マニラ後泊は、TRADERS HOTELS Manila で。
ボルネオ島コタキナバルからの帰りも、マニラで一泊。

コタキナバルからマニラまでは、エアアジア・ゼスト航空を利用したので
ニノイ・アキノ空港のターミナル4に到着。
(ターミナル4は、本来は国内線ターミナルとなっているが、国際線はエアアジア・ゼストのみ、ここを利用)

とても小さなターミナルなので、イミグレーションカウンターは2つのみ。
バゲッジクレームも2~3レーンのみ。
荷物を受け取って、まっすぐ進むと、すぐに小さな出口があった。

最後の一泊は、トレーダースホテルを予約していた。

ホテルカーでの往復送迎を予約していたのに
そういえば、待ち合わせ場所などを確認していなかった…と思ったけれど
そんな心配は要らなかった。

とてもシンプルな造りのターミナル4。
出口は手動のガラス扉一枚しかないので
その扉の向こうに、MASAさんの名前を書いた紙を持ったドライバーさんが待っていた。


快晴続きだったコタキナバルから一転、マニラは雨だった。


空港からトレーダースホテルまでは、車で15分ほどと聞いていたけれど
交通渋滞の激しいマニラ…30分くらいかかった。


ホテルは、建物自体はもう古く、入口は小さいのだけれど
それでも、荷物検査とボディチェック、そしてシェパード犬が検査にやってくる。

最初の一泊で利用した、華やかなマリオットホテルに比べると
トレーダースホテルは、いかにもビジネスホテル。
ホテルの周りも混沌とした雰囲気で、治安の悪さを感じた。

雨で、午後3時でも薄暗かったせいもあるけれど
2歳の子を連れて外出しようとは、全く思えない雰囲気だった。
もともと、ホテルから出るつもりはなかったから、いいけれど。

今回の旅では、最初と最後の2回、マニラに滞在したけれど
中心地のマカティや、新興地フォートボニファシオには行っていない。
そのあたりの、比較的治安が良いというショッピングセンター街に泊まったら
またマニラの印象は違ったのだろうな。


トレーダースホテルでは、クラブフロアに泊まったので
19階のラウンジでチェックイン。

クラブラウンジといってもカジュアルな雰囲気で
ラウンジスタッフの服装も、赤いポロシャツにパンツと、とてもカジュアル。

部屋は18階のキングベッドルーム。
こちらも、チビと3人で寝られる広々ベッドだった。

a0102153_22431928.jpg

ビジネスホテルにしては、奥にソファもあり、部屋は広いほうだと思う。
スーツケースを広げる台も使いやすかった。

このホテルは、建物自体は古いけれど、リノベーションされていて
とてもきれいで使いやすかった。

a0102153_22464067.jpg
ここのウェルカムフルーツのマンゴーも、甘くてトロトロに熟していて美味しかった!

a0102153_22503990.jpg
部屋の広さに比べて、バスルームはかなり狭い。
ドアの開閉がしにくいくらい狭い。

a0102153_22510607.jpg
お風呂はバスタブ付ではあるけれど
シャワーカーテンなしでガラスが半分だけ付いているタイプで
床が塗れるし、かなり湿気がこもった。

a0102153_22530766.jpg
最初に見たときは、シャワーがない?!…と思ったのだけど

よくよく見たら、天井にレインシャワーが付いていた。
シャワーはこれのみ。

ビジネス利用の男性だったら、充分かもしれないけれど
子供をお風呂に入れるには、少々不便。
最後の一泊だけだし、とても清潔だったので、まぁ良いか。

a0102153_22585359.jpg
部屋の窓からの風景。

ホテルの隣が、空き地・廃墟だったり…
すぐ近くにクラブか何かがあったようで、夜は賑やかな音楽が聞こえてきた。
夜中に目が覚めた時や、朝はとても静かだったので、眠るのには問題なし。

a0102153_22591782.jpg
本当は、観覧車の向こうに、マニラ湾が見えるはずだけど
この日は雨で霞んでいて、まったく見えなかった。
翌朝、少し晴れたときに、少しだけ見えた。

a0102153_23025185.jpg
クラブラウンジでのカクテルタイム。

こちらのラウンジも、本来は、マニラ湾の夕日が見事に見えるそうで
それを楽しみにしていたのだけど、残念ながら霞んでほとんど風景は見えず…。

a0102153_23043088.jpg
サンミゲルで乾杯。

a0102153_23050875.jpg
軽食は、あまり種類はなかったけれど
それでもけっこうお腹いっぱいになって、夕食代わりになった。

子連れなので、早い時間に、ささっと利用しようと思っていたけれど
ラウンジ自体がとてもカジュアルな雰囲気だったし、子供用のハイチェアも借りられ
そしてスタッフがとても子供に優しくて、助かりました。

マニラのホテルでは、子供にとても優しくしてもらった印象がある。

出会うスタッフがみな、子供に話しかけてくれたり、遊んでくれて
積極的に子供に触れ合ってくれて、親としては嬉しかった。

ボルネオの人々が、やわらかい物腰だったせいか
マニラの人々は、ぐいぐい来る!…という思い出が残った。

a0102153_23060206.jpg
MASAさんと息子が先に部屋に戻り、私は一人で少しの間、ラウンジでゆっくりさせてもらった。

すっかり日が暮れて、ふと窓の外を見ると、マニラの夜景が見えた。
渋滞の車のランプが、長く長く続いていた。

a0102153_23152795.jpg
ラウンジの食事を並べるスペースが小さかったので
朝食は、ラウンジではなく、1階のレストランに行った。

写真は、なんだか茶色いものばっかりしか撮ってなかったけど
野菜や果物もけっこうあった。カットマンゴーも、どっさり。

a0102153_23225924.jpg
そんなに広くないレストランだったけど、エッグステーションもあり
私の定番オムレツ(トマト、チーズ、マッシュルーム入り)が、しっかりした味で美味しかった。

このレストランは、朝6時から開いているので
出発便が早いときの利用でも便利そう。

a0102153_23231866.jpg
今回の旅、本当は、最初の一泊でトレーダースホテルを利用したかったのだけど
ホテル直予約でも、全カテゴリー満室で泊まれず。

最初の一泊をマリオットホテルにして
最後の一泊をトレーダースホテルにした。


実際泊まってみて…


トレーダースホテルは、空港からもアクセスしやすく
ホテルカー送迎を付けてクラブルームに泊まっても料金が手ごろで
部屋も快適、セキュリティもしっかり。


けれども、やっぱりビジネスホテル。


旅の順番としては、最初の一泊をトレーダース
そして最後の一泊をマリオットにできたら、もっと良かったように思う。





[PR]
<< MRワクチン(麻疹・風疹予防接種) マニラ前泊は、Manila M... >>