楽しすぎたプール@Shangri-La's Tanjung Aru Resort&Spa KOTA KINABARU
シャングリ・ラ タンジュンアルの思い出といえば…

とにかく青かった、空と、海と、そしてプール!

a0102153_21020532.jpg
a0102153_21021504.jpg
a0102153_21022657.jpg
8日間の滞在中、毎日のように、日中はほとんどプールで過ごした。
今まで、こんなにもプール三昧だった旅行もない。

…というのも

マレーシアは水質が良いと聞いていたとおり、水が柔らかくて肌荒れせず
プールの水が塩素くさくもなく清潔で
プールが常に清掃が行き届いていて、とにかくきれい。

そして、毎日快晴だったおかげで、水温も高く
ずっと水に浸かっていても、冷えを感じることがなく
とにかく気持ちが良かった!

a0102153_21082960.jpg
プールは、大きな瓢箪型のような造りで
一番深いところは水深3mくらいあり、ダイビングの練習にも使われていた。
ここは大人専用。

プールサイドチェアも、大人のみなさんが、まったりと寝そべっていた。

a0102153_21093759.jpg

中央部は水深2m~1.5mほど。
ここは子供も入れるが、大きな浮き輪はNG(アームヘルパーはOKだった)。

a0102153_21144047.jpg
あとは子供でも足が着くくらいのラグーン。
チビッこが遊べるところは、屋根付きで日陰になっているのも良し。
まだ歩く前の0歳ベビーたちが、親に抱かれて楽しそうに遊んでいた。

a0102153_21151186.jpg
息子は、日焼け止めをぬったり、アームヘルパーを付ける間も待てないくらい
このプールに入るのが楽しかったらしい。
プールに着いて、私とMASAさんがタオルなどを用意している間に
1人でどんどんプールに入っていこうとするので、目が離せなかった。

a0102153_21165994.jpg
すい~っと。

a0102153_21192909.jpg

深いところは人が少なくて、悠々遊べて良かった。

縁のところは、水中で寝そべっていられるベッドになっていて
ここでゆっくり寝そべっていられたら最高なんだけど…

a0102153_21203303.jpg

チビ連れで、そんな優雅なことはあるわけなく…

a0102153_21230445.jpg


MASAさんが、息子を肩車して、うしろに倒れてドボーンと水に落ちる!
…というのが、相当気に入ったらしい息子。

a0102153_21243726.jpg
何度も何度もリクエスト。

a0102153_21250220.jpg

ゲラゲラ笑って「もっかい!」のリクエストに
お父さん、頑張った。

これはいい記念写真だ。

a0102153_21261919.jpg

1歳6か月からスイミングに通っているおかげか、水やプールを怖がらず
アームヘルパーがあれば、どこでも浮いて、足バタバタ。
どうせ足がつかないのだから、水深1mでも2mでも変わらないのだろう。

2歳3か月にしては、たくましく遊んでくれて、家族で楽しめた。

a0102153_21294799.jpg

海につながるようなインフィニティエッジプール。
端までスイスイ。

a0102153_21303812.jpg
コンタクトレンズ&サングラスで、顔をつけて潜れない私は
浮き輪なしで水深2mのところに行くのは無理だ…と思ったら

救命胴衣のようなガッチリした浮き具を貸してもらえたので
ちょっと格好悪いけど、これで楽しんだ。

息子は、これを着た私に抱かれるのは嫌がったけれど…;

a0102153_21305995.jpg
ちなみにこのプールのエッジは、崖になって海に続いているわけではなく
普通にホテルの通路になっていて
すぐ近くにグリル&バーがあるという、平和な風景。

絶景好きの方には物足りない造りかもしれないが
私のような怖がりには、安心な造り。

a0102153_21341139.jpg
深いプールでも遊んでいた息子だけれど
やっぱり安心して遊んでいたのは、ベビー専用プール。

a0102153_21390853.jpg
ここならアームヘルパーなしでも遊べるので
(それでも、尻餅をついたりすると潜ってしまうので、常に目は離せないけれど)

「自分で、自分で!」ブームの息子には、ちょうど良かったらしい。

自由自在に、バシャバシャと。

a0102153_21414352.jpg
キッズ用エリアには、バケツに水が溜まると、ザッパーン!と水が落ちてくる
こんな大型設備もあって、いつ水が落ちてくるか…なかなか面白かった。

こういうのは、大型ホテルならでは。

a0102153_21441048.jpg
子供用スライダーもあり。

a0102153_21443914.jpg
初日は親子で滑っていたけれど
慣れてきたら、息子一人でもバンバン滑って遊ぶようになって
調子に乗ってうつ伏せで滑ったりもしていた。
(下でキャッチしないといけないから、写真はないけれど)

a0102153_21461935.jpg
そして、この大型スライダー。

a0102153_21474988.jpg

息子はこれに夢中で、何度も何度も…
滞在中、100回は滑ったのではないだろうか?

a0102153_21495711.jpg

「もっかい!もっかい!」のリクエストに応えた私達。

階段を上っていくと、緑・青・紫の3本のスライダーを
「みどり!」などという息子の指示で、滑りつづけた。

青と緑は緩やかなカーブで楽しいのだが
直下降の紫は、すごい勢いで落ちて、すごい水しぶきをあげるので
落ちたあとに、ギャラリーから笑いと拍手が起こるオマケ付き。


水着が擦り切れるんじゃないか…と心配していたけれど
ビキニで滑っていた私は、水着ではなく、お尻が擦り切れた…。

a0102153_21490453.jpg
ここのプールは、ウォーターサーバーが何か所か置いてあって
プラカップが用意されているセルフサービス。
アップルウォーターやレモンウォーターなどが入っていた。

そして、たまにこんなフルーツのサービスが回っていた。

a0102153_21551961.jpg

楽しすぎた、シャングリ・ラ タンジュンアルのプール。

ここ数年、我が家は、プライベートプール付のヴィラに泊まることが多くて
パブリックプールが大きな、大型ホテルに泊まったのは…久しぶり。

でも実は、ここ数年、私はあまりプールを満喫することはなくて
少し入って、あとはプールサイドでビールを飲みながら読書…という過ごし方だった。
最後に思いっきりプールで遊ぶような旅をしたのは…2006年だったと思う。

というのは…

子宮の治療・手術、妊娠を待っている間は
冷えるからプールは良くないと、病院で言われていたからだ。

今から思い返すと、かなり神経質になっていた数年間。

でもその時期があったからこそ、今こうして息子に会うことができたのだから
その時期の自分を後悔してはいないけど。

今回は、数年分を取り戻すかのように、思いっきりプールに入った。

楽しかった!

a0102153_22102991.jpg

プールで遊んだあとは、息子も気持ちよさそうに昼寝…の毎日だった。

a0102153_22120442.jpg






[PR]
<< レストランの朝食と、クラブラウ... ホテルの庭を散策@Shangr... >>