Shangri-La's Tanjung Aru Resort&Spa KOTA KINABARUに到着
コタキナバル空港からタクシーで10分ほどで
シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパに到着した。

a0102153_13324840.jpg

エントランスの車寄せにタクシーが停まると、女性スタッフが出迎えてくれて
「MASAさんでしょうか?」と確認された。

施設が充実した大型ホテルで、部屋数も多いのに
宿泊客の出入りをきちんと管理できていることに驚いた。


ホテル入口では、アジアらしい音色の楽器が演奏されていて、リゾート気分に。

a0102153_13422652.jpg
ロビーの見事な花は、シャングリ・ラを訪れる楽しみのひとつ。

a0102153_13450023.jpg

1種間ほどで入れ替わるのか、滞在中にまた違うものに変わった。
こっちのほうがより見事に美しかったな。

a0102153_13461927.jpg
ロビーは天井が高く、解放感あり。

a0102153_13483580.jpg
a0102153_13480333.jpg
ロビーを挟んで、タンジュン・ウィングとキナバル・ウィングに分かれており
レストランやショップ、プール、キッズクラブなどに近くて便利なのは、タンジュン・ウィング
賑やかなエリアから少し離れて静かなほうが、キナバル・ウィング。

女性スタッフに案内されて、私たちはキナバル・ウィングに向かった。

a0102153_13541105.jpg
a0102153_13552348.jpg
吹き抜けの壁から見える風景が素敵。

a0102153_13571367.jpg

キナバル・ウィングは、何をするにも遠く…
チビ連れだと、パブリックエリアに行くには時間がかかってしまうので
最初はとても不便に思ったけれど
予約していたクラブルームは、キナバル・ウィングにしかないから、仕方がない。

けれど、滞在しているうちに
少し時間がかかっても、歩いて風景を見るのが贅沢な時間だと思うようになり
人通りがない分、静かだったので、これはこれで良さがあるなと思った。

a0102153_13574397.jpg
8階のクラブラウンジで、チェックイン。

a0102153_14464398.jpg
a0102153_14532741.jpg
ジュースをもらって、息子も一丁前に寛いでいた。

a0102153_14475838.jpg
ラウンジの女性スタッフたちが、子供にとても優しかったので
いつ行ってもジュースとクッキーをくれる優しいお姉さんたちに
8日間の滞在で、すっかり、なついてしまった息子。

a0102153_14522995.jpg
ここのラウンジからの景色が素晴らしかった。

a0102153_14563840.jpg
屋内の席はファミリーでもOK、屋外バルコニー席は大人のみ利用可。

a0102153_14592679.jpg
バルコニーの柵が広くて危険なので、子供は出ないように…とのこと。
一応、後付のような感じでガラスが貼られていたけれど
簡単によじ上れてしまう高さなので、子供を連れて出る気はしないでしょう。

a0102153_15010121.jpg
夫婦二人だったら、ここでゆっくり朝食をとっただろうな。

a0102153_15041696.jpg


子連れの我が家は、いつも屋内の席を利用したけれど
屋内席からでも充分景色が堪能できた。

a0102153_14594018.jpg

ファミリーフレンドリーな、シャングリ・ラのリゾート。

夜のカクテルタイムが、ファミリーと、大人のみの時間に分かれていたり
子供用のハイチェアがたくさん用意されていたり。

子供が楽しめる施設が充実したホテルなので、家族連れの宿泊客がほとんど。
クラブフロアに滞在していた人たちも、ほとんどが子連れだったので
気軽にラウンジを利用させてもらった。


このホテルは、本当に子連れだらけだったので、子連れ、または子供が大好きな人でないと
うるさい、落ち着かない…と思うのではないだろうか。
私たちも、子供を授かる前だったら、泊まらなかったタイプのホテルだろう。

子連れになった今は、こういった場所があることが、とてもありがたい。
1週間、ほとんど籠りきりで、満喫した。




[PR]
<< キナバルクラブ マウンテンビュ... Airasia Zestで飛ぶ... >>