まずは一服 『徳也茶喫』
台湾旅の目的は、お茶。まずは、シェラトンホテルのすぐ裏手にある『徳也茶喫』で一服。
a0102153_14263513.jpg


つづきはMOREからどうぞ




a0102153_14273319.jpg
『徳也茶喫』は、台北郊外・坪林にある『坪林茶葉博物館』の初代館長が開いたお茶屋さん。お店の外はバイクが並んでいてゴチャっとした雰囲気ですが、扉を開いて中に入ると、とても落ち着く空間が。
a0102153_14311758.jpg
a0102153_1432243.jpg午後のティータイムは1人199元(≒600円)で、お茶+お菓子付き。

種類も飲み方も色々ある台湾茶ですが、ここは日本語メニューがあるので心配なし。日本語堪能なスタッフもいたので、丁寧に説明してもらえました。



★東方美人茶(白毫烏龍茶) 
★プーアール茶
★金萱茶

の3種類を選んで、工夫茶をいただきました。

a0102153_1454367.jpg
a0102153_1456302.jpg
最初はスタッフさんに淹れてもらいました。茶壷1回分お茶葉は、5杯飲めますが、1杯目は飲まずに香りだけ楽しんで捨てます。

a0102153_1534393.jpg
2杯目からは、自分達で淹れました。火にかけられた焼器(お湯の入った大きな急須)の隣に座っていたYURIちゃん、お茶当番お願いします。手順を覚えるのがなかなか難しい...。まごまごしてると、スタッフさんが助けてくれます(笑)

a0102153_14573733.jpga0102153_14561167.jpg
工夫茶の茶器はとても小さくて可愛らしいもの。茶壷で抽出したお茶を茶海(ピッチャー)に移し、まず細長い聞香杯に注ぎます。それを飲杯に移し入れます。空になった聞香杯でお茶の香りを楽しんで、飲杯のお茶を味わいます。・・・・・・うーん、いい香り♥

a0102153_15224562.jpg
ガイドブックで見て、飲むのを楽しみにしていたのは、、、花の香りを感じさせる青茶で喉越しがミルクのようだという金萱茶。ミルクってどんなの…?!

甘い香りで、ホントにミルクでした。美味しい~^^*

東方美人茶もプーアール茶も、とっても香り良し。3種類のお茶はどれも香りが全く違うので、お菓子をつまみながら、ゆっくりたっぷりお茶を楽しみました。
a0102153_15123710.jpg
セットのお菓子は、専門菓子職人が作っているという宮廷菓子。金柑を餅でまるめ、キンモクセイのソースをかけてある桂花涼糕(一番右)や、サンザシやゴマのういろうのような一口甜心など、どれも美味*
a0102153_15175828.jpg
一番のお気に入りは、追加で注文した荷花酥。蓮の花の形に焼かれたパイの中に、いい香りの漉し餡が入ってます。焼きたてでアツアツ。餡が好きじゃない私でも、思わず「もう1個食べたい...!」と呟く美味しさでした。このあとゴハンの予定があるから、1個でやめときましたけどね。

お茶もお菓子もとっても美味しかったので、さっそく台湾が好きになった3人でした☆
a0102153_1527587.jpg
翌日も、お出かけの帰りに寄って、凍頂烏龍茶のアイスを1杯。

a0102153_15284737.jpg
お土産にお茶葉も買って帰りました。
a0102153_826281.jpg

[PR]
by mai-mai1221 | 2009-06-15 15:52 | '09.06 台湾
<< ガッツリ揉まれよう! @BRU... 台北喜来登大飯店 Sherat... >>