。乗車券の券売機は、タッチパネルでわかりやすい。切符ではなく、「トークン」という、コインが出てきました。

つづきはMOREからどうぞ




コイン型なので、改札を通る時に、ついついコイン投入口を探してしまって、、、3人で「どこだろ~??」とマゴマゴしちゃったんですが(笑)。このトークン、IC機能付きのコインでした。ピピっとかざすと、ゲートが開きます。助けに出てきた駅員さんに、笑われてしまった^^; ガイドブックをちゃんと読んでいくべきでしたね。
a0102153_15442563.jpg
a0102153_15454227.jpg
地下鉄は、ホームも社内もとってもキレイ。アジアシティの地下鉄に乗ると、東京の地下鉄って汚いなぁ~と思う。。。

ちなみに、駅の表示の漢字が、、、なんだか素敵 ^^* 
★月台 … プラットホーム
★博愛座 … 優先席


忠考復興駅からは、基隆客運(バス)の九イ分・金瓜石行きに乗ります。1番出口を出ると、すぐ目の前にバス停があります。ちょうどバスが停まってました。片道1人 NT$87(≒260円)なので、3人分でNT$261(≒780円)。ちょうどのコインを用意しておかないと、お釣は出ません。しょうがないので、運転手さんに「釣りはいらないぜ~」と言ってNT$300入れて、降りる場所がわかるように、前のほうの席に座りました。
a0102153_1652138.jpg
揺れるたびにガタガタいうバス。シートクッションが薄いので、長旅にはちょっとお尻が痛い...。『還暦祝い』と銘打たれているわりには、朝食に引き続き、苦行を強いられている可哀相な母...。ケチなガイド(私)でごめんなさいね。でも、お父さんやお友達との旅行では、こうゆうバスに乗らないから、たまにはいいでしょ^^?

郊外ののどかな風景を眺めながら、約1時間半で、九イ分に到着しました。「九イ分バス停」ではなく、「舊道バス停」で降りました。基本的にバス停のアナウンスはないのですが、ここだけは運転手さんが教えてくれたし、大勢の人が降りるので、わかりました。
a0102153_17141467.jpg

人の流れについて行きます。
a0102153_17142472.jpg
カメラを構えている人が大勢いると思ったら、展望台でした。
ちょっと霞んでたけど...これこれ、この景色!
a0102153_16233362.jpg

セブンイレブンの横の細道が、観光ストリート
a0102153_16253926.jpg

細~い道にの両側に、お土産屋さんや飲食店が続いています。名物の臭豆腐屋さんがいくつかあるんですが...匂いが苦手で、、、鼻息止めて歩きました^^; 「くさや」的存在なんでしょうか。
a0102153_16261151.jpg
九イ分では芋圓というスイーツが名物なのだけど、このあと楽しみにしているランチの予定があるので、食べずに通りすぎました。

a0102153_16283030.jpga0102153_16284137.jpg
a0102153_16285691.jpg30℃超えの暑さの中、食品を外に置いといて大丈夫なんだろうか。。。ま、大丈夫なんでしょうね^^;


暑くて喉が乾きます。ジュース屋さんで、スイカジュースを買いました。NT$20(≒60円)。美味しい~*


「西瓜 芒果 木瓜」=「スイカ マンゴー パパイヤ」の3種類が売ってましたが、日本語では「すしつか マソゴノ パパイア」と書いてありました。外国ではよく見る光景ですが。惜しい(笑)
a0102153_16412178.jpg

雄大な風景を見て美味しい空気を吸ったあとは、美味しいランチのお店に行きましょ*
[PR]
by mai-mai1221 | 2009-06-25 16:22 | '09.06 台湾
<< 九イ分茶坊から天空之城へ ローカル朝ゴハン@阜抗豆漿 >>