Anniversary dinner @ The Cliff
シンガポール旅行で、実質最後にゆっくり過ごせた夜は…
滞在していたホテル ザ・セントーサ・リゾート&スパのダイニングレストラン The Cliffへ。
a0102153_1042697.jpg
プールサイドにあるThe Cliffは、夜のみOPENしているシックなダイニング。水が流れるインテリアとガラスの彫刻がお洒落なこちらの建物は、日本人デザイナー・小市泰弘氏の設計。バリ島にあるアヤナ・リゾート&スパのRock Barなどもデザインされている方ですね。
a0102153_10453721.jpg
私のヘボい写真では素敵さが伝わらず申し訳ないのですが
ライトアップされた夜の写真のほうが、雰囲気が伝わりますでしょうか...。
a0102153_10562223.jpg
夕暮れ時の風景を見ながらアペリティフを楽しもうと、まだ日が沈む前からお邪魔しました。
a0102153_10591085.jpg
The Cliffの名のとおり、断崖に建つレストランなので、海が見える席を予約していきました。
a0102153_1133243.jpg
セントーサ島から見える海なので、シービューというよりは、タンカービューですが...
a0102153_112484.jpg
お洒落な雰囲気と大自然がどちらも味わえる、素敵な空間です。
a0102153_1143542.jpg
リゾート旅行に出かける友達から、よく
「リゾートホテルのディナーって、どんな格好すればいいの??」と聞かれることがあります。

リゾートホテルのダイニングって、「スマートカジュアル」なドレスコードが多い。
女性はワンピでいいけど(場所により、リゾートワンピ、もうちょっとかしこまったドレス)
男性は、土地の気候やお店の雰囲気で異なるので、確かに悩むのかも。

うちは、暑い国では、よほど高級店じゃなければジャケットは着ていかなくて
バリ島の場合は、ほぼ半袖の襟付きシャツ(ポロ)&長パンツでいいかなと思ってるけど
シンガポールはビジネスマンも多いので、長袖のドレスシャツ&長パンツ。
他のお客さんも、申し合わせたように皆同じようなスタイルでした。
今回私は、いつものワンピでは既に、胸と腹が窮屈になってしまって
マタニティぽいラクなコットンマキシで失礼しましたが、、、
a0102153_11224249.jpg
MASAやんはウォッカトニック、私はパッションフルーツのモクテルで乾杯。
お酒が飲めない今回は、めずらしく、私のほうが可愛らしい色のドリンクだわ~。
a0102153_11281749.jpg
最初に、欧米人のマネージャー女史がいらっしゃって。予約の際、私の妊娠については伝えていなかったのだけど、ホテルのゲストプロフィールをチェックしていたようで、私の分の料理は全てきちんと火を通すので、安心してお召し上がりください、食材の変更もOKだから、遠慮なく・・・と言ってくださって。

こちらのレストランはシーフードがメイン。ガラス張りのキッチンに、産地別の牡蠣がディスプレイされているくらい、特に生牡蠣が有名なお店なのですが、妊娠中は生牡蠣はよくないと、おススメされず。プロだな~…!という感じでした。
a0102153_11364263.jpg
4コースのディナーをいただきました。
前菜は、クラブケーキとスープ。
野菜が練りこまれたパンに、マレーのお粉を付けるのが美味しかった。
a0102153_11385341.jpg
1皿目は、ツナのタルトと、スイカの紫蘇巻き。
a0102153_1140108.jpg
2皿目は、私はオニオンのスープを。
ここに添えられたmanchego cheeseが濃厚でとっても美味しくて!
久しぶりに、震えるほど、ワインが飲みたくなった~(^^;)ガマン ガマン
MASAやんは、フォアグラを。
a0102153_1140184.jpg
メインは、私はロブスターを。色鮮やかな野菜の盛り付けが美しい。
MASAやんは、ラム。彼は今回のシンガポール旅、羊づくしでしたね~。
a0102153_1140393.jpg
デザートは、詳しくは失念しましたが...。私は、7種類の桃を使った一品に。
テーブル担当のイケメン男性スタッフ君が、まるで早口言葉のように、7種類の桃を教えてくれました。

全ての料理の食材と調理法を、とても丁寧に説明してくれたのですが
私は途中から、食材の産地や聞きなれない固有名詞の英単語が聞き取れず、付いていけず、、、
実は聞いているフリで、理解するのを放棄してました~; 情けなや。
いいのよ、美味しく食べられれば、、。
a0102153_1140583.jpg
食後は、コーヒーと、チョコレートやマカロンなどの小菓子をつまみながら、ゆっくり。
かなりお腹いっぱいでしたが、このお菓子も見目美しく、美味しかった。
a0102153_11401413.jpg
ひとまず最後の夫婦二人旅の、ゆっくり過ごせる最後の夜
遠い夜景を眺めながら、これまでの旅を思い返し、感慨に浸ったり・・・
a0102153_11401867.jpg
この夜は、少し早い、入籍記念日のディナーでもあり。
二人で迎える、ひとまず最後の記念日。平和な丸7年間を、ありがとう。
8年目は、大きな変化の年になりそうだけど、これからもよろしく。
a0102153_11401981.jpg
子連れは似合わないお店なので、しばらくは・・・ですが
いつかまた二人で再訪したい、素敵なレストランでした。




☆拍手、コメントありがとうございます。以下、拍手コメへのお返事です。



.



拍手コメントありがとうございます*


☆2011/09/13 19:14 NAKOさん

ありがとうございます♪
ここ数年、ディナーでお祝いすることに、照れるようになってしまって...(苦笑)
旅行中ならいいかなぁ~と、久しぶりにイベントっぽいことをしてもらいました。
7種類の桃、せっかく丁寧に説明してくれたのに、もうしわけなかったわ~(^^;)

女性は、海外ディナーでお洒落するのも旅の楽しみですよね。
ディナー用の、大きなピアスやネックレスを、ジャラジャラ持って行っちゃいます!
南国では、ジャケット着用の男性はあまり見たことがないのですが
一度だけバリ島のガラディナーで、オレンジ色の麻のスーツを着こなしている
欧米人のオジサマを見て、さっすがー!とヒレ伏したい気持ちになったことがあります^^
自分の旦那さんに着てもらうのは、難しいですけどね~。


☆2011/09/13 22:36 もものきさん

ありがとうございます♪
こんな落ち着いた、静かなお祝いも、ひとまず今年までかと...
久しぶりに祝プレートを用意してもらって、新鮮な気持ちになりました。
来年からは、きっと賑やかになって、また別の幸せが待っているといいな^^

8ヶ月に入っても、しつこくツワリが続いているのですが
かなりお腹が大きくなってきて、ゴツゴツと力強い胎動も感じるようになって
私も、しっかりしなきゃね!と思う毎日です。
今のうちにしかできないことリストを作って、残りの二人時間を満喫したいと思います...♪


☆2011/09/19 10:16 harukaさん

ありがとうございます♪
今後は慌しい日々になりそうですが…(^^;)
シアワセを感じる日々を送れるように、心に余裕を持っていきたいと思います!
[PR]
<< 最後の朝&vivo cityで... スパ・ボタニカへGo~! >>