ビンタン島
きれいな海で泳ぎたくて、日帰りでビンタン島に行きました。
お隣の国インドネシアだけど、チャンギ空港近くのターミナルからフェリーで45分で行かれます。手付かずの自然が残る、青い海。そんなガイドブックの写真に惹かれて行ってみました。

近いとはいえ、個人で行くのは面倒なようなので、ツアーに参加しました。現地の日本語のオプショナルツアーで有名なパンダバス。

予報ではずっと晴れのはずが、明け方激しい雷雨で目が覚めました。
リッツは一番川沿いのホテルなので、窓ガラスに雨が打ちつけられたり、稲妻が光る様子はちょっと怖いくらいです。

ツアーバスがホテルロビーに迎えに来るのは7:00。
朝食を済ませて、ロビーへ。雨はやんでいるけど、風が強く、どんよりとした曇り空。

日本語ガイドさんはフェリーターミナルの出発手前でお別れ。イマイチわからない説明だけで、国を放り出されてしまいました・・・。言われるがままに、乗船。

a0102153_21515436.jpg


激しく激しく!大揺れのフェリー。
しかも、出航まで40分この状態で乗って待たなければならず・・・死ぬ・・・。
MASAちゃんは、旅初めの時差ぼけの頃の恩をアダで返すように、さっさと一人で寝てしまった。私も頑張って寝ようとしましたが、気持ち悪さに目が覚めてしまって・・・。吐き気と冷や汗。助けて-・・・。


我慢の甲斐あって、突然揺れがおさまりました。ビンタン島に近づくと、海の状態はとっても穏やかでした。

a0102153_2264360.jpg


船酔いして気分が悪いので、着いてすぐに出口に向かいました。でも、船を下りて見ると結構元気。
ビザ代米ドル10を払って、入国審査。バリに行ったときにも思ったけど、インドネシアの入国審査の男性は、若くて格好良く、女の子の旅行客に優しい。こんなににっこり笑う入国審査の人、他では見たことない。インドネシア人男性は、顔立ちが濃くてかなり格好いいか、ロナウジーニョ似の怖い人かに二分されます。

a0102153_229195.jpg


天井から各国語でウエルカムと書いた幕が下がっているのに、なぜか日本語だけ「さようなら」。なぜ?

ここからはバスでマナマナビーチクラブに行きます。
ツアーなのに、大部分は自分で責任を持って行動。フェリーターミナルでガイドさんが消えて以来、誰も何も教えてくれませんでした。私たちは、まあまあ旅慣れているからいいけれど、知らずに参加した英語の話せないおじさんおばさんはどうするのでしょう?

途中バスからスマトラタイガーの大きな看板が見えました。いるのでしょうか!注意しなさいって事?!

ビーチクラブに到着しても、いったい何をすればいいのか分からず、皆困っているけど、スタッフは呑気。
うーん、これがインドネシアよね。この、時間を感じさせないのんびりさが魅力、とガマン。
随分時間をかけてやっと手続きをし、ロッカーで着替え、海に出ました。

a0102153_2216117.jpg


写真で見た青い海は・・・どこ?目の前に広がるのは、淡路島みたいな、水はキレイだけど緑の海。
シュノーケル・バナナボート・ボディボード・ロングボード・カヤックから一つ選んで体験できるけど、どう見てもシュノーケルは無理。私たちはバナナボートにしました。

バナナボート・・・。
スピードが出るけど、安全な遊びだと思っていました。
しかし、今回は違ったようで。。。
ライフジャケットを着て乗り込んだのは8人乗りの巨大ボート。
最後尾にMASAちゃん、その前に私。
乗ってすぐ、ボートは動き出した。すぐにスピードが上がって、猛スピードで振り回される。なのに、私の前の韓国人男性がノリノリで、ボートの上で腰を振って、ボートを上下にも揺らし、猛スピードの中でバウンドもして、私は必死で紐に掴まったのだけど、カーブで不覚にも滑り落ちた。。。

完全パニック状態。こんな海のど真ん中で一人で落ちるのはイヤ!!!と、紐を離さず、下半身は落ちたまま引きずられる。そして、そのせいで、ボートが豪快に転覆・・・。

同乗のみなさん、スミマセン・・・。多分、前の6人は何が起こったか分からないまま、海に放り出されたのでしょう。ボートに掴まったままの私は、皆が宙を舞って海に落ちるのを、スローで見ておりました。

頭からビッショリになったが、ここの更衣室は水しか出ませんでした。寒い。
おまけに、時差があるのにもかかわらず、それを計算せずに放り出されたから、倒れるほどお腹がすく。なのに、水も食料も売ってない。売っているのはチョコレートとフリスク。

疲れて木陰で3時間昼寝。しかし、こうゆう時に限って、いつの間にか太陽が出ていました。日焼け止めを塗り忘れた私は、こんがり日焼け。

ビンタン島には、気をつけて行きましょう。
[PR]
<< カヤトースト 巨大スーパーでお買い物 >>